• Youtube
  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • アクセス
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 受験生サイト
  • ENGLISH
  • 検索検索

人間生活学部
食品栄養学科 研究分野

研究分野

栄養生化学研究室

栄養生化学研究室では、栄養素の生体内代謝における未知なるメカニズムの解明に挑み、そのメカニズムと様々な疾患(生活習慣病など)との関連性を明らかにしようとしています。特に、アミノ酸代謝異常と腎臓との関連性に着目した基礎的研究を行っています。これらの生化学的・基礎栄養学的知見を基盤に、新たな機能性食品の創出も目指しています。また、幼児期の栄養においては、食事に関する困りごとの多い時期の食事内容や摂り方の工夫についての検討を行っています。

主なテーマ

  • トリプトファン代謝異常による慢性腎臓病の新たな発症メカニズムの解明
  • GPIアンカー型タンパク質GP-2/THPファミリーの細胞生物学的意義に関する研究
  • 発達に特性をもつ幼児の食事及び食習慣の検討
  • 小児1型糖尿病サマーキャンプにおけるカーボカウント

主な卒業論文題目

  • 1型糖尿病サマーキャンプにおける適切な血糖コントロールを目指したカーボ早分かりブックの作成
  • 継続可能な運動と食事療法により、除脂肪量は維持し体脂肪を減らして健康的に減量する試み
  • 神経発達症の幼児における体格と食習慣からの適切なアプローチについての検討
  • QPRTノックアウトマウスの安定的供給体制の確立
  • コーヒー酸の腎線維化抑制効果に関する検討
  • トリプトファン代謝産物であるキノリン酸と肝線維化との関連性についての検討
  • ノックアウトマウスを用いたトリプトファン代謝産物キノリン酸が腎機能に及ぼす影響の解析
  • ブドウポリフェノールの腎線維化抑制効果に関する研究

担当教員

小林謙一、山下美保

食品学研究室

食品学研究室では、食品の有する健康増進作用や科学的特性を明らかにし、機能性食品の創出や食品の高付加価値化を目指しています。また、食品衛生の観点から、生活環境中の微生物を対象とした分子生物学的解析を行っています。種々の機器分析を行い、分子論的解析を加え、ミクロ・マクロの両面から、食品および衛生に関わる様々な不思議な現象の科学的解明を進めています。

主なテーマ

  • 菌類が関わる食リスクに関する研究
  • 環境中の菌類と微胞子虫の多様性についての研究
  • 食品の機能性に関する研究
  • 農水産物の高付加価値化や有効活用に関する研究

主な卒業論文題目

  • パン製造に適したNDSU酵母のスクリーニング
  • ユズ葉の機能性の探索
  • ライスシロップの新規製法の開発
  • 高梁紅茶の食品科学特性の解明~高梁紅茶と協働した清心ブランド商品の開発~
  • 岡山には何種類のトリュフがいるか?~環境DNAからトリュフの多様性を探る~
  • 果菜類における内生菌の検出と分離培養
  • 飼育動物における腸内真菌叢の解析
  • 唇用化粧品の使用による口腔内微生物の変遷について
  • 深海泥中の微胞子虫の探索
  • 身近な食材を用いたさまざまな自家製酵母種中の微生物叢の多様性と共通性
  • 瀬戸内産魚介類を用いた魚醤「イカナゴ醤油」の微生物叢の調査
  • 二枚貝における真菌性食品リスクの検討

担当教員

長濱統彦、吉金優

栄養管理研究室

栄養管理研究室では、近年注目されているストレスを中心に、幅広いアプローチをしています。唾液を用いたストレスマーカーの測定やライフスタイルに関する研究のほか、食品の揮発性成分(香り)によるストレス制御、およびストレスとアレルギー疾患の関連性に関して、行動薬理学的および生理学的手法を用いて研究しています。

主なテーマ

  • 食ライフスタイルに影響を及ぼす要因の研究
  • コーヒー香気のストレス制御作用に関する研究
  • 食品成分の抗アレルギー作用に関する研究

主な卒業論文題目

  • 女子大学生におけるスマートフォン使用時間と承認欲求、友人満足度、シニシズムとの関係について
  • オルニチンおよびコラーゲントリペプチドの長期投与による抗鼻炎作用
    ―ヒスタミン点鼻による急性鼻炎モデルマウスによる検討―
  • コーヒー揮発性成分による抗鼻炎作用と血漿カテコールアミンの関連について
  • コーヒー香気の慢性曝露による機能性および嗜好性についての研究
  • コーヒー香気慢性曝露マウスの機能性と嗜好性について
  • 卵白アルブミン誘導による鼻炎モデルマウスに対するコラーゲントリペプチドの治療効果の検討

担当教員

戸田雅裕、林泰資

食生態学研究室

食生態学研究室では、食生活と人間栄養について様々な視点から探求しています。研究内容は、食事構成力の形成に関する食生態学的研究、希少糖の食品への利用に関する研究、生活習慣病予防のための食事と栄養教育に関する研究、対象特性に応じた食教育のあり方と評価に関する研究、ライフステージ別栄養教育における社会・環境的アプローチ、などがあります。

主なテーマ

  • 生活習慣病予防のための食事と栄養教育に関する研究
  • 日本人の高齢者に対するカルシウム食品の腸管吸収に関する研究
  • 心身の健康管理に関する研究
  • 健康づくりのための栄養・食生活に関する研究
  • ライフステージ別栄養教育における社会・環境的アプローチ
  • 食事構成力の形成に関する食生態学的研究

主な卒業論文題目

  • 家庭における高血圧治療食の書籍の内容分析~減塩の工夫に関する一考察~
  • 減塩料理教室への参加と食事摂取傾向との関連
  • 女性バレエ学習者の利用可能エネルギーが健康状態に及ぼす影響~けがや疲労骨折・不定愁訴の分析~
  • 女性バレエ学習者の利用可能エネルギーが健康状態に及ぼす影響~摂食障害と月経状況~
  • 食品別食後血糖値の変化に関する研究―低糖質製品の血糖上昇抑制効果―
  • 「咀嚼と食後の血糖変動に関する研究」
  • 女子大学生における食後血糖値の研究~血糖上昇を抑制するヨーグルト摂取方法の検討~
  • 拡散される食情報から読み取れる現代のフードファディズム
  • 食を通して地域をつなぐ取り組みに関する研究―「つしまみんな食堂」における実践活動を通して―
  • 味や食感に影響する要因の検討~クッキーにおける構成材料について~
  • 女子大学生における調理頻度と日常の食生活との関連

担当教員

今本美幸、焔硝岩政樹、小川眞紀子、小見山百絵、小山洋子、若本ゆかり