ノートルダム清心女子大学ノートルダム清心女子大学

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

人間生活学部
児童学科 学科の特徴

HOME > 学部・大学院 > 児童学科 > 学科の特徴

児童学科で学べること

“Child Welfare” ─ 子どものしあわせ
児童学が探求するテーマは、“Child Welfare” ─ 子どものしあわせです。そのために、子どもたちを理解し、子どもたちとかかわる姿勢を学んでいきます。
心理・特別支援・教育・文化・音楽・美術 ─ すべては、子どものしあわせのために。
子どもたちの世界を理解する学びを深め、子どもたちを大切にする教員・保育士を育てます。

学科紹介

得られるもの

子どもたちとの生きたかかわりのためには、幅広い学びが求められます。リベラルアーツによる幅広い学びが、“先生”として子どもたちと出会うときにも活かされます。
心理学、特別支援教育・児童福祉学、教育学、文化学、音楽、美術 ─ 6つの研究分野から、子どもたちを理解していきます。
音楽・美術研究室では、実技を通した表現力も学べます。また、心理学研究室では、心理学の基礎を修める「認定心理士」を取得可能です。
小学校・幼稚園・特別支援学校・保育士 ─ 子どもたちの“先生”になるための免許・資格を取得可能。
附属小学校・幼稚園での実習により、子どもたちと出会う実体験を通して学ぶことができます。

免許・資格を取得可能

免許・資格

幼稚園教諭一種、小学校教諭一種、特別支援学校教諭一種、保育士、日本心理学会「認定心理士」、
モンテッソーリ教育免許(本学独自)
その他の資格については、免許・資格をご覧ください。