• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

人間生活学部
人間生活学科 学科の特徴

人間生活学科で学べること

人間を取り巻く環境を理解し、より豊かな生活を考える。

持続可能性の危機が叫ばれる自然環境、グローバル化や情報化が進む社会環境、価値観が多様化する身近な生活環境など、絶え間なく変化し続ける現代社会。その中で今問われるべきなのは、Quality of Life、中でも物質的豊かさにとどまらない、人間性に満ちた生活の実現です。そこで人間生活学科では、人間・福祉・生活・経営・環境をキーワードとして、従来の生活学の視野をいっそう広げ、自由で豊かな人間の生活を探究していきます。

人間生活学科で学べること

得られるもの

バランスのとれた教養を身につけたジェネラリストを養成する。

人間生活学科では少人数での演習など、充実した教育システムのもと、バランスの取れた幅広い教養を身につけることを重視しています。社会に求められる適応力の高いジェネラリストを養成する本学科の教育方針は、ビジネス、公務、教育、福祉など多様な業界での高い就職率となって形に表れています。また、4年間の学びを通して家庭科教員免許状や福祉科教員免許状、さらには社会福祉士試験受験資格、社会福祉主事など多彩な免許・資格も取得できます。

得られるもの

免許・資格

教職課程を履修:中学校教諭一種/家庭・高等学校教諭一種/家庭・福祉
社会福祉士課程を履修:社会福祉士試験受験資格
社会福祉に関する科目を履修:社会福祉主事(任用)
その他の資格については、免許・資格をご覧ください。