• Youtube
  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • アクセス
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 受験生サイト
  • ENGLISH
  • 検索検索

人間生活学研究科
人間生活学専攻

人間生活学専攻〈人間生活学研究科〉

イメージ

人間社会論、生活文化論、生活経営論、生活環境論の4研究分野を設け、人間中心の生活学を統合的な視点から追究。4研究分野の連携のもとに、諸領域にわたる高度でバランスのある知識と良識を備えた研究者、専門職員、教員などを養成します。

修士課程(定員6名)

研究分野

  • 人間社会論
  • 生活文化論
  • 生活経営論
  • 生活環境論

概要と特色/3つのポリシー

概要と特色、および3つのポリシー(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)はこちら。

授業概要

人間学特論Ⅰ
﨑川 修
現代の人間生活の様々な側面に見られるケアの営みについて、その人間論的、社会哲学的基盤を探求する。
人間学特論Ⅱ
﨑川 修
現代の人間社会の様々な側面に見られるケアの営みについて、その人間論的、社会哲学的基盤の上で、ケアが向かう社会的課題としての「喪失と悲嘆」について考察し、それらに向き合うためのケア実践の具体的なあり方を追求する。
女性学特論Ⅰ
髙木 孝子
欧米における女性学の研究成果を踏まえながら、現代社会における女性のキャリア形成や家族の変容等についてライフステージに沿って考察していきたい。
女性学特論Ⅱ
髙木 孝子
欧米における女性学の研究成果を踏まえながら、現代社会における女性のキャリア形成や家族の変容等についてライフステージに沿って考察していきたい。
社会倫理学持論Ⅰ
﨑川 修
「いのち」のケアをめぐる社会倫理学的な問題を、いわゆる「生命倫理」を起点としつつ、その哲学的基盤や思想史的背景をひも解きながら考察する。それらの問題の構造的契機である「生の統治」と、その非人間性に注目しつつ、より統合的な「環境倫理」の視点から「人間的生」の可能性を受け取り直す可能性を、カトリックの社会教説のうちに探っていく。
社会倫理学持論Ⅱ
﨑川 修
「いのち」のケアをめぐる社会倫理学的な問題を、それらの問題の構造的契機である「生の統治」と、その非人間性に注目しつつ、カトリックの社会教説のうちに、より統合的な「環境倫理」の視点から「人間的生」の可能性を受け取り直す可能性を探っていく。
社会福祉学特論Ⅰ
杉山 博昭
本授業では、日本キリスト教社会事業の歴史的展開を見ることで、日本の社会福祉の歴史的特質を把握する。キリシタン時代から、戦前の動向まで、カトリック・プロテスタントの社会事業実践、社会事業思想、教会の果たした役割などを考察していく。
社会福祉学特論Ⅱ
杉山 博昭
本授業では、日本キリスト教社会福祉の第二次大戦後の歴史的展開を見ることで、日本の社会福祉の歴史的特質を把握する。カトリック・プロテスタントの社会福祉実践、社会福祉思想、教会と社会福祉の関係などを考察していく。
地域福祉学特論Ⅰ
川上 富雄
本講義では、現代日本における様々な社会問題の理解、今日的な福祉理念の理解などを踏まえ、社会福祉のあり方や地域福祉の推進方法について考えます。
地域福祉学特論Ⅱ
川上 富雄
本講義では、現代日本における様々な社会問題の理解、今日的な福祉理念の理解などを踏まえ、社会福祉のあり方や地域福祉の推進方法について考えます。
人間社会論演習Ⅰ
杉山 博昭
本授業では、社会福祉関係の文献を順次購読し、社会福祉の思想理論について検討する。格差・貧困、介護労働、ジェンダー、福祉国家、地域福祉など、個々の課題と、社会福祉原論とを結び付けて検討していく。
人間社会論演習Ⅱ
杉山 博昭
本授業では、社会福祉関係の文献を順次講読し、社会福祉の思想理論について検討する。社会福祉実践の専門性、ジェンダー、地域包括ケアなど、個々の課題と、社会福祉原論とを結び付けて検討していく。
日本民俗学特論Ⅰ
小嶋 博巳
日本の民俗宗教の基本構造と歴史について講ずる。まず前提として民俗学の基本的な立脚点、および〈民俗〉概念について考察し、ついで、民俗宗教の各領域の研究成果を検討してゆく。
日本民俗学特論Ⅱ
小嶋 博巳
遍歴という行動様式と遍歴者の存在に注目し、日本の社会におけるその諸相を探る。とくに定住と遍歴の接点にある〈巡礼〉のさまざまなあり様をめぐり、考察する。
比較文化特論Ⅰ
紺谷 亮一
西アジアの人文地理、自然地理、言語を取り上げ、各地域の特徴を概観しながら、今日の西アジア世界の実態にせまる。
比較文化特論Ⅱ
紺谷 亮一
西アジアの近現代史を取り上げ、特に取ることシリアの事例を概観しながら、今日の西アジア世界の実態にせまる。
家族・社会構造特論Ⅰ
山下 美紀
この授業では、家族研究の基礎となる理論、分析視角を学習する。家族社会学の分析視角について解説するとともに、今日的課題について考察する。並行して古典的文献をいくつか取り上げ輪読形式で報告、討論を行い、理解を深める。
家族・社会構造特論Ⅱ
山下 美紀
この授業では、家族社会学の研究成果を解説したうえで、現代の家族についての理解を深める。とくに日本の家族を対象に、家族社会学の幅の広さについて具体的事例を取り上げながら説明する。講義に関連する基本的文献も紹介する。
食生活文化論特論I
清水 純一
本授業では、主として石毛直道によって確立された食文化研究の方法論に依拠し、「食」のモノとしての消費からココロ(=人間)の豊かさを求める消費への移行に伴い成立した「食文化」の多様な側面に焦点を当て、比較食文化論の立場から考察する。
食生活文化論特論Ⅱ
清水 純一
本授業では、主として日本の高度経済成長以後を対象にし、社会・経済構造の変化による食料消費の変化が、食生活に与えた影響を経済学の立場から分析する。
生活文化論演習I
清水 純一
本授業では、人間生活の基盤をなす、生活文化に関する演習を行う。人文科学、社会科学の両面から生活文化を観察し、今後の我々の生活文化を占うために、調査・分析する力を養う。
生活文化論演習Ⅱ
清水 純一
本授業では、人間生活の基盤をなす、生活文化に関する演習を行う。人文科学、社会科学の両面から生活文化を観察し、今後の我々の生活文化を占うために、調査・分析する力を養う。
生活経営学特論I
豊田 尚吾
生活者がウェルビーイング(よい生活)を実現するためのライフマネジメントとはいかなるものかを学ぶ。その際、企業など組織の経営理論、実践を参考にするとともに、生活を設計する前提となる、個人の価値観にも焦点をあてる。それにより、生活経営を人間生活とリンクさせ、深みのある考察、研究を行う視点を養う。
生活経営学特論Ⅱ
豊田 尚吾
生活者がウェルビーイング(よい生活)を実現するためのライフマネジメントとはいかなるものかを学ぶ。その際、企業など組織の経営理論、実践を参考にするとともに、生活を設計する前提となる、個人の価値観にも焦点をあてる。さらに人間生活を経営・経済の観点から見る新しい試みとして消費者行動論、行動経済学を取り上げ、生活経営の広がりも学習する。
家族関係学特論I
加藤 正春
我が国における家族関係学の受容と展開の様相を家族関係学のテキスト(教科書)を通して考察し、家族関係学の特質を講ずる。特論Ⅰでは、家族関係学を概観した後に、第二次大戦後の家族関係学の成立過程を、いくつかのテキストを取り上げて検討する。
家族関係学特論Ⅱ
加藤 正春
我が国における家族関係学の受容と展開の様相を家族関係学のテキスト(教科書)を通して考察し、家族関係学の特質を講ずる。特論Ⅱでは、いくつかのテキストを取り上げ、その記述の多様性と揺れを検討して、家族関係学の特性と動向を明らかにする。
消費経済学特論I
葉口 英子
私たちは、ありとあらゆる財・サービスに囲まれて生活をしている。そうした環境において私たちはいかなる意思決定や行動に基づき、財やサービスを選択しているのか。本授業では、基礎経済学視点から、まず現代の経済社会や市場の成り立ちに対する理解を深める。次に消費者について、経済・経営理論の視点から基礎知識や理論を習得する。
消費経済学特論Ⅱ
葉口 英子
本授業では、行動経済学視点から、消費者の意思決定や消費行動・心理について知識を深める。また ICT 時代を迎えた新しいマーケティングやブランド戦略について、市場や消費者行動を捉え、現代の消費社会に対する洞察をおこなう。
生活情報処理特論I
大東 正虎
情報化の進展に伴い、人々の生活や生活産業も変化してきている。本講義では、情報ネットワークの基礎を理解するために、情報通信ネットワークの役割、情報モラル、情報通信ネットワークの仕組み、情報セキュリティを修得する。また、情報通信ネットワークを使った生活産業と消費者とのコミュニケーション手段が増えていることから、その違いを説明できるようにする。そして、発信者の立場から情報デザイン、著作権の考え方を修得し、またウェブページ作成によって発信に必要な技術を習得する。
生活情報処理特論Ⅱ
大東 正虎
生活産業の特徴を理解するために、モデル化の方法とアルゴリズムを修得する。また、シミュレーションを学習することによって将来の予測を立てることができるようになる。さらにプログラミング技術を身に付けることによって、パターン化された処理を効率化することができるようになる。
生活経営論演習I
豊田 尚吾
人間生活の主要な基盤を構成する生活経営分野に関する演習を行う。経済学、経営学的な視点で社会および人間生活を観察し、社会課題を取りあげたうえで、それを調査、分析、提案(発表を含む)する力を養う。社会科学研究の方法論を身につけることに力点を置く。
生活経営論演習Ⅱ
豊田 尚吾
人間生活の主要な基盤を構成する生活経営分野に関する演習を行う。経済学、経営学的な視点で社会及び人間生活を観察し、社会課題を取り上げたうえで、それを調査、分析提案(発表を含む)する力を養う。特にデータを用いた仮説検証に力を入れる。
生活環境学特論I
小川 賢一
本授業では、身近な地域環境の視点から自然の見方や文化、生活スタイル等を再認識したり、見直したりして、新しいまちづくり、および生活環境づくりを考える。
生活環境学特論Ⅱ
小川 賢一
本授業では、地球環境と地域環境の視点からさまざまな環境問題について現状の把握や分析等を行い、自身の生活スタイル等を再認識したり、見直したりして、将来の持続可能な生活環境づくりを考える。
住環境特論I
成清 仁士
人が生活する上で大切な住環境・都市環境について講術する。歴史を振り返ることを通して、これからの日本に求められる住環境を探求する。
住環境特論Ⅱ
成清 仁士
都市化・高機能化・超高齢化・少子化・景観・まちづくり等のキーワードをもとに、これからの日本に求められる住環境を探求する。
食環境特論I
小林 謙一
食環境の変容とメタボリックシンドロームとの関連性について論ずるとともに、「食」によるメタボリックシンドロームの予防・改善が可能かどうかについて考察する。
食環境特論Ⅱ
小林 謙一
食環境の変容と「こころ」との関連性について論ずるとともに、「食」による「こころ」の病の改善・予防が可能かどうかについて考究する。
生活環境論演習I
成清 仁士
人と住まいの生活環境、そしてその集合体でもある都市環境を研究対象として、快適な住環境を創造するための諸問題を考察する。
生活環境論演習Ⅱ
成清 仁士
人と住まいの生活環境、そしてその集合体でもある都市環境を研究対象として、快適な住環境を創造するための諸問題を考察する。

カリキュラム一覧表

論文題目の例

  • 介護施設における人材確保についての考察 ―離職誘因の分析を中心に―
  • ハンセン病療養所入所者による文芸活動に関する考察 ―長島愛生園機関誌『愛生』の分析を通じて―
  • 消費者の権利と責任に関する家庭科教育の新展開

入学情報