ノートルダム清心女子大学ノートルダム清心女子大学

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

理念と歴史
学長メッセージ

HOME > 大学概要 > 学長メッセージ

「記憶」をもつ大学

学長

学長 原田 豊己 カトリック広島司教区司祭
Rev. Fr. Francis X, TOYOKI HARADA Ph. D. (Bible Theology)

ラテン語Memoriaは日本語で「記憶」と翻訳されますが、この名詞の面白さは動詞形と密接な関係をもって絶えず「思い起こす」と結ばれていることです。
本学の「記憶」は、1751年北フランスで生まれた聖ジュリー・ビリアートに遡ります。当時フランスの状況は、彼女に正規の学校教育を受ける機会を与えませんでしたが、カトリック教会の信仰の中で、豊かな知性と常識を持つ少女に育ってゆきます。
1804年聖ジュリー53歳のとき教育事業を始めることを決意します。「善き神のいかに善きことよ(Ah! qu’il est bon le bon Dieu!)」いつもこの言葉を口ずさんでいた聖ジュリーは、1816年ベルギーのナミュールで亡くなりました。1969年カトリック教会は、人々の見本となる人物として聖人の位を与えます。
時は流れ、1924年(大正13年)志を継いだ6名のシスターが来日し、岡山の地で女子教育を始めます。
戦時下にあってアメリカ人シスターたちが「敵国人」として広島県三次で収容生活を余儀なくされた時代、1944年(昭和19年)に本学の前身となる岡山清心女子専門学校が開設されます。岡山大空襲では、学生14名の尊い命が奪われました。
このような「記憶」から生まれた「善き神によって創造された人間が、真の自由人として真・善・美を追求する」理念のもと本学は、1949年(昭和24年)岡山県で最初の4年制女子大学として再出発しました。
現在は岡山県下唯一の女子大学の特性を生かし、知性・感情・意志、そして「いのちの大切さ」において自立性を保つ「真の自由人」として、社会と平和のために貢献する力を身につける教育を行っています。そのために、リベラル・アーツ教育を実践し、各自の専門分野にとどまらず、多様な分野の修得を目指します。
「記憶」は、記録として過去のものではなく、いつも思い起こされなければなりません。自身を振り返り、絶えず進歩、発展するために。