• アクセス
  • 資料請求
  • お問合せ

入試Q&A

入試に関してお問い合わせを多くいただくご質問と回答を紹介します。

(2022年度向け)[1]入学者選抜に共通すること

Q

[1-01]出願書類を郵送しましたが、受験票ダウンロードの案内メールはいつ届きますか

A

出願登録期間終了後3日程度で、一斉に受験票のダウンロードの案内をメールでお知らせする予定です。出願登録期間の早い段階で出願書類を郵送された方も、それまでしばらくお待ちください。なお、ご提出いただいた出願書類に万一不備などがある場合は、これとは別にメールやお電話でご連絡することがあります。

Q

[1-02]ATMやインターネットバンキングなどで入学検定料の支払いはできますか

A

クレジットカード又はコンビニ支払いのみ可能です。

Q

[1-03]試験場を下見しておきたいのですが、いつ、どんなところを見ることができますか

A

試験日当日の自宅等からの所要時間を確認する意味でも下見されることをおすすめします。なお、いずれの選抜においても下見の際には試験室に入ることはできません。
■総合型選抜の場合
総合型選抜【専願】及び総合型選抜【併願】の試験日前日は、10:00~18:00の時間内に試験室のある建物まで入ることができます。総合型選抜(英語検定型)【専願】の試験日前日は、別の選抜を実施しているため、試験室のある建物内に立ち入ることができません。
■学校推薦型選抜の場合
試験日前日は、10:00~17:00の時間内に試験室のある建物まで入ることができます。
■一般選抜【前期日程】の場合
岡山会場(本学)では、試験日1日目の前日は10:00~17:00の時間内に試験室のある建物まで入ることができますが、試験日1日目は、試験室のある建物内に立ち入ることができません。なお、学外会場の場合は、他のイベントも実施されているため、原則として選抜を実施する建物入口付近までとなります。
■一般選抜【後期日程】の場合
試験日前日は、10:00~17:00の時間内に試験室のある建物まで入ることができます。
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により、上記は変更することがあります。詳細は本学ホームページでお知らせします。

Q

[1-04]試験当日に災害や公共交通機関の遅れ等が発生した場合はどうなりますか

A

原則として試験を実施し、必要な場合には試験時間の繰り下げを行います。警報等が発令された場合も、原則として試験を実施します。最新の情報は本学ホームページをご覧ください。

Q

[1-05]出願後に志望学科等を変更できますか

A

出願後の志望学科と選択受験科目、受験日の変更は原則として認めていません。

Q

[1-06]調査書はそれぞれの選抜ごとに提出が必要ですか

A

調査書は受験される選抜ごとに、出願される時点で最新のものを提出してください。複数の選抜で受験される際はそれぞれの選抜で1通ずつ用意してください。なお、一般選抜【前期日程】で2日間受験をする場合は1通のみ用意してください。

Q

[1-07]調査書はいつまでの成績が入ったものを提出すればよいですか

A

出願書類をご用意いただく時点での最新の状況が記載された調査書を提出してください。

Q

[1-08]出願書類は郵送となっていますが、持参はできますか

A

出願書類は、各選抜とも原則として出願書類提出期限(必着)としていますが、出願書類提出期限日のみ持参を認めます(平日は16:30まで)。ただし、入学検定料の持参は認めていません。

Q

[1-09]入学手続をした後、都合により入学を辞退する場合、入学手続金は返還されますか

A

併願可能な選抜の場合は、所定の期日までに所定の手続をすることによって第2次手続金(授業料の第1期分及び施設・設備費)に相当する金額を返還します。ただし、第1次手続金(入学金)は返還の対象とはなりません。また、総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】、姉妹校・カトリック校推薦選抜【専願】及び特別指定型(探求等活動重視)推薦選抜【専願】は、返還の対象とはなりません。(2022年度入学者選抜要項p.16参照)

Q

[1-10]先におこなわれた選抜で合格した学科に入学手続後、あとの選抜で合格した学科に入学手続をしなおす場合、入学手続金はどうなりますか

A

総合型選抜【併願】、一般選抜【前期日程】、一般選抜【後期日程】、一般選抜【後期日程】(共通テスト併用)、大学入学共通テスト利用選抜の間では、いったん合格して入学手続をしている場合、後の選抜の手続期間内に必要な手続きを行うことによって、既に納入した入学手続金を新たに合格した他の学科の入学手続金に振り替えることができます。

Q

[1-11]合格発表は、どのようにおこなわれますか

A

各選抜の発表は次のとおりです。いずれの選抜でも、判定通知が届くのは合格発表日の翌日か翌々日頃になります。
また、受験者の便宜を考慮した補助的な方法として総合型選抜【専願】、総合型選抜【併願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】、一般選抜、大学入学共通テスト利用選抜については、本学ホームページの「合格発表」のページ上に、合格者の受験番号を掲載します。なお、正式な合格発表は、本人宛に郵送する通知によります。判定結果についての電話でのお問い合せ等には一切応じていません。なお、公開時刻の前後は、本学ホームページへのアクセスが集中してご覧できない状態になる場合があります。このような場合には、アクセスの集中を緩和するために、しばらく時間をおいてからご覧ください。また、各選抜とも本学内での合格発表掲示は行いません。
■総合型選抜【専願】・総合型選抜【併願】・総合型選抜(英語検定型)【専願】・一般選抜・大学入学共通テスト利用選抜の場合
合格発表日の15:00以降に本学ホームページ上の「合格発表」のページに合格者の受験番号を掲載するとともに、受験者全員に判定結果を郵送します。また、各出身校長宛に判定結果を郵送します。
■学校推薦型選抜の場合
判定通知日に、受験者全員に判定結果を郵送します。また、各出身校長宛に判定結果を郵送します。

Q

[1-12]入試の点数の公開はありますか

A

本学では入学者選抜の個人単位の成績開示は行っていませんが、「入試問題集」に選抜毎の一部成績が記載されていますので参考にしてください。

Q

[1-13]試験当日は何時に試験会場へ行けばよいですか

A

試験開始時刻の15分前までに、試験室に入室してください。

Q

[1-14]英語の資格・検定試験や、その他の検定等について選抜で活用されることはありますか

A

総合型選抜【専願】・総合型選抜【併願】において特定の検定及び資格を評価する学科があります。詳しくは「2022年度入学者選抜要項」pp.20-21、p.24をご覧ください。

Q

[1-15]入学後、一人暮らしを考えているのですが、アパート等の紹介はありますか

A

本学の学生専用マンション「ルチアハウス」や、近隣のアパート・下宿等の紹介が可能です。下宿・アパートは学務部学生係で紹介を行っています。詳細は、学務部学生係に問い合わせてください。
学務部学生係 TEL:086-252-5039(直通)

Q

[1-16]入学者選抜における出願書類(任意)となっている、「実用英語技能検定」の証明書類は、合格証明書のコピーでもよいですか

A

実用英語技能検定の証明書類については、入学者選抜要項に記載している「個人成績表」のコピーの代わりに、「合格証明書」をコピーして提出することも可能です。

(2022年度向け)[2]Web出願について

Q

[2-01]氏名や住所の漢字が、登録の際に工ラーになってしまいます

A

氏名や住所などの個人情報を入力する際に、JIS 第1水準・第2水準以外の漢字は登録エラーになる場合があります。 その場合は、代替の文字を入力してください。 〈例〉髙木→高木 山﨑→山崎 (ロ一マ数字)lll→3

Q

[2-02]高等学校卒業程度認定試験(旧 大学入学資格検定)の場合は出願高校情報はどれを選択すればよいですか

A

高等学校・中等教育学校・特別支援学校・高等専門学校以外の方は
高校検索の画面で
都道府県:【その他】を選択してください。
学校種別:【その他】を選択してください。

(2022年度向け)[3]総合型選抜及び学校推薦型選抜について

Q

[3-01]総合型選抜【専願】、総合型選抜【併願】の学科適性検査とはどのようなものですか

A

2022年度入学者選抜要項p.67、p.69、p.71、p.73、p.75、p.77に掲載している各入学者選抜区分で重視するポイントにおける該当部分を参照してください。また、「入試問題集」で前年度の問題も参考になります。

Q

[3-02]面接時に自己PRのために、作品等を持込むことはできますか

A

面接に作品等を持込むことは認めません。
※総合型選抜【専願】の現代社会学科、人間生活学科、食品栄養学科及び総合型選抜(英語検定型)【専願】の食品栄養学科についてはプレゼンテーション用の資料を持参することになっています。様式や部数については、各選抜方法を確認してください。

Q

[3-03]「志望理由書」はどのようなことを書けば良いですか

A

高等学校在学中(中等教育学校の場合は後期課程、過年度卒業者は卒業後の期間も含む)に目標をもって努力した成果やその過程において身に付いたことを、本学入学後にどのように生かそうと思うかを具体的に記入してください。
※スポーツ大会の順位や英語の資格試験の級位などを比較して評価するわけではありません。記載内容は、志望学科のアドミッション・ポリシーや入学後の学修を意識した申請内容にすることが重要となります。

Q

[3-04]総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】は、「専願」でも不合格になることがありますか。また、合格した場合は、他大学に合格しても辞退することはできないのでしょうか

A

「専願」「併願」にかかわらず、それぞれの選抜では、募集人員を設定しています。そのため、出願状況や学力等が本学の求める水準に満たないと判断される場合は、不合格となります。また、総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】は「出願資格」に「選考の結果、合格した場合、必ず本学に入学することを確約できる者。」の文言があります。他大学の可能性もお考えであれば、「専願」ではない選抜がありますので、そちらでの出願を検討してください。

Q

[3-05]総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】で合格した後に、一般選抜【前期日程】で総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】で合格した学科と異なる学科で出願することは可能ですか。また、一般選抜【前期日程】で合格した場合は、振替で変更することは可能ですか

A

総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】の選抜は、「出願資格」に「選考の結果、合格した場合、必ず本学に入学することを確約できる者」の文言があります。そのため、総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】での合格者は、他の選抜で出願することはできません。また、振替制度では、併願可能な選抜間での振替が可能となっています。

Q

[3-06]総合型選抜において、複数の選抜に出願することはできますか

A

総合型選抜においては複数の選抜に出願することはできません。いずれか一つの選抜に出願してください。

Q

[3-07]総合型選抜の試験会場に学外会場はありますか

A

総合型選抜の試験会場は岡山会場(本学)のみです。

Q

[3-08]総合型選抜【専願】【併願】の口頭試問の過去問題は、ホームページや入試問題集にありますか

A

過去問題はありませんが、参考となる情報が「2022年度入学者選抜要項」pp.5-6に掲載されていますので、確認してください。

Q

[3-09]総合型選抜(英語検定型)【専願】で出願資格となっている英語民間試験は、高校卒業後や高校入学以前に受けた試験結果でも出願できますか

A

基準を満たしていれば取得した時期は問いませんので、出願できます(証明書類は必要です)。

Q

[3-10]総合型選抜【専願】の選抜で行われる現代社会学科の「プレゼンテーション」及び、人間生活学科の「口頭発表」で持参する資料・レジュメについて、パソコン作成、又は手書きどちらでもよいですか。
また、資料・レジュメを3部持参となっていますが、この内の1部を見ながらプレゼンテーション・口頭発表を行うことができますか。さらに、自分用の1部については、メモなど書き込み等を行ってもよいですか

A

資料・レジュメは、パソコン作成、手書き、どちらでも構いません。
また、持参した資料・レジュメ3部のうち、2部は面接者用で、1部を自分(受験者)の説明用に使用してください。3部の資料は全て同じものとし、自分用の1部について、書き込み等を行うことはできません。

Q

[3-11]食品栄養学科について、総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】、学校推薦型選抜・特別指定型(探究等活動重視)推薦選抜【専願】の選抜で行われるプレゼンテーションのプレゼン資料について、提出用(A4用紙)2部と説明用(A3用紙)1部は、大きさ以外は同じものですか。また、説明用(A3用紙)の方に、メモなど書き込み等を行ってもよいですか

A

提出用と説明用は大きさ以外、同じ内容のものです。また、説明用については、面接官に向けて提示するものとなり、書き込み等を行うことはできません。

Q

[3-12]児童学科について、総合型選抜【専願】、総合型選抜(英語検定型)【専願】、学校推薦型選抜の姉妹校・カトリック校推薦選抜【専願】及び特別指定型(探究等活動重視)推薦選抜【専願】の選抜で行われるプレゼンテーションで使用するホワイトボード(黒板)の大きさはどのくらいですか。また、児童学科で持ち込み不可となっている資料とは、プレゼンテーションに使う掲示物のことなのか、話す内容のメモのことなのか、どちらも持ち込み不可ですか

A

高校の黒板のサイズよりは、やや小さいとお考えください。また、資料については、いかなるものも持ち込みできません。

(2022年度向け)[4]一般選抜について

Q

[4-01]一般選抜【前期日程】にはどのような特徴がありますか

A

「国語」「外国語」「選択科目」の3教科型の選抜です。
試験日は2日間ありますが、2日間とも、もしくはどちらか1日だけなど、受験する日を選べるのが最大の特徴です。2日間とも出願する場合には、「志望学科」や「選択科目」を2日間とも同じにする、1日目と2日目で「志望学科」や「選択科目」を違うものにする、ということができることも特徴の1つです。
なお、食品栄養学科以外の学科では、6科目から選択する「選択科目」ですが、食品栄養学科については、3科目から選択します。配点は、食品栄養学科が500点満点、その他の学科が400点満点です。
試験会場は、岡山会場(本学)、広島会場、高松会場、松山会場、高知会場、小倉会場の中から、最も受験しやすい会場を選ぶことができます。

Q

[4-02]一般選抜【後期日程】にはどのような特徴がありますか

A

「国語」「外国語」の2教科型の選抜です。
英語英文学科・日本語日本文学科・現代社会学科・人間生活学科・児童学科の5学科の中から、最大2学科までを選んで第1志望、第2志望として出願できることが特徴です。会場は岡山会場(本学)です。
※一般選抜【後期日程】と一般選抜【後期日程】(共通テスト併用)の両方に出願することはできません。

Q

[4-03]一般選抜【後期日程】(共通テスト併用)には、どのような特徴がありますか

A

一般選抜【後期日程】(共通テスト併用)は、食品栄養学科希望者を対象とした2教科型の選抜です。
出願時に選択する「国語」もしくは「外国語」の得点(150点満点)と大学入学共通テストの科目(本学が指定する科目の内で最高点を計上した科目)の得点(200点満点)のあわせて350点満点で選抜を行うことが最大の特徴です。そのため、大学入学共通テストの指定科目を受験していないと選抜対象となりません。この点には特に注意してください。
試験会場は岡山会場(本学)だけとなります。
※一般選抜【後期日程】と一般選抜【後期日程】(共通テスト併用)の両方に出願することはできません。

Q

[4-04]一般選抜の出題範囲について、教えてください

A

「入学者選抜要項」に記載されている科目のすべての範囲が出題範囲です。「国語」では「国語総合」「古典B」の範囲内ですが、「漢文」は含まれません。なお、「英語」ではリスニングテストは行っていません。(2022年度入学者選抜要項p.34、p.35、p.39、p.42参照)
 

Q

[4-05]一般選抜の試験は、どのような解答形式ですか

A

一般選抜の問題は、全ての科目において記述式の解答形式です。マークシート形式ではありません。記述式の解答形式には選択肢から選んで解答する問題や論述により解答する問題があります。昨年度の試験問題は、資料請求の際にお送りする「入試問題集」に掲載してありますので、参考にしてください。

Q

[4-06]「活動実績評価申請書」は提出しなければいけませんか。提出する場合どのようなことを書けばよいですか

A

申請は任意となりますが、未申請者に対して「主体的な活動や実績がない」といった理由で減点することはありません。
記載内容は、志望学科のアドミッション・ポリシーや入学後の学修を意識した申請内容にすることが重要となります。申請する活動実績を通して身に付けた能力・スキルや経験などが、大学入学後の学修や活動に、どのように活かせるかについて具体的に書いてください。
なお、アドミッション・ポリシーや入学後の学修との繋がりが全く見えない申請については加点の対象になりません。

Q

[4-07]「活動実績評価制度の対象は、筆記試験の成績によるボーダーライン付近の受験者」とあるのですが、合格か不合格かぎりぎりの点数のときにのみ、提出した活動実績評価が使用されるということでしょうか

A

筆記試験成績が主な評価基準であり、「活動実績評価制度」の配点は最大で5点です。
そのため、合否判定の際は筆記試験の得点で順位を決め、ボーダーライン付近の受験者(5点の範囲内で合格の可能性)に関してのみ、「活動実績評価」を行います。未申請者に対して減点することはありません。
お問い合わせに関して言えば、そのとおりです。ただし「合格か不合格かぎりぎりの点数」になるかどうかは志願の段階では分からないと思いますので、不安な方は「活動実績評価申請書」の提出をおすすめします。申請書を提出するかしないかは受験者の判断となります。

(2022年度向け)[5]大学入学共通テスト利用選抜について

Q

[5-01]志望学科は、いくつまで出願できますか

A

志望学科は1学科のみとし、複数学科の出願は認めていません。

Q

[5-02]外国語(英語)のリーディングとリスニングの配点比率が「2:1」や「1:1」とは、どのように計算するのですか

A

大学入学共通テストでは、外国語(英語)リーディングとリスニングの配点はそれぞれ100点です。それを本学の割合と配点に換算します。
【2:1の場合】リーディング200点、リスニング100点
【1:1の場合】リーディング100点、リスニング100点