• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

日本語日本文学科

2021.04.14

4/29~6/30 本学卒業生 直木賞受賞作家 特別展示「―追悼 杉本章子―逝く日のためにわれらは生きる」福岡県八女市で開催

Twitter

Facebook

日本語日本文学科

卒業生支援

卒業生の活躍

本学卒業生(文学部国文学科24期(現 日本語日本文学科)1976年3月卒)、直木賞受賞作家 杉本章子さんの特別展示が、福岡県八女市の八女市田崎廣助美術館で開催されます。

杉本章子さんは本学を卒業後、1979年に作家としてデビューしました。1989年には、時代歴史小説『東京新大橋雨中図』で直木賞を受賞しました。
その後も数々の賞を受賞し、小説家として活躍されていましたが、2015年(62歳)、乳がんのため惜しまれつつ逝去しました。

2021年4月29日(木)から6月30日(水)まで行われる展示では、直木賞受賞時の記念品の銀時計や、初公開となる生原稿が展示されます。
病を患いながらも最期まで小説家として全うした、杉本章子さんの追悼特別展示をぜひご覧ください。

期間:2021年4月29日(木)~6月30日(水)9:00~17:00(月曜休館)
※会期中の休館日は、5月6日、10日、17日、24日
※企画展後の展示替えに伴う休館(5月31日~6月11日)
場所:八女市田崎廣助美術館 特設コーナー(福岡県八女市立花町原島108-1)
取材:八女市、八女市教育委員会
 


詳細はこちらをご覧ください。
八女市田崎廣助美術館特別企画展のお知らせ(八女市田崎廣助美術館)

広報室

日本語日本文学科

・「―追悼 杉本章子―逝く日のためにわれらは生きる」ポスター(PDFファイル)

一覧にもどる