• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

食品栄養学科

2019.12.27

第63回岡山県小児保健協会活動助成研究発表会|山下美保准教授|栄養生化学研究室

Twitter

Facebook

食品栄養学科

授業・研究室

 令和元年12月8日日曜日にピュアリティまきびにて行われた岡山県小児保健協会活動助成研究発表会にて、食品栄養学科の山下より助成研究:「発達障がい幼児における食習慣の特徴に合わせた食事アドバイスの提供」についてご紹介させていただきました。
発表会後半のシンポジウムでは「子ども虐待の現状と新たな取り組み」「西日本豪雨災害から学ぶ」の2つをテーマに、第一線で取り組まれている先生方のご講演と参加者とのディスカッションがありました。発表会にご参加いただいた方々の中には、アドバイスブックにご興味を持ってくださった方もおられ、有難く感じました(PDFを添付させていただきますので、ご自由にお読み下さい)。
特性を持つ子も明らかには持たない子も、食事について困りごとがあるのであれば、その一人一人のお力になれればと思いました。今回のアドバイスブックの作成にご協力いただいた方々に、心より感謝申し上げます。~シンプルでも毎日同じごはんでもいい。楽しい食卓になりますように~
(注:「発達障がい」は現在「神経発達症」が正式な日本語訳となっています)

幼児期の健やかな成長を応援する食事アドバイスブック(クリックするとPDFが開きます)

第63回岡山県小児保健協会総会及び研究発表会チラシ

第63回岡山県小児保健協会総会及び研究発表会チラシ

幼児期の健やかな成長を応援する食事アドバイスブック(PDF)

一覧にもどる