• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

人間生活学科

2020.12.09

真備総仮設団地サロン活動|濱﨑絵梨|社会福祉学研究室

Twitter

Facebook

人間生活学科

学科ダイアリー

学生生活

学生の活躍

ボランティア

社会連携・研究

社会連携

人間生活学科社会福祉学研究室 濱﨑ゼミ3年の中村妃那です。
12
月8日(火)14時~16時、倉敷市真備の総仮設団地を訪問してサロンを行いました。マスク着用、検温、アルコール消毒、換気など感染予防対策に努めました。

仮設団地にお住いの方が参加してくださり、ラジオ体操やクリスマスリース作りをしました。クリスマスリースは毛糸の玉をモールに繋げ、リボンやベルなどの飾りで簡単に作ることができます。指先を使う作業なので、集中しながらも和やかな雰囲気で楽しく作ることができました!

それぞれ素敵なリースが出来上がり、「手作り感あって温かみがある」「部屋に飾っておくね」と喜んでくださり嬉しかったです!!

毛糸のクリスマスリース♪

毛糸のクリスマスリース♪

企画の考案から始まり、チラシ作成やポスティングなど、学生が主体となり準備を進めてきましたが、皆さんの笑顔がたくさん見られ、私たちにとっても有意義な時間となりました。今回一緒に作ったクリスマスリースとともに、心に残る思い出となっていたら嬉しいです。

私たちは、7月から定期的に真備総仮設団地を訪問し、皆さんにお会いしています。いつも温かく迎えてくださることが嬉しく、最初の頃より皆さんと距離が縮まったように感じています。

今後も月一回のサロンを開催する予定です。感染予防に留意しながら、さらに良い会が開けるよう、学生同士で案を出し合って活動を続けていきたいと思います!

サロンの様子

サロンの様子

一覧にもどる