• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

社会連携・研究

2020.11.24

『桃太郎伝説』のおもてなしプログラム『バズらせよう#岡山鬼スタグラムin岡山城』を実施しました|経営経済学研究室

Twitter

Facebook

人間生活学科

学生生活

社会連携・研究

人間生活学科経営経済学研究室の学生が参加している『桃太郎伝説』のおもてなしプログラム(日本遺産『桃太郎伝説』の生まれたまち おかやま」推進協議会主催)の1つ『バズらせよう#岡山鬼スタグラムin岡山城』を11月21、22日に実施しました。

このプログラムは、昨年と同じく岡山城に来訪した観光客の方に城内での“映え写真”を撮影してもらい、Instagram(@otomomo___gram)に投稿することで、きびだんごをプレンゼントするという内容です。さらにアカウントフォローでラングドシャもプレゼントしました。今回は時間を短縮し14:00〜18:00までのイベントとして臨みました。
 

1日目は快晴に恵まれ、お城も紅葉も青空に映える絶好の撮影日和となりました。両日15名の学生が鬼のツノをつけておかやまのハッピを身にまとい、新型コロナウィルス感染予防対策を講じながら、城内の映えスポットで来訪された方にお声がけをし、“おもてなし”の気持ちとともにイベントを盛り上げました。2日目は曇り空で最後は小雨となりましたが、前日同様プレゼントも所定の数を早々に終了し、無事にプログラムを終えました。
 

観光客の方にも“おもてなし"の気持ちが伝わったのか、お子様連れのご家族はじめ、多くの方々が楽しんでイベントに参加してくださいました。また岡山城天守閣、稲本館長様より「城内でも来訪者の方がツノを付けていて賑やかで嬉しい」とお言葉をかけていただきました。

参加した学生たちのコメントです。

「2日間、県内外問わず沢山の方々が岡山城へ足を運んでくださりました。コロナ禍ですが、このイベントで、訪れた方々が笑顔になって頂けたことが嬉しかったです。この活動を通して地域の方々と関われたことは、非常によい経験になりました。」

「2日とも予想を大きく上回る参加者の多さに、驚きと感謝でいっぱいです。県外から初めて岡山に来てくださったご家族が「また岡山に来たい」と言ってくださった時、やって良かったなと思いました。」

「コロナ禍での開催に不安に感じていたところも正直ありましたが、学生同士の協力により、2日間を通してたくさんの岡山城来場者の方におもてなしができました。改めて人と交流することの楽しさを体感しました。」

最後になりますが、おかやま観光コンベンション協会様、岡山城事務所様、NPO法人みんなの集落研究所様、岡山市産業観光局観光部プロモーション・MICE推進課様、「白桃とチーズのおかやまラング」をご提供いただいたせとうち寿様、昨年に続ききびだんご配布へのご理解をいただいた廣榮堂武田様はじめ、多くの地域の皆様にイベントへのご協力をいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

なおイベントの活動の様子は2020年11月21日(土)21:54~22:00「テレビせとうち TSCニュース」でも取り上げられました。(詳細はこちら)

人間生活学科
経営経済学研究室(学科紹介)
経営経済学研究室(ブログ)
豊田尚吾教授(教員紹介)
葉口英子准教授(教員紹介)

一覧にもどる