• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

人間生活学科

2020.02.11

『桃太郎伝説』のおもてなしプログラムの報告会に参加しました|葉口英子|経営経済学研究室

Twitter

Facebook

人間生活学科

学生生活

イベント

学生生活

社会連携・研究

社会連携

人間生活学科経営経済学研究室葉口ゼミの学生4名が「日本遺産おもてなしプログラム実践ワークショップ」(日本遺産『桃太郎伝説』の生まれたまち おかやま」推進協議会主催、「NPO法人みんなの集落研究所」運営)に昨年の6月から参加しています。桃太郎にまつわる文化・伝統を語るストーリーが日本遺産に認定されたことを踏まえ、多くの人に岡山の魅力を紹介し、訪ねてもらうことを目的とした『桃太郎伝説』のおもてなしプログラムの企画・立案と実施に取り組みました。

1月26日、「おもてなしプログラム実施後の報告と今後。」に参加し報告をおこないました。メンバー4名は昨年10月13日から12月23日にかけて実施された「桃太郎を楽しむ17のプログラム」のうち以下の3つのプログラムに参加しました。

「大集合!#岡山鬼スタグラム」2019年10月20日 場所:鬼ノ城
鬼ノ城で鬼のツノをつけて集合写真。桃太郎伝説の舞台で日本100名城のひとつでもある「鬼ノ城」を舞台にインスタ映えする写真を撮って盛り上がろう!

「土で遊ぼう!〜桃太郎伝説に思いをよせて〜」」2019年11月2日 場所:雪舟窯
桃太郎伝説や吉備の古墳についておしゃべりしながらお気に入りのグッズを作陶してみよう。緑いっぱいの空間で心地よい午後を過ごしませんか?

 

「温羅(うら)の面と桃を同時に楽しむ欲張りプラン」2019年12月22日 場所:レスパール藤ヶ鳴
桃太郎伝説で有名な悪役、温羅のお面絵付けは型にはまらずお客様の個性を活かして楽しんでいただけます。あなただけの世界に一つ。温羅のお面を作ってみてはいかがでしょうか?
 

報告会では、各プログラムの実施報告、質疑応答・意見交換がおこなわれ、多彩なプログラムの成果が紹介されました。ワークショップに参加した全メンバーで今後の課題や展望を共有し、閉会となりました。

今回のワークショップへの参加を通じて、桃太郎伝説を中心に岡山に関する幅広い知識を得ると同時に、魅力的な観光資源を知る機会となりました。また幅広い年代の方々との交流や協働により、コミュニケーション力を高めたり、地域の方と繋がることができた貴重な経験となりました。


 

一覧にもどる