• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

人間生活学科

2020.02.11

ふるさと納税応援隊が東京新橋アンテナショップでプロモーション活動をおこないました│葉口英子│経営経済学研究室

Twitter

Facebook

人間生活学科

学科ダイアリー

学生生活

イベント

学生生活

社会連携・研究

社会連携

岡山市主催の「2019年度学生イノベーションチャレンジ推進プロジェクト事業」に採択された取り組みとして、「ふるさと納税応援隊」チームの4名が活動しています。活動の目的は以下の4点です。

1 岡山市へのふるさと納税の寄付金の増加
2 ふるさと納税を介した地域活性化
3 ふるさと納税の返礼品を提供している岡山市の地元業者の紹介
4 ふるさと納税を通じた岡山市の魅力のPR
 
まず岡山市のふるさと納税の返礼品を提供しているお店や農園の紹介をはじめ、岡山市の魅力を伝えるための活動として、インスタグラムを中心としたプロモーション活動をおこなっています。

プロモーションのためのコンテンツ作成にあたって、市内のお店や農家を訪ね、お店の紹介とともに生産者の方の商品に込めた思いなどを取材させていただきました。その内容を精査し、情報としてインスタグラムに写真とテキストともに投稿し、紹介しました。

また2019年度分のふるさと納税の期限が迫る昨年12月8日に、東京新橋にあるアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」にてプロモーションキャンペーンをおこないました。事前に岡山市役所様よりキャンペーンのためのハッピやノボリをはじめ、キャラクター「ミコロハコロ」人形をお借りしました。

当日は日曜日でお天気にも恵まれ「とっとり・おかやま新橋館」は多くの人で賑わっていました。岡山市の最新のふるさと納税に関するパンフレットを配布すると同時に、返礼品を提供されている卵娘庵様の『本気かすてーら』の試食を500人分用意しました。さらにインスタグラムの周知をおこなうティッシュを約400個配布しました。4人で頑張って岡山市のふるさと納税についてPRをおこないました。

 

このキャンペーンはメンバーで入念な計画と準備を重ねてきました。配布する際にもお声がけしながら多くの方がパンフレットやティッシュを受け取ってくださいました。試食の際にはお客様からも「美味しいね」とのお言葉もいただきました。東京の方たちに岡山市のふるさと納税や特産物の魅力を伝えるという目的を達成できました。

参加したメンバーの感想です。
「ビジネスマナーや取材交渉の一連の流れを学ぶことができました」
「計画を成功させるための実行力が身につきました」
「チームとしての信頼関係を深めることができました」
「活動を通してさまざまな地域の方々と繋がることができました」

最後に今回のキャンペーンでは協働先である岡山市市役所納税課ご担当者様をはじめ、卵娘庵様、多くの皆様からご協力を賜りましたこと感謝申し上げます。
 



 

一覧にもどる