ノートルダム清心女子大学ノートルダム清心女子大学

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

健康に関するサポート
学生相談室

HOME > 学生生活 > 健康に関するサポート > 学生相談室

こんな時に利用しよう
(こんな仕事をしています)

進路や学業、友人関係、自分の性格などでいろいろ考え込んでしまう時、学生相談室で話してみませんか。心が軽くなることがあります。専門のカウンセラー(臨床心理士)が時間を決めて相談に応じています。個人やグループでも利用できます。

イメージ

相談日

火曜日 9:00~13:00
水曜日 12:00~16:00
木曜日 12:00~16:00
金曜日 10:00~13:00
学生相談室 ご案内

この曜日以外で、緊急時には保健センターでも対応します。相談内容については秘密を厳守します。

学生相談室カウンセラー紹介

カウンセラーからのメッセージ

長友 陽子先生

つい数年前のことのようですが、20年近く前、私も清心の学生でした。
高校までの私は、周囲を気にして自分に自信が持てないところがありましたが、大学では今までの自分から少し解放され、半分の自由と半分の責任の中で、挑戦し悩み、時に打ち砕かれながらも、自分の在り方を模索し、他の人とは違う自分に少しずつ自信を持てるようになったことを思い出します。
半分自立して、半分大人になり、半分の自由と責任が与えられる「半分」の時代は、これまでとは物の見え方が違って来るように思います。社会や家族、友人、恋人との関係性にも変化が訪れ、悩み葛藤することも多いことでしょう。それは、今までの自分の在り方を見つめ整理し、これからの自分の在り方を模索していく上で、とても意味のあることだと思います。
そのような大切な時期に、共に悩み共に考えていく添人として、少しでもお力になれればと思っております。

竹原 優恵先生

学生相談室を担当させていただいている竹原優恵です。 大学生だった私は、自立や大人という言葉に強くあこがれるとともに、いろんなことがちゃんとできるようにならないといけないという不安や焦りも抱えていました。大学生活の中で、失敗も多く、ちゃんとできてない自分のことを嫌になったこともありました。そんな自分を振り返ると、失敗の恥ずかしさも苦い思いも消えたわけではありませんが、悩みながらも歩んできた自分に対して誇らしい気持ちも抱けるようになりました。 一人で悩むことは時にしんどく、苦しさや自己嫌悪のなかで悪循環からなかなかぬけだせないこともあると思います。人に相談することも頼ることも難しいように感じられることもあるかもしれません。 私たち、臨床心理士が学生相談室でお待ちしています。ここ清心での歩みがこれからのあなたのお力になるようお手伝いしたいと思っています。