• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

健康に関するサポート
ハラスメント相談

本学では、教職員と学生、学生同士などでのすべての関係において、ハラスメントがない環境のもとで、学業の継続・研究・就労の維持を保証します。

キャンパスハラスメントを
受けたと感じたら

黙っていても解決はしません。不快に感じたら、はっきり「ノー」と意思表示することが大事です。意思表示しても効果がないとか、意思表示したくてもできない場合でも、一人で悩まないですぐに相談してください。あなた自身、困っている友達のことを相談したことにより、あなたが不利益を受けることは決してありません。
キャンパス・ハラスメント相談と対応の手引きを4月のオリエンテーションにて全学生に配布しています。

キャンパスハラスメントとは

教員や職員、学生が、他の教員や職員、学生を不快にさせる発言や行為を行うことによって、その人の人権を侵害し、学業の継続や研究・就労環境を悪化させることです。
アカデミック・ハラスメント、セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、ジェンダー・ハラスメントなどと呼ばれているものがこれに当たります。