• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

奨学金制度

意欲的に学業に専念できる
学修環境をサポート

本学では、聖ジュリー・ビリアートにちなんだ本学独自のクビリー奨学金などさまざまな奨学金制度があります。一般的に奨学金は返還が必要な「貸与型奨学金」と返還義務のない「授業料免除型奨学金」「給付型奨学金」があります。本学の奨学金は、すべて返還義務はありません。学生のみなさんが安心して大学生活を送れるよう支援します。

国の修学支援新制度

2020年度から国の高等教育の修学支援新制度が始まります。
経済的理由で大学・専門学校への進学をあきらめないよう、2020年4月に進学・進級する学生から、授業料・入学金が免除又は減免され、日本学生支援機構(JASSO)の給付奨学金の対象者も広がりました。世帯収入の基準を満たしていれば、成績だけで判断せず、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。詳細は、こちらで確認してください。

各奨学金名をクリックすると、詳細ページに移動します。 ★は、受験生向け奨学金になります。

本学の奨学金以外にも地方公共団体や各種団体が独自の奨学金制度を設けています。
日本学生支援機構(JASSO)のホームページで検索ができますので、ご確認ください。

新入生支援奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 授業料年額の4分の1(約17万円)
募集人員 制限なし
募集時期 6月
対象学年 学部1年生(2020年度入学者)
給付時期 9月
応募資格
1.学修意欲が高く、経済的理由により就学が困難な者
2.本学が設定する家計基準を満たす者
3.高等教育の修学支援新制度の採択者は除く

クビリー奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 授業料年額の2分の1(28万円)
ただし、高等教育の修学支援新制度の採択者は授業料年額の4分の1(14万円)
募集人員 60名
募集時期 6月
対象学年 学部2~4年生(2017年度~2019年度入学者)
給付時期 7月及び9月
応募資格

次のいずれかに該当すること

1.本学が設定する家計基準を満たす者
2.高等教育の修学支援新制度採択者
3.学力基準:次の要件をいずれも満たしていること

①前年度のGPAが所属学科の上位3分の1以上の者
(ただし、2020年度は上位2分の1以上の者)

②前年度の修得単位が標準単位数を満たしている者

優秀奨励奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 10万円
採用人員
1.成績優秀者(各学年・各学科1名ずつ計18名程度)
2.課外活動及び社会・地域活動優秀者(個人・団体合わせて10名程度)
3.優れた研究成果を収めた者(個人・団体合わせて若干名)※大学院生対象
推薦時期 6月
対象学年 学部2~4年生及び大学院生
給付時期 7月
推薦基準
1.成績優秀者(個人)
2.課外活動及び社会・地域活動優秀者(個人・団体)
3.優れた研究成果を収めた大学院生(個人・団体)※大学院生対象

清心ブルー&ゴールド奨学金(減免)

2019年11月現在

金額等 授業料4年間全額(71万円×4年間=284万円)
募集人員 各学科入学定員の5%程度
(一般入学試験【前期日程】の第1日目及び第2日目の採用人数の合計)
募集時期 一般入学試験【前期日程】の出願登録期間
(出願時点で自動エントリー)
対象者 入学試験成績優秀者
減免期間 4年間 ※学部2年生以降に毎年度継続審査があります
応募資格 一般入学試験【前期日程】の第1日目または第2日目を受験すること

大学院クビリー奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 授業料年額の2分の1(28万円)
募集人員 1学年15名程度
募集時期 6月
対象学年 大学院生
給付時期 9月
応募資格 本学が設定する家計基準を満たす者

ノートルダム奨学賞(減免)

2019年11月現在

金額等 授業料年額の4分の1(約17万円)を4年間にわたって減免
募集人員 3名以内
募集時期 入学前の10月(各カトリック系高等学校(姉妹校を含む)に募集します)
対象学年 カトリック系高等学校(姉妹校を含む)からの推薦入学者
減免期間 4年間
応募資格
1.カトリック校・姉妹校推薦入試合格者(2020年度入学生のみ)
2.学力基準:

①一般入学試験【前期日程】(第2日目)を受験する必要があります。

②原則として、成績上位3名を候補者とします。

災害支援奨学金(減免)

2019年11月現在

金額等 授業料及び諸納付金の全額または2分の1
募集人員 該当者
募集時期 随時
対象学年 学部生及び大学院生
減免期間 当該期間(災害を受けた状況により異なります)
応募資格 本学が設定する家計基準を満たす者

緊急・応急奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 授業料及び諸納付金の全額または2分の1
募集人員 該当者
募集時期 随時
対象学年 学部生及び大学院生
給付時期 随時(在学中1回限り)
応募資格 本学が設定する家計基準を満たす者

自宅通学応援奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 2万円(年額)
募集人員 制限なし
募集時期 6月
対象学年 2020年度入学生より適用
給付時期 10月
応募資格
1.6月1日時点で公共交通機関の定期券代が1か月1万5千円以上の者
2.本学が設定する家計基準を満たす者

アドバイザー推薦自宅通学応援奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 2万円(年額)
募集人員 制限なし
募集時期 6月
対象学年 2020年度入学生より適用
給付時期 10月
応募資格
1.6月1日時点で公共交通機関の定期券代が1か月1万5千円未満であるが、アドバイザーの推薦を受けた者
2.本学が設定する家計基準を満たす者

一人暮らし応援奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 10万円(年額・入学年度のみ)
募集人員 制限なし
募集時期 6月
対象学年 2020年度入学生より適用
給付時期 10月
応募資格
1.自宅から通学距離が50キロメートル以上若しくは自宅の近くに公共交通機関がない等の理由で、6月1日時点で賃貸物件を借り、自宅外から通学している者
2.本学が設定する家計基準を満たす者

大学院学生に対する学会等発表奨励金(給付)

2019年11月現在

金額等
学会等の参加費及び旅費(宿泊料を含む。)の一部を奨学金として支給

国内:1人1回につき5万円(上限)

海外:1人1回につき20万円(上限)

募集人員 制限なし
募集時期 随時(学会等の参加が決定した段階で申請の手続きが必要)
対象学年 大学院生
給付時期 随時
応募資格 国内外で開催される学会等で発表する者

海外留学生奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等
1.学部留学:100万円(上限)派遣先大学と本学授業料の差額
2.語学留学(指定する学校):25万円(上限)語学学校と本学授業料の差額
募集人員 若干名
募集時期 年1回(掲示板等でお知らせします)
対象学年 学部2年生以上
給付時期 留学前に支給
応募資格
1.学部留学又は語学留学を認められた者
2.原則としてTOEFL500点以上(TOEFL-CBT173点以上、TOEFL-iBT61点以上)の者

海外活動支援奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 1人1回につき5万円(上限)
募集人員 制限なし
募集時期 随時(ボランティア活動等の参加が決定した段階で申請の手続きが必要)
対象学年 学部2年生以上、大学院生
給付時期 随時
応募資格
1.海外において次の各号に掲げる活動に参加する学生

(1)カトリック系大学間学生交流事業への参加

(2)ナミュール・ノートルダム修道女会が主催する事業への参加

(3)東南・東アジアカトリック大学連盟(ASEACCU)が主催する事業への参加

(4)模擬国連等、教育プログラムと認められる事業への参加

(5)その他、国際交流センター委員会が認めた海外における活動への参加

2.学力基準

(1)TOEIC500点以上、TOEFLiBT45点以上、TOEFL ITP450点以上、IELTS4.5以上、英検2級以上のいずれか

(2)学部2年生から4年生でGPAが当学科における学年の3分の1以上

私費外国人留学生授業料減免(減免)

2019年11月現在

金額等 授業料の2分の1
募集人員 制限なし
募集時期 年1回(国際交流センターへ問い合わせてください)
対象学年 学部生及び大学院生
減免期間 1年間(更新あり)
応募資格 学部及び大学院に在籍する私費外国人留学生で、出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)別表第一に定める在留資格が「留学」である者

ノートルダム清心女子大学同窓会奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 年額28万円
募集人員 10名以内
募集時期 給付前年度の9月~10月
対象学年 学部2年生以上、大学院修士課程2年生、博士後期課程2・3年生
給付(免除)貸与時期 4月中旬、9月中旬
応募資格 人物・学業にともに優れ、経済的に修学困難な学生及び大学院生で、終身会費を納めている者

※他奨学金との併受給可

一般財団法人渡辺和子記念ノートルダム育英財団奨学金(給付)

2019年11月現在

金額等 学部生/月額3.5万円、大学院生/月額4.0万円
募集人員 学部生/13名程度、大学院生/5名程度
募集時期 4月初旬~中旬
対象学年 学部2年生以上、大学院1年生以上(博士後期課程を除く)
給付(免除)貸与時期 初回は6月に3ヶ月分、それ以降は毎月
応募資格 岡山県内の大学、大学院または短大に在学する学生。人物・学業ともに優れ、将来の社会貢献を期待できる者

※他奨学金との併用不可

学部生向け日本学生支援機構奨学金(貸与)

2019年11月現在

第一種 第二種
金額等 指定の貸与月額から選択
自宅通学者/最高月額5.4万円
自宅外通学者/最高月額6.4万円 1)
指定の貸与月額から選択
最高月額12万円
募集人員 日本学生支援機構の指定する人数
募集時期 4月中旬
対象学年 学部生
給付(免除)貸与時期 募集時から卒業年度まで
応募資格 1年生/高校の最終2か年の成績の平均値が3.5以上の者、又は、家計支持者が住民税非課税であり特に優れた学習成績を修める見込みがある者
2年生以上/所属学科の成績が上位1/3以内の者
1年生/高校の成績が平均水準以上と認められる者
2年生以上/所属学科の成績が平均水準以上と認められる者

1)申込時の家計状況によっては最高月額を選択できない場合があります。
※修業年限を超えての貸与は不可

大学院生向け日本学生支援機構奨学金(貸与)

2019年11月現在

第一種 第二種
金額等 修士・博士前期/5・8.8万円から選択
博士後期/8・12.2万円から選択
5・8・10・13・15万円から選択
募集人員 日本学生支援機構の指定する人数
募集時期 4月中旬
対象学年 大学院生
給付(免除)貸与時期 募集時から修了年度まで
応募資格 大学・大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者 大学・大学院における成績が優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者、または、大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者

※修業年限を超えての貸与は不可