• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

就職関連
活躍する卒業生

峰 由布子さん峰 由布子さん

清心での日々が、
私を成長させてくれました。

ユアサシステム機器株式会社 勤務
峰 由布子さん(2013年度卒業)
岡山県立倉敷古城池高等学校出身

清心でネイティブの先生と多くの時間を過ごすうちに、海外へ行きたいと思い、カナダのビクトリア大学の語学研修に参加しました。文化の違う人たちとのコミュニケーションの楽しさを知り、海外の方と交流する仕事に就きたいと考えるようになりました。現在は、日本国内やアメリカの展示会へ参加し、商品や会社のPR等をしています。アメリカと日本では異なる雰囲気やルールから文化の違いを感じ、難しいと感じる反面、楽しくもあります。今後も、置かれたところで精一杯咲けるよう頑張っていきたいです。

小坂 美季さん小坂 美季さん

文学研究が教えてくれた
仕事のやり方。

赤磐商工会 勤務
小坂 美季さん(2016年度卒業)
岡山県立瀬戸高等学校出身

過去を踏襲するだけでなく、新しい方法を考える必要があるという点において、文学研究と働くことは似ているのではないでしょうか。大学で学んだことを仕事に活かすことができているのか悩んでいた中、私を励ましてくれたのは「文学研究は生活に繋がっている」という恩師の言葉でした。文学研究では、先行研究を踏襲しつつ、新たな考えを生み出していく必要があり、仕事も同様に、過去のやり方に倣いながら、より効率のよい方法を考えなければなりません。研究を通して学んだ思考のプロセスを今後も仕事に活かしていきます。

横山 真里さん横山 真里さん

フィールドワークを通じて身につけた
情報収集力と分析力は、
百貨店での仕事に活かされています。

株式会社天満屋 勤務
横山 真里さん(2014年度卒業)
岡山県立岡山大安寺高等学校出身
(現 岡山県立岡山大安寺中等教育学校)

現代社会学科の学びにおいて、必要不可欠なことは“フィールドワーク”です。現代の社会では、溢れた情報をいとも簡単に入手することができますが、私はその実習から、実際に自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じないと分かり得ないことが社会にはたくさんあることを学びました。また、データを収集・分析することで、物事を多角的に捉え、自分の視野を広げることができました。卒業後は、百貨店というフィールドの中で学んだことを活かし、競合店の調査や情報収集を行い、売り場作りを進めてきました。現在は売り場勤務を経て、本社で採用担当をしています。入学された方には是非、大学生活の中で、自分の視野を広げていってほしいと思います。

岡﨑 真梨さん岡﨑 真梨さん

清心での学びを活かし、
お客様の価値向上の手助けを。

おかやま信用金庫 勤務
岡﨑 真梨さん(2017年度卒業)
岡山県立岡山芳泉高等学校出身

現在私は窓口業務を担当しています。業務で心掛けていることは、お客様の声に耳を傾け、分かりやすく丁寧にお伝えすることです。金融機関での仕事は、お金にまつわる様々なご相談を受けることが多いですが、それ以外にも法律や福祉など、人間生活学科で幅広く学んだ分野の知識を活用する機会もあります。大学時代に学んだ知識を仕事に活かせるよう、これからも一人ひとりのお客様に寄り添い、価値向上の手助けが出来るよう日々業務に励んでいます。

西岡 美帆さん西岡 美帆さん

現場で働く今、清心での学びや
仲間は私の心の支えです。

倉敷市立万寿小学校 勤務
西岡 美帆さん(2016年度卒業)
岡山県立総社南高等学校出身

「小学校の先生になりたい」という夢を抱いて大学に進学し、先生方の温かくきめ細やかな指導で、自分の考えを持つこと、積極的に人と関わること、自分の思いを相手に伝えることの大切さを実践を通して教えていただきました。清心で共に教員を目指し勉強した仲間は、今でも悩みを相談したり、情報を交換したりなど、とても心強い存在です。小学校教諭として働いている今、大学での学びや仲間に感謝して、目の前の子どもたち一人ひとりとの関わりを大切に教育に携わっていきたいと思います。

秀浦 麻友さん秀浦 麻友さん

大学でのさまざまな経験が、
相手の立場になって行動することの
大切さを教えてくれました。

金光病院 勤務
秀浦 麻友さん(2016年度卒業)
岡山県立倉敷青陵高等学校出身

大学では栄養士になるための勉強だけでなく、東北ボランティアへの参加、学会発表への参加等多くの経験ができ、相手の立場になり行動することの大切さを学びました。現在は臨床に興味を持ち、病院で管理栄養士として患者さんの栄養管理や栄養指導を行っています。幅広い年代の方がいる中で、一人ひとりに合った指導は難しいですが、話を聞くこと、患者さんの気持ちを考えることを心がけています。患者さんからの「ありがとう」の言葉に、とてもやりがいを感じます。今後も人の気持ちに寄り添い頼られる、そんな管理栄養士になりたいです。