• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

清心News

2021.02.16

お知らせ

文学部日本語日本文学科教授 綾目広治先生の最終講義のご案内|日本語日本文学科

◆綾目先生最終講義「知的な歩みを振り返って―今後を展望して―」のご案内
2021年3月をもって退職される綾目広治教授には1987年の着任以来、34年の永きにわたり本学・学科の発展と充実のために多大なるご尽力をいただきました。日本語日本文学科長、教務部長、日本語日本文学専攻主任、文学部長といった要職を歴任された先生の退職にあたり、学科として最終講義を企画いたしました。今回の最終講義は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から会場を一般公開する形をとらず、事前収録した動画をご視聴いただくことにいたします。先生の最終講義視聴をご希望の方は申込方法をご覧いただき、お申し込み下さい。


◆視聴申込方法と流れ
①下記申込フォームから申し込む(申込受付2021年2月16日(火)~3月21日(日)23時59分)
②【受付完了メール】が主催者から届く(対応は平日9時~16時。行事等で即日の対応ができない場合もあります)
③【受講案内メール】が主催者から届く(動画URLを主催者からお知らせします。3月9日(火)に送信予定)
④動画を視聴する(動画公開期間は3月10日(水)10時から3月22日(月)正午まで)
*ご視聴後は【受講アンケート】にご協力をお願いします

▶申込フォーム
https://forms.gle/9RPuqVmJB1HUGNDu9
このQRコードからも申込フォームに進めます

▶動画視聴に関するお願いなど
*申し込まれた方には主催者から【受付完了メール】をお送りします。その中に受講(動画視聴)に関するお願いを掲載しておりますのでご確認をお願いいたします。

*今回は収録した最終講義動画をご視聴いただくことになります。動画を掲載したインターネット上のURLは、受講申込が完了された方にこちらからメールにてお知らせいたします。その【受講案内メール】は3月9日(火)中にお送りする予定です。

*動画は【受講案内メール】に記載したURLをクリックすることで視聴できます。動画の公開は3月10日(水)10時から3月22日(月)正午としておりますので、その期間内でしたらいつでも視聴が可能です。

*動画視聴にはインターネットに接続したパソコン、スマホ等が必要となります。申し訳ありませんが、これらの機器や作動に関しては主催者側ではサポートできかねます。通信料金は視聴者でご負担ください。

*【受講案内メール】が3月10日(水)になっても届かない場合は、下記までメールにてお知らせ下さい。(その際、申込時のお名前・連絡先を明記し、件名に「綾目広治先生最終講義について」とご記載ください)

*【受講案内メール】に記載したURLは主催者の許可無く転送・公開することを禁止いたします。

*受講者の手元の機器による録音・録画、また画面のスクリーンショット、録音録画した画像等のインターネットでの共有は私用であっても禁止いたします。

*申込受付、受講案内、その他問合せ等、全ての対応は平日9:00~16:00となります。なお本学の行事等の都合により平日でも即日の対応ができず翌日以降の対応となる場合がありますので予めご了承下さい。

*今回収集する個人情報につきましては、本学の「個人情報の保護に関する規則」に基づき取り扱い、本企画「綾目広治先生最終講義」に関する連絡のみに使用します。


●教員紹介(綾目広治)
教員紹介 - 綾目 広治  | ノートルダム清心女子大学 

●綾目広治先生の最新の著書『小林秀雄 思想史のなかの批評』

発行:アーツアンドクラフツ
A5判 284ページ
価格 3,200円+税
ISBN 9784908028571
初版年月日2021年2月15日

●綾目広治先生の日本語日本文学科ブログ内リレーエッセイ(最新)
感染症と文学|綾目広治|日文エッセイ203|日本語日本文学科|ノートルダム清心女子大学 (ndsu.ac.jp)

●【メディア】山陽新聞|感染症と文学考察|日本語日本文学科 綾目広治教授、野澤真樹講師
【メディア】山陽新聞|感染症と文学考察|日本語日本文学科 綾目広治教授、野澤真樹講師|清心News一覧|ノートルダム清心女子大学 (ndsu.ac.jp) 


●お問い合わせ先 
ノートルダム清心女子大学文学部日本語日本文学科 jpn1@post.ndsu.ac.jp

一覧にもどる