• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

清心News

2020.06.30

お知らせ

【メディア】遠藤周作文学館学芸員の本学卒業生 遠藤周作未発表原稿を発見

遠藤周作文学館(長崎市)学芸員の文学部日本語日本文学科63期(2015年3月卒)川﨑友理子さんが、文学館で預かっていた約3万1000点の中から遠藤周作の未発表の小説を発見しました。

川﨑さんは卒業論文を「遠藤周作『満潮の時刻』論―病床体験から得たイエス像―」の題目で執筆しました。そして、本学を卒業後は、長崎市の遠藤周作文学館の学芸員として展覧会を企画するなど活躍されています。

川﨑友理子さんがニュースに出演されました。
▶FNNプライムオンライン テレビ長崎「長崎で7月に公開 遠藤周作の未発表原稿を発見」(6/26)


遠藤周作文学を研究している本学キリスト教文化研究所 山根道公教授が、新たに発見された小説についてコメントしています。
毎日新聞(6/29)


また、山陽新聞(山陽新聞digital)、朝日新聞(朝日新聞digital)にも掲載されました。



遠藤周作文学館
日本語日本文学科
キリスト教文化研究所
山根道公教授(教員紹介)
卒業生の方へ

広報室

一覧にもどる