• TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • Nサポ
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

大学の取り組み
著者・刊行物

学びを創る・学びを支える ー新しい教育の理論と方法ー(共著)

学科・機関 人間生活学部 児童学科
教員名 杉能道明 准教授
著者情報 広石英記 編著
出版社 一藝社
発行日 2020年3月15日
サイズ・頁数 A5判/並製 268頁
金額 2,300円+税
内容紹介
教育の目的は「学習者の幸せに生きる力を育成する」こと,教師の役割はその「学びを支援する」ことという理念で書かれた本である。教師を志す大学生に是非読んでほしい1冊である。杉能は第6章「深い学びをもたらす授業構想」を分担執筆した。「主体的・対話的で深い学び」は新学習指導要領における授業改善の視点である。その中でも,「深い学び」についてはイメージがもちにくいと言われる。「深い学び」とはどのような学びなのか,算数科の第4学年「面積」の単元の学びを例に解説している。

第1章 教育の目的と方法 
第2章 革新的な学びの創造者たち 
第3章 新しい資質・能力と教育方法の刷新
第4章 新学習指導要領のねらい
第5章 授業をデザインする手順 
第6章 深い学びをもたらす授業構想
第7章 生徒を引き付ける授業の技
第8章 学習意欲を高める授業の技術
第9章 新しい教育方法とICT
第10章 これからの教育評価 
第11章 カリキュラム・マネジメントに向けて
第12章 総合的・探究的な学習をデザインする
第13章 世界の授業スタイル
第14章 新しい学びの姿ーPBLー
第15章 カリキュラムイノベーションへ
バックナンバー

一覧に戻る