• アクセス
  • 資料請求
  • お問合せ

人間生活学部

食品栄養学科

管理栄養士養成施設としての老舗が創出する豊かな人間性と専門性を備えた食の専門家。

3つの特徴

point1

ポイント1イメージ

体系的な学修と少人数グループで実験・実習

基礎演習や管理栄養士論の上に、多様な科目群を体系的に配置することで学習効果を高め、実験や実習を少人数のグループで実施し、授業理解や思考力を高めていきます。

point2

ポイント2イメージ

4分野の研究室を設け、興味・関心を高める

3年次から栄養生化学、栄養管理、食品学、食生態学のいずれかの研究室に属し、約2年にわたり、個人またはグループで専門的な研究に取り組みます。

point3

ポイント3イメージ

臨地実習事前事後指導の充実

学内の学習と臨地実習を有機的に連携するため、事前に実習目的の理解、課題設定などを、事後は課題の成果発表や情報交換を行い、総合的な教育を実施しています。

将来像

専門知識や実践能力に加え、豊かな人間性を活かす

主な就職先(※過去3年分)

明治、アサヒビール、ANA福岡空港、四国旅客鉄道、日本通運、天満屋、資生堂ジャパン、日清医療食品、国立病院機構中国四国グループ、岡山大学病院、川崎医科大学総合医療センター、岡山赤十字病院、岡山済生会総合病院、千葉県職員、長崎県学校栄養職員、中国銀行、香川銀行、伊予銀行など

就職に関する情報はこちら

免許・資格

栄養士 管理栄養士国家試験受験資格
栄養教諭一種 食品衛生管理者(任用)
食品衛生監視員(任用)

全学共通 社会教育主事(任用)/司書/学芸員/日本語教員

※食品栄養学科では、カリキュラムの関係上、「社会教育主事(任用)」「司書」「学芸員」「日本語教員」の各資格は、4年間で取得することができません。

CLOSE-UP STUDY

公衆衛生学 (戸田雅裕教授)

公衆衛生学は、私たちの生活に深くかかわるとても身近な学問です。

「日本ではどんな病気で亡くなる人が多いの?」、「私たちのまわりにはどんな環境問題があるの?」、「生活習慣病は病気とどう関係しているの?」、「私たちが健康に過ごせるために、地域や学校や職場はどのような役割を果たしているの?」etc・・・。公衆衛生学の授業では、私たちの健康に関する問題の現状やその対策についてさまざまな角度から学んでいきます。私たちの生活に深くかかわるとても身近な学問でもある公衆衛生学を学ぶことで、ニュースを見たり新聞を読んだりするのがきっと何倍も楽しくなりますよ。

公衆衛生学

履修モデル

管理栄養士養成を目指す専門的なカリキュラムを経て、食や健康についての研究を深めます。

1年次

学問の領域を超えて広い視野と豊かな人間性を育てる全学共通科目と幅広い学びで栄養学の基礎固めをします。

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
食品学Ⅰ 英語ⅠB
調理学実習Ⅰ 解剖生理学Ⅰ
自立力育成科目 化学Ⅰ 生物学Ⅰ
英語ⅠA 人間論 体育実技
日本国憲法Ⅰ 生化学Ⅰ 基礎化学 管理栄養士論

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
食品学Ⅱ 英語ⅡB 基礎栄養学 栄養学基礎演習
調理学実習Ⅱ
生化学Ⅱ 解剖生理学Ⅲ 自立力育成科目B群
自立力育成ゼミⅣ
英語ⅡA 健康の保持・
増進Ⅰ
キリスト教学Ⅳ 調理学 教職基礎
心と体の健康論 解剖生理学Ⅱ 食品学実験

2年次

専門科目中心の履修となり、実習・実験の授業が増えてきます。

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
教育心理学 応用栄養学Ⅰ 生化学実験
給食経営管理論Ⅰ 健康情報管理論 英語ⅢB 公衆衛生学
基礎栄養学実習 キリスト教学Ⅰ
英語ⅢA 病理学 微生物学 食品衛生学Ⅰ
解剖生理学実験Ⅰ 教育課程論

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
給食経営管理論
実習
解剖生理学実験Ⅱ
栄養教育論Ⅰ 食品衛生学Ⅱ 英語ⅣB 臨床医学Ⅰ
臨床情報管理
実習
応用栄養学Ⅱ 道徳教育の研究
給食経営管理論Ⅱ 英語ⅣA 社会福祉概論
健康情報管理論実習 教育原理

3年次

臨地実習と呼ばれる学外での実習がスタート。4つの研究室に分かれ、卒論ゼミも始まります。

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
公衆栄養学Ⅰ 生徒指導論 臨地実習事前
事後指導Ⅱ
栄養教育論Ⅱ
学校経営論 生体防御論 臨床医学Ⅱ 応用栄養学実習
教育方法論 臨床栄養学Ⅰ (卒論ゼミ)
給食経営管理論実習Ⅱ
栄養教育論実習 応用栄養学Ⅲ (卒論ゼミ)

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
臨床栄養学実習Ⅱ
臨床栄養学実習Ⅰ 栄養学総合演習 臨地実習事前
事後指導Ⅰ
(卒論ゼミ)
公衆栄養学Ⅱ (卒論ゼミ)
学校栄養教育論Ⅰ 学校栄養教育論Ⅱ 生体防御論実験
臨床栄養学Ⅱ 教育相談 (卒論ゼミ) 栄養学総合演習

4年次

各研究室の指導教員の指導のもと、実験や調査を進め、卒業論文を完成させます。

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
臨床栄養学実習Ⅲ
栄養教育実習
事前事後指導
健康の保持・
増進Ⅲ
公衆栄養学実習
教職特講Ⅱ (卒論ゼミ) 臨地実習事前
事後指導Ⅲ
栄養学応用演習 (卒論ゼミ) (卒論ゼミ)
臨床栄養学Ⅲ 臨床栄養学Ⅳ 栄養学応用演習 栄養学応用演習

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
(卒論ゼミ)
教職特講Ⅲ
(卒論ゼミ)
栄養学応用演習 (卒論ゼミ)
栄養教育論Ⅲ 栄養学応用演習 栄養学応用演習

教員紹介

教員名 職名 担当分野
北畠 直文 教授 食品学
小林 謙一 教授 生化学・基礎栄養学
戸田 雅裕 教授 公衆衛生学
長濱 統彦 教授 食品衛生学
林 泰資 教授 生理学
今本 美幸 准教授 臨床栄養学、
臨床栄養学実習
小見山 百絵 准教授 臨床栄養学
小山 洋子 准教授 給食経営管理論
逸見 眞理子 准教授 公衆栄養学
山下 美保 准教授 臨床医学、小児医学
吉金 優 准教授 食品学
若本 ゆかり 准教授 栄養教育論・
応用栄養学
小川 眞紀子 講師 調理学・応用栄養学
佐伯 綾希子 助手  
髙木 亜里紗 助手 臨床栄養
多賀 実紀 助手  
辻本 まどか 助手