• アクセス
  • 資料請求
  • お問合せ

文学部

日本語日本文学科

古代より日本人が創りあげてきた日本文化を探求し、たしかな日本語の運用能力を身につける。

3つの特徴

point1

ポイント1イメージ

3つの分野をとおして日本文化全体を見つめ直す

古代から現代までの文学を研究する「日本文学」、日本語全般を考察する「日本語学」、書道などの実力を養成する「言語文化」について、体系的に学びます。

point2

ポイント2イメージ

創作体験でのびやかな感性を育てる

個性を活かす表現の場として、さまざまな授業を用意。例えば文学創作論では小説や児童文学などを創作し、日本語表現法では、音声表現番組を制作します。

point3

ポイント3イメージ

層の厚い専任教員が魅力あふれる授業を展開

学生の探究心を幅広くカバーするために、10人の専任教員(2019年4月現在)が在籍。古代から現代に至る各時代の専門家がそろう体制は全国でも稀です。

将来像

「ことば」から学んだ論理的思考や問題意識を活かす

主な就職先(※過去3年分)

セキスイハイム中四国、DHC、ヤンマー農機製造、日本通運、福山通運、P・O・Pホールディングス、岡山トヨペット、あおぞら銀行、中国銀行、日本司法支援センター、国公立学校教員、岡山県立大学、岡山県職員、香川県職員、岡山県警察官など

就職に関する情報はこちら

免許・資格

中学校教諭一種 国語 高等学校教諭一種 国語・書道 学校図書館司書教諭

全学共通 社会教育主事(任用)/司書/学芸員/日本語教員

書道卒業制作

書道卒業制作

思い思いに書し

印を刻し

裏打ちをして

仕上げた作品

書道卒業制作

思い思いに書し

印を刻し

書道卒業制作

裏打ちをして仕上げた作品

4年生を対象に、培った書の実技・理論を昇華させる最終ステージとして設定します。漢字、仮名、漢字仮名交じりの書、一字書、少字数の書、篆刻・刻字などの分野から、臨書・創作、一人5点の作品を制作。学年末に学科主催による「書道卒業制作展」を学外で開催し、併せて所感文集『心画抄』も発行します。裏打ちやパネル作りなどすべて手作りで作業を進めるためメンバーの強い連携が求められます。

履修モデル

興味ある分野を自由に選択し、日本文学、日本語学、言語文化のそれぞれについて知識を深め、3年次後半より、4つの研究室から一つを選択。

1年次

学問の領域を超えて広い視野と豊かな人間性を育てる全学共通科目と学科基礎科目で幅広い知識を吸収しながら言葉の基礎力を付けます。

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
日本文学史Ⅰ 英語ⅠB 体育実技Ⅰ 体育実技Ⅰ
日本語学概論Ⅰ 古典文学入門
歴史学Ⅳ 近代文学
基礎演習b
人間論Ⅰ ドイツ語ⅠA
体育講義

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
日本文学史Ⅱ 英語ⅡB
日本語学概論Ⅱ 歴史学Ⅱ 日本語表現Ⅲ
古典文学
基礎演習c
哲学Ⅳ ドイツ語ⅡA 文学Ⅲ
数学Ⅱ

2年次

興味ある分野を自由に選択し、「特講」「講読」で専門研究を始めます。

■教職(国語、書道)・学芸員取得希望モデル

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
教育心理学 キリスト教学Ⅹ 日本語学概論Ⅰ 博物館展示論
楷・行書法Ⅱ 日本語史Ⅰ ドイツ語ⅢA 近世文学特講Ⅰ 中国書法史
中世文学講読Ⅰ キリスト教学Ⅱ
発達心理学 教育課程論 ドイツ語ⅢB
教育原理 近代文学講読Ⅲ 博物館概論 生涯学習概論Ⅰ 近世文学特講Ⅲ

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
日本文学概論Ⅱ 博物館情報・
メディア論
日本語学概論Ⅱ 日本語史Ⅱ 英語ⅣA 近世文学特講Ⅱ 日本書法史
中世文学講読Ⅱ 国語科教育法Ⅰ
道徳教育の
理論と方法
英語ⅣB
介護等体験の
理論
近代文学講読Ⅱ 近世文学特講Ⅳ

3年次

日本文学、日本語学、言語文化のそれぞれについての知識をふかめ、3年次後半からは4つの研究室に所属。ゼミを選択し、個々のテーマについて担当教員と共に卒論研究を進めます。

■教職(国語、書道)・司書教諭・司書取得希望モデル

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
国語科教育法Ⅱ 情報サービス論 硬筆書法 情報機器の
操作a
学校経営論 学校経営と
学校図書館
考古学Ⅰ 日本語表現法Ⅰ 日本語学特講Ⅰ
歴史学Ⅳ 漢文学Ⅰ 古代文学講読Ⅲ
中世文学演習Ⅰ 漢字仮名交じり
書法Ⅰ
書写法Ⅰ 哲学Ⅰ
介護等体験の
実践
中世文学講読Ⅲ
情報資源組織
演習b

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
国語科指導法
演習Ⅰ
生徒指導の
理論と方法
書式研究 卒業論文
国語科指導法
演習Ⅱ
教育相談 日本語表現法Ⅱ 情報資源組織
演習b
漢文学Ⅱ 古代文学演習Ⅳ 図書館情報資源
概論
キリスト教学Ⅴ 図書館制度・
経営論
介護等体験の
実践
キリスト教学Ⅶ 近世文学特講Ⅳ

4年次

4年間の学修の総まとめとして、卒業論文を作成します。免許・資格を履修している場合は、現場での実習に赴くのもこの年次です。

■教職(国語、書道)取得希望モデル

第1期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
卒業論文
中等教育実習
事前事後指導
書道卒業制作 書道卒業制作
近代文学講読Ⅲ 書道卒業制作 書道卒業制作

第2期

1・2時限 3・4時限 5・6時限 7・8時限 9・10時限
卒業論文
書道卒業制作 書道卒業制作
書道卒業制作 書道卒業制作

教員紹介

教員名 職名 担当分野
佐野 榮輝 特任
教授
書道
綾目 広治 教授 近代文学
尾崎 喜光 教授 日本語学(社会言語学)
東城 敏毅 教授 上代文学
山根 知子 教授 近代文学
伊木 洋 准教授 国語科教育学
川﨑 千加 准教授 図書館情報学
原 豊二 准教授 中古文学
星野 佳之 准教授 日本語学(中古・中世語)
野澤 真樹 講師 近世文学