ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

学部・大学院

  1. HOME>
  2. 学部・大学院>
  3. 児童学科

児童学科

児童学科で学べること

学科紹介

“Child Welfare” ─ 子どものしあわせ
児童学が探求するテーマは、“Child Welfare” ─ 子どものしあわせです。そのために、子どもたちを理解し、子どもたちとかかわる姿勢を学んでいきます。
心理・特別支援・教育・文化・音楽・美術 ─ すべては、子どものしあわせのために。
子どもたちの世界を理解する学びを深め、子どもたちを大切にする教員・保育士を育てます。

4年間の学び

カリキュラム

1年生 ■ 大学で学ぶ基礎

授業では、少人数でディスカッションをおこなう「総合演習」をはじめ、大学での基礎的な研究方法を学びます。物事を知り、考えるための方法や、プレゼンテーションの体験など、仲間との親しい関係の中で身につけていきます。
児童学科の6つの研究分野に関する必修科目により、児童学の幅広い世界へと出発します。

2年生 ■ 学びの拡大

専門的な研究分野にかかわる授業や、免許・資格につながる実践的な学びの機会が増えてきます。教員免許については、2年生の後期に、中心となる主免許を選択します。
2年生の終わりには、6つの研究室(心理学、特別支援教育・児童福祉学、教育学、文化学、音楽、美術)から、自分が追求したい分野を選びます。

3年生 ■ 専門性と実体験

3年生は、それぞれが自分の選択する研究室に分属してスタート。
ディスカッション形式の「児童学演習」で、それぞれの分野の研究方法を学んだあと、各教員のゼミに分かれて所属し、少人数での学びを深めます。
教育実習・保育実習などのうち、主なものが3年生でおこなわれます。

4年生 ■ 卒業研究

ゼミでの研究を深め、自分自身のテーマにもとづく卒業研究を進めます。
心理学では専門的な調査・研究方法を用いて、教育学などでは、教育・保育現場で子どもたちと出会う実体験からの観察・事例研究などを通じて、論文を創りあげます。
音楽・美術研究室では、卒業研究を演奏や絵画でおこなうことができ、多くの学生による発表会・展覧会がおこなわれます。

※クリックで拡大表示できます。

カリキュラム

得られるもの

子どもたちとの生きたかかわりのためには、幅広い学びが求められます。リベラルアーツによる幅広い学びが、“先生”として子どもたちと出会うときにも活かされます。
心理学、特別支援教育・児童福祉学、教育学、文化学、音楽、美術 ─ 6つの研究分野から、子どもたちを理解していきます。
音楽・美術研究室では、実技を通した表現力も学べます。また、心理学研究室では、心理学の基礎を修める「認定心理士」を取得可能です。
小学校・幼稚園・特別支援学校・保育士 ─ 子どもたちの“先生”になるための免許・資格を取得可能。
附属小学校・幼稚園での実習により、子どもたちと出会う実体験を通して学ぶことができます。

免許・資格

教員免許(小学校・幼稚園・特別支援)、保育士、モンテッソーリ教育、認定心理士
その他の資格については、免許・資格をご覧ください。