ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. 全学共通科目

全学共通科目

学問の領域を超えて広い視野と豊かな人間性を育てます。

2014年度4月新設科目

自立力育成科目(A群・B群)2014年度4月新設科目

真の自立のために必要な力を強化する「自立力育成科目」新設

自立力育成科目社会人として必要な「自立力」を育成するため、2014年4月、全学共通科目の中に教養教育をより強化させた「自立力育成科目」を新設しました。同科目はA群とB群とで構成され、A群は、本学の教育理念である「時のしるしをよみとる」力が身につくように、政治、経済、法律、科学、国際問題など、社会の情勢を国際的視野に立って分析、統合することのできる力を育成する講義形式の授業です。一方、B群は、同じく教育理念である「真の自由人」として自ら考え、判断し、行動できる力が身につくように、学生が主導的に考えるアクティブラーニング(プレゼンテーション、ディスカッション、ディベート、グループワーク、フィールドワークなど)を取り入れた双方向形式の授業となっています。
さらに新設の自立力育成ゼミでは、環境・消費者問題、現代社会と食、現代社会と女性、世界の宗教と現代、ボランティア実践力、子どもと出会う保育学など7分野にわたる社会的関心の高い諸問題をテーマに取り上げ、学科も学年も異なるさまざまな学生が集い、発表し、ディスカッションする少人数制の授業です。グローバル化が急激に進む現代の厳しい社会環境の中に巣立つ学生が、真に自立するために必要な力を強化できる学びの場を提供しています。

情報科目2014年度4月新設科目

情報化社会に生きる為のモラルやスキルを身に付ける。

情報に溢れている現代社会。現代人には、必要な情報を探し出したり、その質を判断したり、新しい情報を発信することが求められています。そのためには、コンピュータやネットワークに関する知識・技能、情報化社会に生きる人の持つべきモラル、危険な情報を見分ける能力などを身に付けていなければなりません。コンピュータやネットワークは、使い道を誤らなければ、社会の役に立つ道具であり、私たちの生活を豊かにするものです。

  • 情報科学Ⅰ~Ⅲ
  • 情報メディア演習

キリスト教科目

キリスト教科目

「建学の精神」の根幹であるキリスト教的価値観をとおして生きることの意義を追求。

カトリックの教育修道女会を設立母体とする本学にとって、一人ひとりをかけがえのない存在と捉えるキリスト教的価値観は教育理念の基盤となるものです。そうした価値観をキリスト教の正典である聖書を中心に考察します。「人間論」では、例えば聖書の言葉を生きるマザー・テレサからあるがままの自分を愛し、隣人を愛するキリスト教的人間理解を学び、「キリスト教学」では、キリスト教思想や聖書についてさまざまな角度から理解を深めます。そうした本学独自の豊かな学びをとおして生きることの真の意義を追求します。

  • 人間論Ⅰ
  • キリスト教学Ⅰ~ⅩⅢ

教養科目

教養科目

広い視野と自主自立の精神を培うために、幅広い領域の学修で全人教育を。

本学が志す「リベラル・アーツ・カレッジ」の精神は、この教養科目に色濃く反映されています。開講科目は文学・芸術・社会学・心理学から医学・情報科学まで幅広い領域におよんでおり、多種多様な科目が充実しています。人格の成熟を学ぶ中で「生きること」の意義について考える渡辺和子理事長の「倫理学Ⅰ」をはじめとする諸科目は、高い倫理性を目指して「こころの教育」を行う本学ならではの特色をそなえたものであり、学生たちの人生観に大きな影響を与えています。すべての科目は、学生一人ひとりが深く豊かな「こころ」を耕した「真の自由人」に成長することへとつながっています。

  • 哲学Ⅰ、Ⅱ
  • 倫理学Ⅰ、Ⅱ
  • 文学Ⅰ~Ⅶ
  • 芸術Ⅰ~Ⅳ
  • 歴史学Ⅰ~Ⅵ
  • 日本国憲法Ⅰ、Ⅱ
  • 社会学
  • 心理学Ⅰ~Ⅲ
  • 数学Ⅰ、Ⅱ
  • 化学Ⅰ、Ⅱ
  • 生物学Ⅰ、Ⅱ
  • 物理学Ⅰ、Ⅱ
  • 科学史Ⅰ、Ⅱ
  • 医学Ⅰ、Ⅱ

外国語科目

外国語科目

真の国際人として活躍するために必須の豊かなコミュニケーション力を身に付ける。

真の国際人として活躍していくためには、グローバルな感性と広い視野を養うと同時に、豊かなコミュニケーション力を身に付けることが必須です。それを育むのが語学であり、本学では英語はもちろんフランス語、ドイツ語、中国語といった外国語科目を開講しています。ネイティブ・スピーカーと日本人教師の協力体制、さらにはC A L L 教室を使った少人数制授業が「聴く・話す・読む・書く」の四技能を磨き、レベルの高い語学教育を実現しています。短期の語学研修や長期の留学に欠かせない語学力の育成にも力を入れており、一人ひとりに自信を与えて海外へと送り出しています。

  • 文学部
  • 英語英文学科
  • ドイツ語ⅠA~ⅣB
  • フランス語ⅠA~ⅣB
  • 日本語日本文学科
  • 英語ⅠA~ⅣB
  • ドイツ語ⅠA~ⅣB
  • フランス語ⅠA~ⅣB
  • 中国語ⅠA~ⅣB
  • 現代社会学科
  • 英語ⅠA~ⅣB
  • ドイツ語ⅠA~ⅣB
  • フランス語ⅠA~ⅣB
  • 中国語ⅠA~ⅣB
  • 人間生活学部
  • 人間生活学科
  • 英語ⅠA~ⅣB
  • 児童学科
  • 英語ⅠA~ⅣB
  •  
  • 食品栄養学科
  • 英語ⅠA~ⅣB
  • 全学科自由選択
  • 選択英語A~F
  • 海外英語演習A、B
  • 選択ドイツ語Ⅰ、Ⅱ
  • 選択フランス語Ⅰ、Ⅱ
  • 選択中国語Ⅰ、Ⅱ
  • 選択日本語Ⅰ、Ⅱ

健康科目

健康科目

バランスのとれた健康な体づくりとスポーツを楽しむ心を育てる。

いつまでも若々しく輝いて、メリハリのある美しい体型をたもつには、自分のからだを自己管理する能力を高めることが大切です。人生を十分にエンジョイするためにも、自分の体力に応じた運動を考案し、日常生活の中で継続し実践することが必要です。実技では、基礎トレーニング、だれでも楽しくできるレクリエーションスポーツをとおして、過剰なカロリーを消費し、ゆがみのない、バランスのとれた健康な身体づくりを目指します。また、運動に関する科学的知識の獲得、減量と肥満予防の身体運動、性感染症の予防と対策、飲酒・喫煙と健康、少子化と高齢化社会、女性とスポーツなど生涯の健康保持・増進に役立つ内容で構成された講義を行います。

  • 心と体の健康論
  • 体育実技Ⅰ~Ⅲ

学部・学科の枠を超えて専門的な知識を学ぶことができる「開放科目」を設けています。リベラル・アーツ・カレッジとして、幅広い視野を持つ真の自由人を育成するための体制です。