• アクセス
  • 資料請求
  • お問合せ

入試・入学案内
大学院 一般選抜【博士後期課程】

募集人員
研究科 専攻 課程 募集人員
秋季 春季
文学研究科 日本語日本文学専攻 博士後期課程 2 若干名
人間生活学
研究科
人間複合科学専攻 博士後期課程 3 若干名
出願資格

次の資格を備えた女子

  • (1) 修士の学位若しくは専門職学位を有する者又は本大学院入学の前までに修士の学位若しくは専門職学位を授与される見込みの者
  • (2) 外国において修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (3) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (4) 我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (5) 国際連合大学本部に関する国際連合と日本国との間の協定の実施に伴う特別措置法(昭和51年法律第72号)第1条第2項に規定する1972年12月11日の国際連合総会決議に基づき設立された国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (6) 外国の学校、第4号の指定を受けた教育施設又は国際連合大学の教育課程を履修し、大学院設置基準第16条の2に規定する試験及び審査に相当するものに合格し、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者又は本大学院入学の前までに修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められる見込みの者
  • (7) 文部科学大臣の指定した者(平成元年9月1日文部省告示第118号)
  • (8) 本大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で2020年4月1日において24歳に達したもの
  • (9) 日本国政府国費外国人留学生として推薦を受けた者
  • [注]出願資格の(7)及び(8)については、次のとおりです。
  • (7) 文部科学大臣の指定した者(平成元年9月1日文部省告示第118号)
  • 1. 大学を卒業し、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本大学院において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
  • 2. 外国において学校教育における16年の課程を修了した後、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本大学院において、当該研究の成果により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
  • (8) 本大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で24歳に達したもの※次の基準のすべてを満たす者
  • 1. 大学を卒業後、各種の教育・研究機関等において研究又は指導に従事した期間が2年以上あること
  • 2. 著書、学術論文等において、修士論文と同等以上の価値があると認められる研究業績(学会誌に掲載された学術論文等)を有すること
  • 前記出願資格の(7)(8)のいずれかによって出願しようとする者は、秋季試験は、2019年8月5日(月)、春季試験は、2019年12月27日(金)までに、出願資格認定のための審査を受けなければなりません。該当者は、入試広報部へお問い合わせください。
入学前の指導

博士後期課程志願者は、秋季試験は、2019年8月5日(月)、春季試験は、2019年12月27日(金)までに、面談により志望する専攻の専攻主任及び各研究分野・研究領域の担当教員の指導を受けなければなりません。
文学研究科日本語日本文学専攻志願者は、日本語日本文学専攻主任及び志望する研究分野の担当教員の指導を受けてください。(各研究分野の概要及び担当教員についてはこちらアイコンを参照してください。)
人間生活学研究科人間複合科学専攻志願者は、人間複合科学専攻主任及び志望する研究領域の担当教員の指導を受けてください。(各研究領域の概要及び担当教員についてはこちらアイコンを参照してください。)
なお、入学前の指導を受ける場合は、入試広報部宛に、E-mail(apoffice@post.ndsu.ac.jp)でお問い合わせください。

出願登録期間

〈秋季〉:2019年8月20日(火)〜8月30日(金)

〈春季〉:2020年1月28日(火)〜2月7日(金)

※出願登録期間内にWeb出願システムアイコンから出願登録が必要です。

入学検定料

入学検定料30,000円の振り込みは、コンビニでの納入に限ります。
入学検定料納入期限:出願登録2日後の23:59まで

※ 出願登録期間最終日の納入最終時間は当日の16:00まで

※ いったん提出された出願書類及び入学検定料は、いかなる場合も返却しません。

出願書類

(1) 入学志願票

入学検定料納入後、Web出願システムアイコンよりダウンロードした志願票と写真票に上半身、正面、背景なし、3か月以内撮影、縦4㎝×横3㎝の写真(同じもの、カラー、白黒いずれでもよい)を貼付すること

(2) 博士前期課程・修士課程修了証明書
又は博士前期課程・修士課程修了見込証明書

出願資格にかかわるもので、厳封されたもの

(3) 成績証明書

出身大学院学長又は研究科長が作成し、厳封したもの

(4) 修士論文等

博士前期課程・修士課程修了者

・修士論文(写)

博士前期課程・修士課程修了見込の者

・修士論文予定の論文(写)

前記以外の者

・修士論文に代わる既刊の研究論文
・及び研究業績一覧等、博士論文研
・究基礎力審査の合格に関する資料

(5) 研究計画書

本大学院所定の様式に従い、志望の動機、目的及び入学後の研究計画を記入したもの

(6) 長期履修申請書

本大学院所定の用紙(該当する志願者のみ)

(7) 長期履修計画書

本大学院所定の用紙(該当する志願者のみ)

出願書類郵送期限

〈秋季〉2019年8月30日(金)消印有効

〈春季〉2020年2月7日(金)消印有効

[注]海外からの出願は、期間内必着とします。

出願方法
  • (1) 出願書類を取り揃え、ノートルダム清心女子大学入試広報部宛に郵送(簡易書留速達)又は持参してください。
  • (2) 出願書類を持参する場合の受付時間は、8:30〜16:30です。(土曜、日曜、祝日、本学休業日を除く。春季は土曜日も12:30まで受け付けています。)

《受付》ノートルダム清心女子大学 入試広報部

〒700-8516 岡山県岡山市北区伊福町2-16-9

TEL:086-255-5585(直通)

  • (3) 入学検定料納入後の出願情報(志望研究科・専攻(コース)、課程及び選択受験科目等)の変更は原則認めません。
  • (4) 身体に障害を有する入学志願者との事前相談
    身体に障害(学校教育法施行令第22条の3に定める身体障害の程度)がある者には、受験上の配慮及び修学上の配慮を必要とすることがありますので、出願開始日の1週間前(秋季試験の場合は、2019年8月9日(金))までに、本学入試広報部にお申し出ください。
    なお、相談の内容によっては、対応に時間を要することもありますので、できる限り早い時期に御相談ください。
  • (5) 出願後の受験上の配慮
    出願後に不慮の事故等(交通事故、発病等)のため受験上の配慮を希望する者は、速やかに本学入試広報部にお問い合わせください。
    なお、申請が試験直前であったり、申請内容への対応が直ちにできないような場合には、希望する配慮が行えないこともありますので、御了承ください。
選考方法
  • (1) 書類審査
  • (2) 筆記試験(各専攻別)
  • (3) 面接試問
試験日
〈秋季〉2019年9月18日(水)
〈春季〉2020年2月27日(木)
試験場
ノートルダム清心女子大学・・・岡山県岡山市北区伊福町2-16-9
試験科目

1. 筆記試験

専攻 課程 試験科目時間 科目名 配点
日本語日本文学専攻 博士後期課程 外国語
9:00〜10:00

日本語、英語から1か国語を出願時に選択(自国語は選択できません。)

※辞書持ち込み可

100点
専門科目
10:40〜12:10
志願者各自の専門分野に関するもの 200点
人間複合科学専攻 博士後期課程 外国語
9:00〜10:00

英語

※辞書持ち込み可

100点
専門科目
10:40〜12:10

次の研究領域に関連した3科目のうち1科目を出願時に選択

(1) 精神機能論領域

(2) 保健栄養論領域

(3) 生活文化論領域

※研究計画との整合性に留意のこと

200点

[注]辞書持ち込み可の科目であっても、電子辞書の持ち込みは不可とします。

2. 面接試問

13:00〜

※ 人間複合科学専攻は、修士論文又はこれに代わる研究論文を中心に行います。

判定通知

〈秋季〉2019年9月19日(木)

〈春季〉2020年2月28日(金)

判定結果は、受験者本人宛に速達で郵送します。(合格者には、入学手続書類も同封します。)

  • 〈秋季〉…2019年9月21日(土)までに判定通知が届かない場合は、2019年9月24日(火)の8:30〜16:30の間に入試広報部(TEL:086-255-5585) にお問い合わせください。
  • 〈春季〉…2020年3月1日(日)までに判定通知が届かない場合は、2020年3月2日(月)の8:30〜16:30の間に入試広報(TEL:086-255-5585)にお問い合わせください。
  • 判定結果についての電話でのお問い合わせ等には一切応じていません。本学発信以外の応答には責任を負いません。
入学手続

合格者は、次の手続期間内に必要書類及び入学手続金を取り揃え手続を済ませてください。

それぞれの期日までに手続を終了しない場合は、入学の意思がないものとみなします。

(1) 入学手続金

区分 入学手続金項目 金額 備考
第1次手続 入学金 300,000円 本大学院博士前期課程・修士課程からの進学者からは、入学金を徴収しません。
第2次手続 授業料(第1期分) 280,000円
施設・設備費(1年次分) 150,000円

(2) 入学手続書類

区分 手続書類 備考
第1次手続 提出書類はありません。
第2次手続
又は一括手続
所属長の同意書 学校、会社等に在職中で入学後も在籍する者のみ提出(書式自由)

(3) 入学手続期間

〈秋季〉

区分 手続期間
第1次手続 2019年9月20日(金)
〜10月2日(水)
第2次手続 2019年9月20日(金)
〜2020年3月18日(水)

[注]海外からの入学手続は、期間内必着とします。

〈春季〉

区分 手続期間
一括手続 2020年3月2日(月)
〜3月18日(水)

[注]海外からの入学手続は、期間内必着とします。

  • ※ 一括手続の入学手続金は、前記第1次手続と第2次手続の合計です。
  • ※ 入学手続金振込用紙は、一連となっています。切り離さないで必要事項を記入して、金融機関窓口(ゆうちょ銀行は不可)から振り込み納入してください。ATMやインターネットバンキングなどで振り込みをされた場合は、振込通知書(C票)に取扱店収納印が押されないため、手続完了とすることができません。
  • ※ 第1次手続完了者には本学から通知書類を郵送します。
  • ※ 前記手続(入学手続金の納入)が完了した場合は、入学許可書を本人宛に郵送します。領収書は大切に保管してください。
  • ※ 所属長の同意書は、第2次手続または一括手続締切日から1週間以内に、提出してください。

(4) 入学辞退者への納付金返還に係る対応について

2020年度の大学院入学試験(一般選抜・社会人特別選抜)による第2次手続もしくは一括手続完了後の入学辞退者には、次のように対応します。

  • 1. 納入された学費等は返還しません。ただし、次の期間に本学が定める手続により入学を辞退した場合に限り、入学金を除く学費等(授業料、施設・設備費等)は、それに相当する額を返還します。

    ⅰ)郵送の場合は、簡易書留速達郵便で2020年3月31日(火)の消印有効。

    ⅱ)本学入試広報部に持参の場合は、2020年3月31日(火)16:30まで。

  • 2. 2020年4月1日(水)以降に辞退した場合には、学費等納入金は返還しません。
  • 3. 納付金返還を希望する者は、「入学辞退届・学費等返還金振込先金融機関届」に必要事項を記入し、第2次手続もしくは一括手続完了者に送付される「入学許可書」を添え、入試広報部へ提出してください。
  • ※ 返還手続に必要な入学手続要項及び手続書類(「入学辞退届・学費等返還金振込先金融機関届」等)は、合格者に判定通知とともに送付します。
  • ※ 必要な手続を完了した場合は、4月末日頃に銀行振込により所定の納付金を返還します。
  • ※ 返還の対象となるのは、第2次手続もしくは一括手続完了者のみです。第1次手続のみ完了している場合は、返還の対象とはなりません。