ノートルダム清心女子大学ノートルダム清心女子大学

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • LINELINE
  • InstagramInstagram
  • manaba
  • ENGLISH
  • 検索検索

基本情報
カリキュラムの特徴

HOME > 大学概要 > カリキュラムの特徴

学びの特徴

リベラル・アーツ教育とは
~豊かな人間性に結びついた知性を育む「全人教育」~

ノートルダム清心女子大学は、その教育理念に「真の自由人の育成」を掲げています。この「自由」とは決して自己中心的とか勝手気まま、という意味ではありません。真の自由、それは自らによって考え、選択し、責任を負っていくこと、すなわち「何かからの」自由ではなく「何かのために」自分の生き方を主体的に選び取っていく自由のことです。本学の「リベラル・アーツ教育」は、こうした意味での「自由」への志向を育むものであり、それはただ知識の幅を広げるにとどまらず、根本的な部分で自分自身の生き方を問い直し、方向付けるためのものです。それぞれの学科で学ぶ専門的な知識や技術は、それを「何のために」使うべきかを知らなければ、ただの道具にすぎません。専門的な学びを、自分の人生の課題へと統合することが、大切なのです。そしてこれこそは真の意味での「キャリア教育」でもあると言えるでしょう。キリスト教精神に基づき「知の全人的統合」を図るリベラル・アーツ大学として、本学ではそれぞれの「学科科目」の学びを包み込む「全学共通科目」の枠組みを設け、総合的な判断のできるバランスのとれた人間性の育成をめざしています。

全学共通科目
~リベラル・アーツ教育は豊かなキャリア教育~

カトリックの大学として、キリスト教精神に基づく人格教育の伝統を大切にしている本学では、自己の世界を深く耕し、生きる意味を追求することのできる必修科目や選択科目を「全学共通科目」として数多く開講しています。めまぐるしく変化する社会に開かれた姿勢を持ちながらも、時代に流されるのではなく、本当に大切なことを見分け、愛をもって他者に奉仕していくことのできる「真の自由人」を育むこと。そのために「人間論」を中心とした「キリスト教科目」をはじめ、立体的で多様なプログラムが準備されています。
2014年度からは、現代社会への幅広い視野や、対話的思考力を養う「自立力育成科目」が加わり、生涯を通じての社会との結びつきを深く意識させる豊かな「キャリア教育」としてのリベラル・アーツ教育を実現しています。

リベラル・アーツ教育

各科目・学部の履修系統図

少人数制(ゼミ)

すべての学年、学科において少人数制の授業を組み込んでいます。学生が主体になって進めていく授業を1年次より重ねることで、一人ひとりが学問を探求し、より専門知識を深めることができます。学生が互いに意見交換し合うことで、コミュニケーション能力も育成されます。

初年次教育

各学科では、基礎演習や基礎研究等の授業を通じて、教育目標・教育方針に則った様々な教育を1年生に対して行っています。これらの授業から学生は、大学で学ぶために必要な問題発見・課題解決型の学修姿勢を体得し、それぞれの興昧・関心に沿った研究を深めていきます。

アドバイザー制度

各学科で、学生一人ひとりに専任教員をアドバイザーとして割当て、安心して学生が個別に相談できる体制を用意。学生が抱える様々な問題に対し、専任教員を中心に関連する教職員が一丸となり、迅速な解決に努めます。

オムニバス授業

1つのテーマに沿って、複数の講師陣がオムニバス形式で授業をしていく新しい授業形態を導入しています。様々な視点から論じられる授業を通して、学生は幅広い学問知識とともに、一人の人間としての自分の意見を見いだし、学んでいきます。

卒業論文

4年生の学修の中核として全学科の全ての学生に卒業論文が課せられます。4年間の学生生活の集大成として学生一人ひとりが全力で卒業論文に取り組めるように少人数の卒論ゼミによる、個人の関心や能力に応じたきめ細やかな徹底した指導が行われています。

単位互換制度

この単位互換制度は、「大学コンソーシアム岡山」参加大学間において互いに学生の受け入れを行い、それぞれの受入大学において修得した単位を、所属大学の正規の単位として組み入れる制度です。この制度を利用して他大学で履修する学生を「単位互換履修生」と呼びます。第1期については4月に、第2期については7月又は9月に出願受付を行う予定です。 開講科目等詳細は、大学コンソーシアム岡山ホームページ外部リンクを参照して下さい。