ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学からのお知らせ

  1. HOME>
  2. ノートルダム清心女子大学 原田豊己学長 新任挨拶

大学からのお知らせ

2017年04月01日

ノートルダム清心女子大学 原田豊己学長 新任挨拶

このたび、原田豊己客員教授が、2017年4月1日付で、ノートルダム清心女子大学学長に就任しました。任期は4年間です。

新学長就任のご挨拶


ノートルダム清心女子大学学長
原田豊己 カトリック広島司教区司祭


 4月1日からノートルダム清心女子大学の学長に就任いたしました。1949年の初代学長シスター・メリー・コスカから6代目となります。「神が植えられたところで咲きなさい」(故シスター渡辺和子理事長)の言葉に励まされ、職務を全うしたいと思います。


「物語り」のある大学
 1981年2月聖ヨハネ・パウロⅡ世教皇は、広島の平和公園から「過去を振り返ることは未来に対する責任をおうことです」で始まる言葉で平和と核廃絶を全世界に向け語られました。「過去を振り返る」ことの重要性を絶えず思い起こします。
 本学の「物語り」は、一人の修道女から始まります。
 1751年北フランスで生まれた聖ジュリー・ビリアートは、当時のフランスでは教育の機会がわずかの人にしか与えらない状況のもと、自らも正規の学校教育を受ける機会がありませんでした。しかしながら、カトリック教会の信仰の中で、豊かな知性と常識を持つ少女に育ってゆきます。時代はフランス革命の動乱期、自身も30年にわたる病床生活を余儀なくされます。
 1804年ノートルダム修道女会の名で教育事業を始めることを決意するとき、聖ジュリー53歳でした。
「善き神のいかに善きことよ(Ah! Qu'il est bon le bon Dieu!)」いつもこの言葉を口ずさんでいた聖ジュリーは、1816年ベルギーのナミュールで亡くなりました。
 1924年(大正13年)志を継いだ6名のシスターが来日し、岡山の地で女子高等教育を始めます。
戦時下にあってアメリカ人シスターたちが「敵国人」として広島県三次で収容生活を余儀なくされた時代、1944年(昭和19年)に本学の前身となる岡山清心女子専門学校が開設されます。岡山大空襲では、学生14名の尊い命が奪われました。
 戦後1949年(昭和24年)ノートルダム清心女子大学は、岡山県で最初の四年制女子大学として再出発します。初代学長シスター・メリー・コスカは、次のように語っています。
「わたしたちの大学の目的は、...自由教育を実施...。
わたしたちの大学は、知性と道徳の面で学生を成長させる機会をつくる...。知性と心は、...将来の職業と...社会生活において適切な調和を育成するからです」
 善き神によって創造された人間が、真の自由人として真・善・美を追求する本学の基礎が築かれました。
 このように、本学の教育の原点である「リベラル・アーツ」教育は、初代学長によって宣言され、多くの物語りの中で育まれてきました。
 愛の人ヘレン・ケラー、聖マザーテレサなどが訪問された「世界に開かれた」大学、「リベラル・アーツ」大学として、過去を振り返りながら世界の平和と発展に貢献する人材を育てていく物語りを紡いでゆきたいと思います。