ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

教員紹介|教員・スタッフのプロフィールをご紹介します。

小林謙一
小林謙一
Ken-Ichi KOBAYASHI
所属 人間生活学部 食品栄養学科
職名 教授

教員からのメッセージ

リベラル・アーツの大きな目標の一つは、「人格の陶冶(とうや)」です。「人格の陶冶」とは、「生きる意味(いみ)」を徹底的に考え抜き、やさしい「心」で最善の「判断」ができるようになることだと思います。
私は、「食べる」という意味(いみ)を、生化学、基礎栄養学という学問分野から、実験科学的手法を用いて、学生の皆さんと一緒に考究することを通じて、皆さんといっしょに人格の陶冶を目指していければと思います。

Message

連絡先

k4kobaya●post.ndsu.ac.jp (●を@に変えてください)

大学院担当

人間生活学研究科 食品栄養学専攻 修士課程
人間生活学研究科 人間生活学専攻 修士課程
人間生活学研究科 人間複合科学専攻 博士後期課程

所属学会

日本農芸化学会
日本栄養・食糧学会
日本食生活学会
日本アミノ酸学会
日本トリプトファン研究会
日本食品保蔵科学会
日本食品科学工学会
日本生化学会
日本ビタミン学会
日本腎臓学会
日本消化吸収学会
日本組織細胞化学会
日本フードファクター学会
日本ポリフェノール学会
トランスポーター研究会
International Society for Tryptophan Research (ISTRY)
International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences (ISSAAS)

取得学位

博士(農学)(京都大学)

出身大学院・研究科等

京都大学 大学院農学研究科 応用生命科学専攻 修士課程 修了
京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻 博士後期課程 修了

出身大学・専攻等

三重大学 生物資源学部 生物資源学科 農芸化学コース 卒業

職歴

2004年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)(2005年3月まで)
2005年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)(2006年3月まで)
2005年4月 青山学院大学 総合研究所 客員研究員(2007年3月まで)
2006年4月 東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科 助手(2007年3月まで)
2007年4月 東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科 助教(職階変更による)(2016年3月まで)
2009年4月 つくば国際大学 医療保健学部 保健栄養学科 非常勤講師 (2013年9月まで)
2011月5月 シドニー大学 オーストラリア顕微鏡・微量解析センター 客員研究員
      The University of Sydney, Australian Centre for Microscopy & Microanalysis, Visiting Scholar
      (2012年3月まで)
2016年4月 東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科 准教授(2017年3月まで)
2017年4月 ノートルダム清心女子大学 人間生活学部 食品栄養学科 教授
      ノートルダム清心女子大学 大学院人間生活学研究科 食品栄養学専攻 修士課程
      ノートルダム清心女子大学 大学院人間生活学研究科 人間複合科学専攻 博士後期課程 教授
     (現在に至る)

研究分野(キーワード)

栄養生化学、基礎栄養学、アミノ酸科学、食生活学、食品機能学、腎臓栄養学、ポリフェノール

論文

横山 千鶴子、前田 幸恵、石川 幸枝、鈴木 司、小林 謙一、辻井 良政、高野 克己、中川 徹、山本 祐司、玄米の長期継続摂取(90日間)による血中コレステロール値低減効果の検証、日本食生活学会誌(査読有)、28(2)、89-95 (2017) 

◇ 松本 雄宇、津村 孝之、貴家 康尋、福井 勝、田所 忠弘、鈴木 司、小林 謙一、山本 祐司、大豆乳酸菌発酵物はNrf2/SHP経路の活性化を介して血中および肝臓中脂質を減少させる、日本食生活学会誌(査読有), 27(2), 101-108 (2016)

白井 智美、影山 洋平、佐藤 拓也、柳楽 大気、相澤 有美、志賀 孝宏、田所 忠弘、鈴木 司、小林 謙一、山本 祐司、メタボローム解析法を用いたコーヒー摂取が代謝変動を介してEkerラットの腎腫瘍形成に及ぼす影響の解析、日本食生活学会誌(査読有), 27(1), 49-56 (2016)

松本 雄宇、鈴木 司、山本 祐司、小林 謙一、ヒト大腸癌由来培養細胞Caco-2における蛍光標識化イソフラボンの細胞内動的イメージング 、消化と吸収(査読有),38, 113-116 (2016)

Aizawa Y, Shirai T, Kobayashi T, Hino O, Tsujii Y, Inoue H, Kazami M, Tadokoro T, Suzuki T, Kobayashi KI, Yamamoto Y., Metabolic abnormalities induced by mitochondrial dysfunction in skeletal muscle of the renal carcinoma Eker (TSC2+/-) rat model. Biosci Biotechnol Biochem.(査読有)31:1-7. (2016)

Shirai T, Shichi Y, Sato M, Tanioka Y, Furusho T, Ota T, Tadokoro T, Suzuki T, Kobayashi K, Yamamoto Y., High dietary fat-induced obesity in Wistar rats and type 2 diabetes in nonobese Goto-Kakizaki rats differentially affect retinol binding protein 4 expression and vitamin A metabolism. Nutr Res., (査読有) 36 (3):262-270.(2016)

小林 謙一, 山岸 彩乃, 中川 徹, 前田 雪恵, 伊藤 有紗, 山田 千晴, 徳永 洸貴, 藤田 沙也, 鈴木 司, 辻井 良政, 高野 克己, 山本 祐司, アルファ化玄米が肥満モデルラットにおける血中コレステロール値に及ぼす影響, 日本食品保蔵科学会誌, (査読有)42 (1), 3-8,(2016)

小林 謙一, 茂木 裕暉, 高橋 明日香, 相澤 有美, 鈴木 司, 山本 祐司, オリーブ葉由来ヒドロキシチロソール蛍光化誘導物を用いた細胞内動態解析法について, 日本食品保蔵科学会誌, (査読有)42 (1), 23-28,(2016)

Aizawa Y, Shirai T, Kobayashi T, Hino O, Tsujii Y, Inoue H, Kazami M, Tadokoro T, Suzuki T, Kobayashi K, Yamamoto Y., The tuberous sclerosis complex model Eker (TSC2+/-) rat exhibits hyperglycemia and hyperketonemia due to decreased glycolysis in the liver. Arch Biochem Biophys. (査読有) 590, 48-55. (2016)

Inoue H, Kobayashi K, Ndong M, Yamamoto Y, Katsumata S, Suzuki K, Uehara M, Activation of Nrf2/Keap1 Signaling and Autophagy Induction against Oxidative Stress in Heart in Iron Deficiency Biosci Biotechnol Biochem.(査読有) 79 (8), 1366 -1368, (2015)

小林 謙一、松本 雄宇、廣田 弥里、遠田 昂史、寺本 明子、吉野 美香、山本 祐司、 田所 忠弘: 高脂肪食摂取ラットにおけるシルク(家蚕・野蚕)パウダー排便促進効果および 糞中脂質排泄促進効, 日本食生活学会誌(査読有), 25, 185-190 (2014)

Kobayashi K, Cheng D, Huynh M, Ratinac KR, Thordarson P, Braet F. Imaging fluorescently labeled complexes by means of multidimensional correlative light and transmission electron microscopy: a practical approach. Methods Cell Biol, (査読有), 111, 1-20 (2012)

Kobayashi K, Huynh M, Cheng D, Thordarson P, Braet F. Correlative light and electron microscopy studies on human colorectal cancer cells in vitro. In: Sheppard C, Wohland T, Brakenhoff F, eds. Conference Proceedings Focus on Microscopy 2012. Singapore: Focus on Microscopy Society, (査読無)113.(2012)

M. Hagiwara, H. Shinomiya, M. Kashihara, K. Kobayashi, T. Tadokoro, Y. Yamamoto. Interaction of activated Rab5 with actin-bundling proteins, L- and T-plastin and its relevance to endocytic functions in mammalian cells., Biochem Biophys Res Commun,(査読有), 407, 615-619. (2011)

H. Inoue, M. Ndong, T. Suzuki, M. Kazami, T. Uyama, K. Kobayashi, T. Tadokoro, Y. Yamamoto: Hamartin-Hsp70 Interaction Is Necessary for Akt-Dependent Tuberin Phosphorylation during Heat Shock, Biosci Biotechnol Biochem,(査読有)73, 2488-2493 (2009)

M. Ndong, M. Kazami, T. Suzuki, M. Uehara, S. Katsumata, H. Inoue, K. Kobayashi, T. Tadokoro, K. Suzuki, Y. Yamamoto: Iron deficiency down-regulates the Akt/TSC1-TSC2/mammalian Target of Rapamycin signaling pathway in rats and in COS-1 cells, Nutrition Research,(査読有)29, 640-647 (2009)

小林 謙一、夏川 大、尾形 明日美、高田 恭輔、室田 友紀子、綿谷 鮎子、寺本 明子、牧 恒雄、山本 祐司、田所 忠弘: 爆砕処理オリーブ葉粉末による脂肪吸収および胆汁酸再吸収の促進効果, 日本食生活学会誌, 20,(査読有)121-126 (2009)

M. Hagiwara, K. Kobayashi, T. Tadokoro, Y. Yamamoto: Application of SYPRO Ruby- and Flamingo-stained polyacrylamide gels to Western blot analysis. Analytical Biochemistry, (査読有)389, 171-173 (2009)

M. Hagiwara, K. Kobayashi, T. Tadokoro, Y. Yamamoto: Faster and more convenient Far-western blotting for identifying Rab5-binding proteins. J. Agric. Sci.., Tokyo Univ.  Agric., 東京農大農学集報, (査読有)53, 322-326 (2009)

M. Hagiwara, K. Kobayashi, T. Tadokoro, Y. Yamamoto: Rab5 affinity chromatography without nonhydrolyzable GTP analogues. Zeitchrift fur Naturforschung redaction C,(査読有)64, 303-306 (2009)

A. Uekawa, K. Katsushima, A. Ogata, T. Kawata, N. Maeda, K. Kobayashi, Y. Yamamoto. A. Maekawa, T. Tadokoro: Change of epigenetic control of cystathionine beta-synthase gene expression through dietary vitamin B12 is not recovered by methionine supplementation, Journal of Nutrigenetics and Nutrigenomics,(査読有)2, 29-36 (2009)

M. Hagiwara, Y. Shirai, R. Nomura, M. Sasaki, K. Kobayashi, T. Tadokoro, Y. Yamamoto: Caveolin-1 activates Rab5 and enhances endocytosis through direct interaction. Bioche Biophys Res Commun,(査読有)378, 73-78 (2009)

B. Shrestha, A. Teramoto, K. Kobayashi, Y. Yamamoto, T. Tadokoro: Physiological Study of Mustard Oil Feeding of Rats.(査読有)日本食生活学会誌, 19, 330-334 (2009)

T. Koguchi, H. Koguchi, H. Nakajima, S. Takano, K. Kobayashi, Y. Yamamoto, M. Wada, S,.Innami, A. Maekawa, T. Tadokoro: 日本食物繊維学会誌,(査読有)12, 69-81 (2008)

勝島 啓祐、上川 篤志、河田 哲典、前川 昭男、小林 謙一、田所 忠弘、山本 祐司、ビタミンB12欠乏ラットの脳におけるOtx2遺伝子発現量の変動、ビタミン(査読有)82. 595-599 (2008)

上川 篤志、勝島 啓祐、河田 哲典、小林 謙一、山本 祐司、田所 忠弘、ビタミンB-12欠乏により変動するタンパク質の同定及びメチオニン添加によるその改善効果、日本食生活学会誌(査読有)19. 142-147 (2008)

T. Suzuki, S. Das, H. Inoue, M. Kazami, O. Hino, T. Kobayashi, S. Yeung, K. Kobayashi, T. Tadokoro, Y. Yamamoto, Tuberous sclerosis complex 2 loss-of-function mutation regulates reactive oxygen species production through Rac1 activation. Biochem. Biophys. Res. Commun(査読有)368. 132-137. (2008)  

T. Imai, K. Kobayashi, Y. Arii, E. Sugimoto, A. Okuno, K. Shibata, S. Fukuoka, Analysis of Huntington's disease transgenic mice based on "Quinolinate Hypothesis". International Congress Series,(査読無)1304, 377-379 (2007)

K. Kobayashi, K. Yanagihara, K. Ishiguro. S. Fukuoka, GP2/THP gene family of self-binding, GPI-anchored proteins forms a cluster at chromosome 7F1 region in mouse genome. Biochem. Biophys. Res. Commun.,(査読有)322. 659-64 (2004)

S. Fukuoka, K. Kobayashi, Analysis of C-terminal structure of urinary Tamm-Horsfall protein (THP) reveals that mechanism of the release from the kidney GPI-anchored counterpart is phenylalanine-specific proteolysis. Biochem. Biophys. Res. Commun,(査読有)289. 1044-1048 (2001)

K. Kobayashi, S. Fukuoka, Conditions for solubilization of Tamm-Horsfall protein/uromodulin in human urine and establishment of a sensitive and accurate enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) method. Arch. Biochem. Biophys.(査読有)388. 113-120 (2001)

学会及び学会活動(役員など)

2008年5月 栄養学研究者若手の会 世話人 (2011年5月まで)
2010年5月 日本食生活学会 評議員 (2016年5月まで)
2010年7月 トランスポーター研究会 幹事 (現在に至る)
2014年5月 日本食生活学会 企画・編集委員(現在に至る)
2016年4月 日本アミノ酸学会 ポスター作成委員(2017年3月まで)
2016年5月 日本食生活学会 理事 (現在に至る)
2017年4月 日本農芸化学会 中四国支部 参与(現在に至る)

(大会役員など)
2007年3月 日本農芸化学会2007年度大会実行委員(会場担当)
2009年11月 日本食生活学会第39回大会-創立20周年記念大会-プログラム実行運営委員
2010年9月 日本食品科学工学会 第57回大会役員(懇親会担当)
2010年9月 A member of Organizing Committee of Local Society for 6th International Conference on Wild Silkmoths
2014年3月 日本栄養・食糧学会関東支部第93回シンポジウム・日本食品科学工学会平成26年度関東支部大会 実行委員(総務)
2014年8月 第8回日本ポリフェノール学会学術集会 実行委員
2015年5月 日本食生活学会 第50回記念大会 大会実行委員
2016年12月 第37回日本トリプトファン研究会学術集会 実行委員会 事務局長

著書

(教科書)
1 Nブックス 新版 食品学Ⅱ; 菅原 龍幸 監修、田所 忠弘、安井 明美 編著, 小林 謙一 他8名 共著, 建帛社(2016)
  担当部分:第2章 植物性食品 5. 野菜類
2 基礎栄養の科学 (栄養管理と生命科学シリーズ); 江頭 祐嘉合、真田 宏夫 編著, 小林 謙一 他9名 共著,理工図書)(2012)
 担当部分:無機質の栄養(第9章)および水と電解質(第10章)
3 英語で読み解く生命科学  Learning Life Science in English 寺本明子、JamesW. Hove、田所忠弘 編修; 小林 謙一 他3名 共 
 著, 建帛社)(2012)
4 化学・生化学 人体の構造と機能 (栄養管理と生命科学シリーズ); 大村 正史、本 三保子、山田 一哉 編著 小林 謙一 他10名 共著, 理工図書,担当部分:生体エネルギー学(第9章)と中間代謝の概要(第14章)(2011)

(総説、紹介記事など)

● 小林 謙一, バイオミディア,機能性食品成分の「見える化」、生物工学会誌, (査読無)94 (6), (2016)

 小林 謙一、友永 省三、藤田 萌、飯塚 宏和、伊勢 瑛、後藤 圭太、瀬崎 沙織、武井 史郎、福岡 伸一、佐々木 隆造、柴田 克己、鈴木 司、山本 祐司、トリプトファン代謝中間産物キノリン酸の蓄積は腎糸球体濾過能を低下させる、アミノ酸研究、(査読無) 9(2), 91-94, (2015)

● K.A. Jahn, D.A. Barton, K. Kobayashi, K.R. Ratinac, R.L. Overall, F. Braet. Correlative microscopy: providing new understanding in the biomedical and plant sciences. Micron, (査読有),43, 565-582. (2012)

● 小林 謙一, 新しいアプローチから見た食品機能性成分の動態研究、日本食生活学会誌、(査読無),21(1), 17-23. (2010)

(報告書)

 小林 謙一、レスベラトロールの蛍光標識化と細胞内動態追跡、公益財団法人 農芸化学研究奨励会 平成26年度 事業報告書、12-13、(2015)

 小林 謙一、蛍光標識化イソフラボンを用いた機能性食品成分の時空間的機能評価、公益財団法人 タカノ農芸化学研究助成財団 平成26年度助成研究報告書、17-24、(2015)

 小林 謙一CLEM法を用いた蛍光標識ポリフェノールの細胞内動態解析、食生活科学・文化・環境に関する研究助成 研究紀要(公益財団法人アサヒグループ学術振興財団)、28、1-6、(2015)


外部資金・競争的資金:科研費

1)基盤研究(C)平成25年度から平成27年度
「CLEM法を用いた蛍光標識食品成分の細胞内動態解析」(研究代表者)
2)若手研究(B)平成23年度から平成24年度
「ビタミンB-12の腎臓における栄養素再吸収制御機能の解明」(研究代表者)
3)特別研究員推奨費 平成16年度から平成17年度
「膜動態におけるGP2/THPファミリーの細胞生物学的機能に関する研究」(研究代表者)

外部資金・競争的資金:科研費以外

1)公益財団法人 タカノ農芸化学研究助成財団 平成26年度研究助成金、平成26年5月~平成27年5月
「蛍光標識化イソフラボンを用いた機能性食品成分の時空間的機能評価」(研究代表者)
2)一般社団法人全日本コーヒー協会 平成26 年度研究助成 、平成26年4月 ~ 平成27年3月 、
「蛍光標識化コーヒーポリフェノールを用いた大腸癌増殖抑制機構の視覚化」(研究代表者)
3)2013年度 ホクト生物科学振興財団 研究奨励金、平成25年12月 ~ 平成26年10月
「蛍光標識機能性食品成分の新規細胞内動態追跡システムの構築」(研究代表者)
4)公益財団法人 農芸化学研究奨励会 第41回 研究奨励金、平成25年12月 ~ 平成26年10月
「レスベラトロールの蛍光標識化と細胞内動態追跡」(研究代表者)
5)公益財団法人アサヒグループ学術振興財団 2013年度学術研究助成、平成25年6月 ~ 平成26年3月
「CLEM法を用いた蛍光標識ポリフェノールの細胞内動態解析」(研究代表者)
6)東京農業大学総合研究所プロジェクト(若手研究支援)平成22年度 
「ビタミンB12欠乏が腎臓におけるMegalinを介した栄養素再吸収に及ぼす影響の解析」(研究代表者)
7)東京農業大学総合研究所プロジェクト(若手研究支援)平成21年度
「腎臓におけるビタミンB12とビタミンAの協調的再吸収メカニズムの解明」(研究代表者)

受賞等

2009年5月 日本食生活学会奨励賞
2015年11月 氷川フォーラム優秀演題賞
2017年6月 (一社)日本食品保蔵科学会 平成29年度論文賞

その他研究活動

1999年4月 京都大学 食糧科学研究所 研究生(2000年4月まで)
2004年4月 青山学院大学 大学院理工学研究科 研究生(2005年3月まで) 

教育活動:作成した教科書・教材

(教科書)
1 Nブックス 新版 食品学Ⅱ; 菅原 龍幸 監修、田所 忠弘、安井 明美 編著, 小林 謙一 他8名 共著, 建帛社(2016)
担当部分:第2章 植物性食品 5. 野菜類
2 基礎栄養の科学 (栄養管理と生命科学シリーズ); 江頭 祐嘉合、真田 宏夫 編著, 小林 謙一 他9名 共著,理工図書)(2012)
 担当部分:無機質の栄養(第9章)および水と電解質(第10章)
3 英語で読み解く生命科学 Learning Life Science in English 寺本明子、JamesW. Hove、田所忠弘 編修; 小林 謙一 他3名 共 
 著, 建帛社)(2012)
4 化学・生化学 人体の構造と機能 (栄養管理と生命科学シリーズ); 大村 正史、本 三保子、山田 一哉 編著 小林 謙一 他10名 共著, 理工図書,担当部分:生体エネルギー学(第9章)と中間代謝の概要(第14章)(2011)

その他教育活動

(各種講演・講座)
1) NPO法人食べて元気しあわせネットワーク 平成29年度総会講演「慢性腎臓病とトリプトファン代謝」平成29年7月30日
2) 千葉県立柏南高等学校 出張講義 機能性食品成分の「見える化」~ポリフェノールの細胞内での「動き」をとらえよう~ 平成28年7月12日
3) 東京農業大学 グリーンアカデミー 生活健康科 講義「慢性腎臓病について知ろう」 平成27年11月16日
4) 東京農業大学 オープンカレッジ(公開講座) 食品の生産・製造・機能について~⑤ぶどうについて~ 平成27年10月3日
5) 成城大学 総合講座Ⅴ〈バイオテクノロジーと生活〉「栄養生化学から見たバイオテクノロジー」 平成27年4月15日
6) 城西大学 大学院講義「腎臓栄養学の潮流」 平成26年8月2日
7) 千葉県立柏南高等学校 出張講義「生命(いのち)」を見る ~光学顕微鏡と電子顕微鏡で機能性分子の「動き」をとらえよう~ 平成25年7月10日
8) 東京農業大学 オープンカレッジ(公開講座) 食品の生産・製造・機能について~③鍋などに使われる野菜~ 平成26年12月13日
9) 東京農業大学 オープンカレッジ(公開講座) 食品の生産・製造・機能について~②ジャガイモ~ 平成26年7月5日
10) 日本アルコール原料協同組合 第5回研修会「栄養生化学入門」~なぜ、我々は食べ続けなければいけないのか~ 平成26年3月19日
11) 東京農業大学 オープンカレッジ(公開講座) 食品の生産・製造・機能について~①日本茶~ 平成25年10月5日(東京情報大学)10月19日(東京農業大学)
12) 東京農業大学 農楽入門「食べる」ことと「生きる」こと-栄養化学を“ロバストネス”から考える- 平成21年7月10日
本講演は世田谷教育委員会が開設している「せたがやeカレッジ」というサイトでも一般に公開している
(http://setagaya-ecollege.com/contents.php/153/353/index.html)。
13) 出張講義 開智高等学校 栄養生理化学入門 ~からだの「内」と「外」のものがたり~ 平成20年10月11日
14) 出張講義 東京都立日野台高等学校 「食べなければならない」理由(わけ) 平成19年9月14日
(その他)
1999年4月 京都大学国際交流会館おうばく分館主事補佐(2004年3月まで)

担当科目

所属学科

生化学Ⅰ、生化学Ⅱ、基礎栄養学、生化学実験、基礎栄養学実習、栄養学基礎演習,栄養学応用演習,卒業研究

大学院

栄養学特論、栄養学演習(食品栄養学専攻)
食環境特論(人間生活学専攻)
食品栄養論、課題研究(人間複合科学専攻)

その他

NPO法人 食べて元気しあわせネットワーク 理事 (2017年7月より)