ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

教員紹介|教員・スタッフのプロフィールをご紹介します。

豊田尚吾
豊田尚吾
Toyota Shogo
生年 1962年
所属 人間生活学部 人間生活学科
職名 教授

教員からのメッセージ

経済学、経営学というととっつきにくい印象をもたれるかもしれません。しかし「ウェルビーイング(よい生活、よい生き方)の実現」「潜在能力の発揮」「幸福の経済学」といった、多様なテーマに挑戦できる学問でもあります。生活という視点から、社会の一員としての人間を考えていきましょう。

Message

連絡先

toyota[at]post.ndsu.ac.jp
※[at]=@です

大学院担当

人間生活学研究科人間生活学専攻

所属学会

日本経済学会、生活経済学会

取得学位

博士(国際公共政策)

出身大学院・研究科等

大阪大学大学院 国際公共政策研究科 後期課程 1998年修了

出身大学・専攻等

大阪大学 経済学部経済学科 1985年卒業

職歴

1985年-2015年 大阪ガス株式会社
(うち1998年-2015年 エネルギー・文化研究所に所属)
1988年-1990年 (社)日本経済研究センター 経済分析部
1990年-1991年 米国コロンビア大学 東アジア研究所 プロフェッショナルフェロー
2002年-2004年 学習院大学経済学部 特別客員教授
2004年-2005年 学習院大学経済学部 非常勤講師
2004年-2006年 大阪産業大学経済学部 非常勤講師
2004年-2010年 関西学院大学経済学部 非常勤講師
2010年-2012年 立命館大学政策科学部 非常勤講師
2015年-    ノートルダム清心女子大学人間生活学部人間生活学科 教授

研究分野(キーワード)

生活経営学、生活経済学、行動経済学

論文

「環境とエネルギーに関する意識調査による生活者分類」、単著、学習院大学経済学部「経済論集」第40巻第1号(通巻118号)、p31-44、2003年4月

「生活者のリスク認知と評価に関するデータ分析」、単著、学習院大学経済学部「経済論集」第40巻第2号(通巻119号)、p131-155、2003年7月

「生活者のリスク認知と評価に関するデータ分析(Ⅱ)」、単著、学習院大学経済学部「経済論集」第40巻第4号(通巻121号)、p363-371、2004年1月

「 生活者のリスク認知と評価に関するデータ分析(Ⅲ)―共分散構造分析による,構成概念妥当性の検証―」、単著、学習院大学経済学部「経済論集」第41巻第1号(通巻122号)、p17-32、2004年4月

「震災後の消費者のエネルギー政策に対する意識分析」、単著、関西学院大学経済学部「産研論集」39号、p21-33、2012年11月

「倫理的消費商品と消費者心理との関連性」、共著(高橋広行氏との共著)、繊維製品消費科学会「繊維製品消費科学」、p78-86、2012年12月

「生活意識から見る男女の違いと主観的幸福度」、単著、一般財団法人ゆうちょ財団「季刊 個人金融」Vol8,No4、p13-26、2014年1月

エシカル商品の購買を促す社会的価値のコミュニケーション : キーコンセプトの提示による価格受容度の変化を通じて」、共著(高橋広行氏との共著)、日経広告研究所「日経広告研究所報 49(1)、 p10-17、 2015年2月

著書

「地球温暖化とグリーン経済」、生産性出版、2012年12月12日、共著、ISBN978-4-8201-2009-4  

受賞等

1990年 東洋経済新報社 高橋亀吉記念賞 佳作受賞
1998年 東洋経済新報社 高橋亀吉記念賞 優秀賞受賞
1999年 読売新聞社 第5回読売論壇新人賞 佳作受賞
2001年 東洋経済新報社 高橋亀吉記念賞 佳作受賞

担当科目

所属学科

生活経済学、生活経営学、現代経済学、現代経営学、生活経営学特講、人間生活学基礎研究、人間生活学演習ⅠB、人間生活学演習Ⅱ

大学院

生活経営学特論