ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

教員紹介|教員・スタッフのプロフィールをご紹介します。

西尾和美
西尾和美
Nishio Kazumi
生年 1957年
所属 文学部 現代社会学科
職名 教授

教員からのメッセージ

「歴史の中の人々」という言い方があるように、歴史は国家や社会だけではなく、各人の生涯にも跡を刻みます。ただ、過去の人々も現代の私たちと同じく、歴史ではなくまず自分の人生を生きていたことでしょう。そのようなことにも心触れつつ、立ち返って現代社会を見つめ直す歴史学を大学で学んでください。

Message

連絡先

nishio@post.ndsu.ac.jp

大学院担当

文学研究科社会文化学専攻

所属学会

日本史研究会、歴史学研究会、大阪歴史学会、総合女性史学会、ジェンダー史学会、四国中世史研究会ほか。

取得学位

博士(文学)、大阪大学、2006年11月

出身大学院・研究科等

大阪大学大学院文学研究科博士後期課程、1987年3月単位取得満期退学

出身大学・専攻等

大阪大学文学部史学科国史学専攻、1980年3月卒業

職歴

1992年4月~1996年3月 松山東雲女子大学人文学部人間文化学科専任講師
1996年4月~2002年3月 松山東雲女子大学人文学部人間文化学科助教授
2002年4月~2007年3月 松山東雲女子大学人文学部人間文化学科教授
2007年4月~2011年3月 松山東雲女子大学人文科学部国際文化学科教授
2011年4月~2014年3月 湯築城資料館名誉館長
2014年4月~      ノートルダム清心女子大学文学部現代社会学科教授

研究分野(キーワード)

日本史、日本中世史

論文

「毛利元就継室たちと関ヶ原」『ノートルダム清心女子大学紀要』第40巻第1号文化学編、pp97-112、2016年3月、単著

「戦国時代毛利氏の女性―尾崎局の生涯―」細川涼一編『生活と文化の歴史学7 生・成長・老い・死』竹林舎、PP427-457、2016年2月、単著

「毛利元就継室『中の丸』の出自」、京都橘大学『女性歴史文化研究所紀要』第22号、pp51-64、2014年3月、単著

「宝永四年地震の中の家族とその史料」、『災害・復興と資料』第4号、pp1-13、2014年3月、単著

「『予章記』に探る中世河野氏の歴史構築」、『四国中世史研究』第12号、pp79-100、2013年8月、単著

「豊臣期から江戸初期における毛利氏妻室に関する一考察」、京都橘大学『女性歴史文化研究所紀要』第21号、pp19-32、2013年3月、単著

「毛利輝元養女の婚姻と清光院」、『鳴門史学』第26輯、pp1-26、2013年3月、単著

「田端泰子氏と中世女性史研究の現在」、京都橘大学『女性歴史文化研究所紀要』第20号、pp3-16、2012年3月、単著

「毛利輝元養女と興正寺門跡の婚姻に関する一考察」、『松山東雲女子大学人文科学部紀要』第19巻、pp141-164、2011年3月、単著

「豊臣政権と毛利輝元養女の婚姻」、川岡勉・古賀信幸編『日本中世の西国社会1』清文堂出版、pp103-144、2010年12月、単著

「伊予河野氏文書の近江伝来をめぐる一考察」、『四国中世史研究』第10号、2009年8月、pp35-55、単著

「高野参詣と上洛」、川岡勉編『高野山上蔵院文書の研究』愛媛大学教育学部、pp83-96、2009年3月、単著

学会及び学会活動(役員など)

2011年8月~2013年8月 四国中世史研究会編集委員

著書

『山口市史』史料編 中世、山口市、2016年3月、川岡勉、伊藤幸司、大谷史子、西尾和美、真木隆行、pp40-51、pp705-1028、共著

『戦国期の権力と婚姻』清文堂出版、2005年11月、西尾和美、単著

『伊予河野氏と中世瀬戸内世界』愛媛新聞社、2004年8月、川岡勉・西尾和美、pp110-198、共著

『羽曳野市史』第1巻本文編、羽曳野市、1997年3月、吉田晶・田中文英ほか13名、pp857-869、共著

外部資金・競争的資金:科研費

奨励研究(A)、「日本中世における『家』と『他人』の成立に関する社会史的研究」、1993年度
基盤研究(C)研究分担者、「中世伊予における高野参詣と弘法大師信仰に関する基礎的研究」(研究代表者:愛媛大学教育学部教授川岡勉)、2006~2008年度
基盤研究(B)研究協力者、「前近代の地震による家屋倒壊率と津波到達地点の研究-1707年宝永4年地震を中心に―」(研究代表者:新潟大学人文学部教授矢田俊文)、2012~2014年度


外部資金・競争的資金:科研費以外

愛媛大学法文学部学部長裁量経費 研究分担者、「地域の記憶とアイデンティティ形成」(研究代表者:愛媛大学法文学部教授吉田正広)、2013年度

その他研究活動

2013年4月~2015年3月 京都橘大学女性歴史文化研究所研究員

担当科目

所属学科

日本社会史Ⅰ、社会史特講Ⅰ、史料講読Ⅰほか。

大学院

日本社会史特論、社会史演習

その他活動

2002年11月~徳島県文化財保護審議会委員
2011年4月~2016年3月 山口市史「史料編」編纂専門委員
2012年9月~愛媛県文化財保護審議会委員
2013年4月~2015年3月 松山市文化財保護審議会委員