ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

教員紹介|教員・スタッフのプロフィールをご紹介します。

葛生栄二郎
葛生栄二郎
Kuzuu Eijirou
生年 1958年9月7日
所属 人間生活学部 人間生活学科
職名 教授

教員からのメッセージ

大学での学問には教師も生徒もありません。みんな迷ったり、失敗したりしながら進んでいく冒険のようなもの。ユニークなアイデアやひらめきがあれば誰でも新しい発見ができる、それが大学の勉強のおもしろさだと思います。

Message

連絡先

ekuzuu@post.ndsu.ac.jp

大学院担当

人間生活学研究科人間生活学専攻

所属学会

日本法哲学会、日本生命倫理学会ほか

取得学位

博士(法学)

出身大学院・研究科等

上智大学大学院法学研究科博士後期課程修了

出身大学・専攻等

上智大学法学部法律学科卒

研究分野(キーワード)

法哲学、社会倫理学。基礎理論では、自然法とその歴史的可変性・文化的相対性の問題。応用では、生殖医療や終末期医療における法や倫理の問題。

論文

葛生栄二郎|論文検索|CiNii▶
※検索結果には、論文が網羅されない場合や、同姓同名の著者が含まれる場合があります。

書評 「普遍的倫理の探究―自然法の新たな展開」 ノートルダム清心女子大学キリスト教文化研究所年報XXXIV 2012年3月

寄稿文「ホセ・ヨンパルト先生を偲んで」成文堂『法の理論31』2012年11月

論文「ケア倫理の普遍化可能性」日本看護倫理学会誌5巻1号 2013年3月

論文「ケア倫理と自然法」成文堂『法の理論32』2013年11月

学会及び学会活動(役員など)

日本法哲学会、日本生命倫理学会ほか

著書

葛生栄二郎|著作紹介|Webcat plus▶
※検索結果には、論文が網羅されない場合や、同姓同名の著者が含まれる場合があります。

自由社会の自然法論 法律文化社 平成10年6月

新・いのちの法と倫理 法律文化社 平成21年11月

ケアと尊厳の倫理 法律文化社 平成23年2月

平和と人権の憲法学 法律文化社 平成23年3月

教育活動:作成した教科書・教材

新・人間福祉学への招待 法律文化社 2010年3月

担当科目

所属学科

社会倫理学I、IIほか

全学共通科目等

日本国憲法Ⅰ

大学院

人間社会論特講

学内組織における職歴(役職等)

人間生活学部長
人間生活学科|人間・福祉学コース 人間関係学研究室
人間生活学専攻|人間社会論
人間複合科学専攻|生活文化論