ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

教員紹介|教員・スタッフのプロフィールをご紹介します。

鈴木 真
鈴木 真
スズキ マコト
生年 1974年
所属 文学部 現代社会学科
職名 准教授

教員からのメッセージ

 最近では毎日のように,東アジアの国際関係や諸問題についてのニュースを耳にします。現在のような東アジア社会はどのように形成され,今日に至っているのでしょうか。中国をはじめとして,アジアの歴史・文化に興味のある人,本学科で一緒に学んでみませんか。

Message

取得学位

博士(文学)

出身大学院・研究科等

筑波大学大学院博士課程(一貫制)歴史・人類学研究科修了(2004)

出身大学・専攻等

筑波大学第一学群人文学類卒業(1997)

職歴

2003年4月:いわき明星大学教養部 非常勤講師(~2006年3月)
2004年4月:日本学術振興会特別研究員(PD、一橋大学)(~2005年3月)
2005年4月:筑波大学大学院人文社会科学研究科 講師(~2009年3月)
2009年4月:ノートルダム清心女子大学文学部現代社会学科 講師(~2011年3月)
2011年4月:同 准教授(現在に至る)

研究分野(キーワード)

 近世中国の清朝(1636~1912)統治下において,満洲人や漢人がどのような社会の「しくみ」の中で生きていたかを主に研究しています。
 近年取り組んでいるテーマは,清朝において漢人の塩商人がどのような手段で抬頭していったのか,満洲人の高級官僚とどのような関係を構築していたのか,それらが当時の中国社会にどのような影響を与えていたのか,という問題です。

論文

鈴木 真|論文検索|CiNii▶
※検索結果には、論文が網羅されない場合や、同姓同名の著者が含まれる場合があります。

担当科目

所属学科

アジア社会史I、アジア社会史II、史料講読Ⅲ、社会史特講Ⅳ、ほか

全学共通科目等

歴史学Ⅲ

大学院

アジア社会史特論(中国思想史特論)

学内組織における職歴(役職等)

現代社会学科(社会史コース)

文学研究科社会文化学専攻(修士課程)