ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

清心News

  1. HOME>
  2. 清心News一覧>
  3. 2017年度DOCOMOMO Japanに本学のノートルダムホール本館・東棟が選定

清心News

2018年08月03日

2017年度DOCOMOMO Japanに本学のノートルダムホール本館・東棟が選定

お知らせ その他

2018年7月3日に、本学のノートルダムホール本館と東棟が DOCOMOMO Japanによる「日本におけるモダン・ムーブメントの建築216選」に選定されました。
DOCOMOMO Japanとは、ポルトガルのリスボンを本部とし、20世紀のモダン・ムーブメント(近代運動)に関する近代建築とその環境の記録・保存・評価・調査を行う国際的学術組織 DOCOMOMO(略称:ドコモモ)の日本支部です。

この度、2017年度の新規選定として、本学のノートルダムホール本館・東棟が、保存の重要性の高い近代建築として選ばれました。

ノートルダムホール東棟

ノートルダムホール東棟

岡山県内では、これまで大原美術館分館・倉敷国際ホテル・岡山県庁舎などが選定されています。

2017年度 DOCOMOMO Japan 選定作品


ノートルダムホール本館・東棟
「日本近代建築の父」アントニン・レーモンドの設計により建てられ、起工90周年の記念の年を迎えました(竣工1929年)。 日本における昭和初期のモダニズム建築として貴重な存在であり、今も当時のままで使われ続けている素晴らしい建築遺産であることから、2007年に文化庁から国の登録有形文化財として登録されています。

清心アーカイブズ|清心の風景


大学祭(10月28日)では記念講演会を開催する予定です。
詳細が決まりましたら、本学ホームページでお知らせします。

お問い合わせ
広報室 086-252-3107