ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

清心News

  1. HOME>
  2. 清心News一覧>
  3. 日本語日本文学科│遠藤周作『沈黙』とスコセッシ監督「沈黙―サイレンス―」をめぐって│山根道公│日文エッセイ173

清心News

2018年03月08日

日本語日本文学科│遠藤周作『沈黙』とスコセッシ監督「沈黙―サイレンス―」をめぐって│山根道公│日文エッセイ173

お知らせ 学部・大学院

日本語日本文学科ブログが更新されました。

山根道公教授の「遠藤周作『沈黙』とスコセッシ監督「沈黙―サイレンス―」をめぐって」が掲載されました。
先生の授業では遠藤周作の『沈黙』をよく取り上げるそうです。不寛容な時代において、自分を裏切った者を許すことがどれほど困難なことであるか、人間の魂の領域を描いた小説『沈黙』について論じています。

続きは以下からご覧ください。

遠藤周作『沈黙』とスコセッシ監督「沈黙―サイレンス―」をめぐって│山根道公│日文エッセイ173