ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

学生生活

  1. HOME>
  2. 学生生活>
  3. 国際交流活動

国際交流活動

国際交流への取り組み

2015年4月現在、海外に8つの姉妹校をもち、アメリカ、イギリス、カナダ、中国など、全6カ国14大学と留学協定を結び、2年生以上の全学生に海外の13大学で学ぶ機会を与えています。期間は半年もしくは1年で留学中は在学期間とみなされ、修得した単位は最大60単位まで卒業要件単位として認められます。また、中国、台湾の協定大学からの留学生の受け入れを行い、在学生との交流会を実施しています。
夏季には、全学生を対象として3~4週間ビクトリア大学(カナダ)で語学研修(夏季海外英語研修)を実施しています。ビクトリア大学での授業をはじめ、ホストファミリーの家に滞在し、英語力向上や多文化理解を深めます。

活動の様子

夏季海外英語研修

寺井美紀
文学部 英語英文学科(2014年度入学生)
ビクトリア大学(カナダ)2015年8月

私は、日本に帰国してからもしばらくカナダで過ごした日々のことばかりを考えていました。出会った温かい人々、美しい森、穏やかな海。それだけカナダでの経験は私にとって新鮮なことばかりでまるで夢だったかのような感じさえしました。カナダの人々は本当に親切な方ばかりで、私達が困っている時は嫌な顔一つせず誰もが手を差し伸べようとしてくれました。現地での生活を通して英語を学んだだけでなく、カナダの文化に触れ、周りの国から見た日本というものをより意識できるようになりました。今回この研修に参加して本当によかったと思います。今までで一番楽しい夏を過ごすことができました。

長期海外留学

牧野七海
文学部 現代社会学科(2013年度入学生)
ビクトリア大学(カナダ)2014年9月~2015年4月

カナダ・ビクトリア大学での7か月の生活は、日本では得られない経験の連続でした。カナダに着いたときは英語が聞き取れず不安でしたが、優しいホストファミリーやルームメイトに恵まれ環境に慣れていきました。学校では少人数のクラスで先生と距離の近い授業だったので、学ぶことにとても積極的になれました。また、近くの中学校を訪れたり美術館をめぐったりなどの校外活動で、ビクトリアの魅力を知ることができました。

学校から与えられる課題も毎日行われるディスカッションやプレゼンテーションもレベルの高いものを求められましたが、すべてを最後のチャンスだと思い一つ一つ丁寧に全力を尽くしました。中でも最後の2か月間を通して行われたベイクセールでは先生方があらゆる手段を駆使してチャリティーとは何かを教えてくださいました。この企画は、英語だけでなく世界が直面している問題とその解決のために自分ができることはなにかと考えさせられる機会となりました。

留学を通して得たことは、柔軟な発想、生活への適応力や自分の意見を発信する力など数え切れませんが、これからも社会の役に立つことを目標に努力を続けたいと思います。

最後に、このたびの留学で私を支えてくださったすべての方、先生そして両親に深く感謝しております。

留学生との交流会

本学のクラブであるI.S.A.(International Student Association)の主催で年2回、本学に留学している中国、台湾の外国人留学生との交流会を実施しています。
留学生を囲んで中国や台湾の文化や言葉を交えたゲームや、歓談をし、交流を深めています。

外国人留学生との交流会

2015年6月24日(水)にI.S.A.(International Student Association、本学のクラブ)の主催で、台湾、中国の協定大学から1年間本学に留学をしている外国人留学生4名との交流会が開催されました。I.S.Aの部員を中心に、本学や周辺大学の学生約20名が留学生を囲み、和やかな雰囲気の中ゲームや歓談を通じて交流を深めました。初対面にもかかわらず学科や学年の垣根を越えてすぐ打ち解け、楽しいひと時を過ごしました。

関連リンク