ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

キリスト教文化への招待

音で綴った聖書~バッハに見る精神性~

【第2回】Ⅱ.「マタイ受難曲Ⅱ」

いびつな真珠の意のバロック。これはルネサンス音楽からの流れの中で、バロック音楽の大きな変動に感じた、当時の人々の正直なイメージかもしれません。しかしバロックも後期になると、プレクラシックの名に甘んじていたにもかかわらず、いまや現代人の耳からすれば、このバロック音楽こそ近世の幕開けであり、私たちになじみの音楽となります。古楽の研究が進んだ今だからこそできる、作曲家(バッハ)の耳に本来響いていたであろう音楽の再現を通して、その音作りの中に見える深い宗教性、精神性を辿っていきたいと思います。

開催日時 2017年11月16日(木)14:45~16:15 講座定員 80人
受講料一般 1,000円(当日) 2,100円(一括) 受講料学生 500円(当日) 1,050円(一括)
その他注意事項等

※この回のみ受講を希望する場合は、Eメールか電話でお申し込みください。

※この回のみ受講される場合の受講料は、一般:1,000円/学生:500円となります。

講師プロフィール

大谷 文彦本学非常勤講師 本学附属幼稚園園長

本学非常勤講師、本学附属幼稚園園長。エリザベト音楽大学卒業後、ドイツケルン、スイスバーゼルスコラカントルムにて、リコーダー、バロックオーボエ、中世音楽理論等を学ぶ。2006年以来、毎年クリスマスにメサイアを指揮する。カトリック岡山教会音楽総監督兼オルガニスト。

音で綴った聖書~バッハに見る精神性~ 一覧

講座名 講師名 開催日時 料金
【第1回】Ⅰ.「マタイ受難曲Ⅰ」 大谷 文彦 (本学非常勤講師 本学附属幼稚園園長)
10月19日(木)
14:45~16:15
一般:1,000円(当日) 2,100円(一括)
学生:500円(当日) 1,050円(一括)
【第3回】カンタータ第4番「キリストは死の縄目に繋がれたり」 大谷 文彦 (本学非常勤講師 本学附属幼稚園園長)
01月18日(木)
14:45~16:15
一般:1,000円(当日) 2,100円(一括)
学生:500円(当日) 1,050円(一括)