ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

  1. 生涯学習センター清心フェリーチェTOP>
  2. キリスト教文化への招待>
  3. 【第2回】遠藤周作『沈黙』から『侍』へ(その2)(2)

キリスト教文化への招待

遠藤周作『沈黙』から『侍』へ(その2)

【第2回】遠藤周作『沈黙』から『侍』へ(その2)(2)

今年公開された映画『沈黙-サイレンス-』と原作『沈黙』について触れ、次に『沈黙』の「日本人とキリスト教」のテーマをさらに深めた『侍』のテーマを明らかにします。
(その2)では、『侍』の後半まで読み解き、遠藤が『侍』を内的自叙伝と呼ぶ意味を考えます。

開催日時 2017年11月08日(水)14:45~16:15 講座定員 80人
受講料一般 1,000円(当日) 2,100円(一括) 受講料学生 500円(当日) 1,050円(一括)
その他注意事項等

※この回のみ受講を希望する場合は、Eメールか電話でお申し込みください。

※この回のみ受講される場合の受講料は、一般:1,000円/学生:500円となります。

講師プロフィール

山根 道公本学キリスト教文化研究所教授

本学キリスト教文化研究所教授。文学博士。日本文学とキリスト教を研究テーマに遠藤周作、八木重吉、宮沢賢治等に関する著作を発表。『遠藤周作文学全集』全15巻全巻の解題・年譜を担当。『井上洋治著作選集』全5巻の編集・解題を担当。主著:『遠藤周作 その人生と「沈黙」の真実』(日本キリスト教文学会奨励賞受賞)。『遠藤周作『深い河』を読む マザー・テレサ、宮沢賢治と響きあう世界』。共著:『遠藤周作を読む』、『遠藤周作 挑発する作家』、『風のなかの想い-キリスト教の文化内開花の試み』、『イーハトーヴからのいのちの言葉-宮沢賢治名言集』等。監修:遠藤周作没後10年の記念として作家遠藤周作を育てた岡山出身の母・郁に焦点を当てた『落第坊主を愛した母』を監修。

遠藤周作『沈黙』から『侍』へ(その2) 一覧

講座名 講師名 開催日時 料金
【第1回】遠藤周作『沈黙』から『侍』へ(その2)(1) 山根 道公 (本学キリスト教文化研究所教授)
10月11日(水)
14:45~16:15
一般:1,000円(当日) 2,100円(一括)
学生:500円(当日) 1,050円(一括)
【第3回】遠藤周作『沈黙』から『侍』へ(その2)(3) 山根 道公 (本学キリスト教文化研究所教授)
12月13日(水)
14:45~16:15
一般:1,000円(当日) 2,100円(一括)
学生:500円(当日) 1,050円(一括)