ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

教育・研究機関

  1. HOME>
  2. 教育・研究機関>
  3. 特別支援教育研究センター(SNERC)

特別支援教育研究センター(SNERC)

SNERC - Special Needs Education Research Center

特別支援教育研究センターは、平成28年(2016年)に設置されました。我が国では、昨今、特別な支援を必要としている幼児・児童・生徒の増加に伴い、特別支援教育(保育)へのニーズが拡大しています。そこで本学では
◎障害のある子どもへの教育、療育の専門性向上(従来の障害児教育の範疇)
◎全ての保育士、教員の基礎的素養としての専門性確保
の2つの大きな方向性に向かい、特別支援教育研究センターの事業を展開していきます。

特別支援教育研究センター

1 障害のある子どもへの教育等に関わる専門性向上

  • 特別支援学校枠教員採用試験受験対策勉強会の開催 年間約20回
  • 卒業生支援の会「特別支援教育部会」の開催(本学児童学科との共催) 年間4回
  • 教員採用試験対策講座の開催(本学教職支援センターとの共催) 年間2回

採用試験受験対策勉強会

卒業生支援の会「特別支援教育部会」

2 すべての保育士、教師の基礎素養としての専門性確保

本学児童学科の教職実践演習等の講義における連携、協力。

教職実践演習における講義(現職ベテラン教員や卒業生を招いての対話型授業)

3 地域社会への貢献

  • 本学児童臨床研究所(清心こころの相談室)との連携による発達に課題のある子どもたちや成人の方の個別相談の実施。子どもの場合には、保護者や学校現場の教員との相談も必要に応じて実施
  • センタースタッフの専門性を活かした地域への啓発、研修等への協力

<これまでの協力例>

  • 岡山県教委主催の教員免許状認定講習での講師(「障害児心理」)
    中内准教授、東准教授、青山准教授が講師として
  • 本学主催の教員免許状更新講習会で、特別支援関連の3つの選択講習を開設

【選択】「気になる幼児」への特別支援の視点を取り入れた保育を探る~一斉保育と個別支援の両面から~
【選択】インクルーシブ教育の実現に向けての多角的検討~集団づくりと授業の工夫及び合理的配慮の提供~
【選択】将来につなげる特別支援教育~幼児期から高校・高等部卒業までの取組をつなぐ~

  • 岡山県教委、岡山県総合教育センター、岡山市教委、岡山市教育センター、岡山市岡山っ子育成局、倉敷市教委、倉敷市教育センター、くらしき子育て支援センター、津山市こども課、備前市教委等での保育士、教員研修会等での講義、指導助言
  • その他県内外の学校園との連携による研究活動及び指導助言 等

リンク

スタッフ一覧

センター長 清板 芳子
教授 本保 恭子
准教授 青山 新吾
中内 みさ
東  俊一

本センターに関するお問い合わせ先

電話 086-252-6160(Fax兼用)