2019年
05月13日

図書館ロビーにて英語教育に関する大変貴重な資料の展示を開催(在学生対象)

4月・5月は英語教育センターの担当で、明治時代より英語の授業で実際に使用されていた教科書・レコードなどの英語教育に関連した貴重な品々を展示しています。もうご覧になられましたでしょうか?

この度、伊藤英語教育センター長の先輩でもあり、長年高校の英語の先生をなさっていた山田 昌宏先生が提供してくださった大変貴重な英語教育に関する資料を展示しています。

図書館展示の様子

最古のものは明治22年(100年以上前)の『正則文部省英語読本』(THE MOMBUSHO CONVERSATIONAL READERS NO.2)で、英語教育史上貴重な文献でもあります。また、戦後の英語教育において使用されていた教師用のSPレコードは、時代を感じさせる資料の一つです。

日本の英語教育が変わりつつある中で、100年以上前の学生たちがどのような教科書を使い、どのように英語を学んでいたのかについて当時の時代背景を知ることができます。中には明治時代の貴重な資料や教科書もあり、当時の学生の英語学習法に関して、時代の流れを感じることもできます。

学生の皆さんにとって英語教育や英語学習の参考になるのではないでしょうか。

まだご覧になってない方は5月末まで展示を行っておりますので、是非図書館へお越しください。

英語学習相談室展示の様子

他にも図書館3階の英語学習相談室で図書館のガラスケースに収容しきれなかった英語発音練習カードや辞書、英語教育に関する資料の展示を行っております。興味がある方はどうぞお越しください。