2017年6月29日(木)12時30分から、ノートルダム清心女子大学聖堂において、6月29日岡山空襲「平和への祈り」を開き、教職員約80人が一同に集い、学長の原田豊己神父とともに祈りを捧げました。

今から70数年前、太平洋戦争末期の1945年6月29日、岡山市中心部はアメリカ軍の大規模な空襲を受けました。本学園の校舎は被害を免れましたが、女子専門学校および高等女学校の学生・生徒14名の尊い命が失われました。
本学園の学生・教職員として、このことを記憶に刻み、平和の尊さを考える日とするために、この「平和への祈り」が催されました。

原田神父は「平和を保つことがいかに困難な状況になりつつあるか。人が人として大切にされていく世界を、この大学からまず発信したいと思います」と話し、全員で「平和を願う祈り」を唱えました。

 平和を願う祈り
 神よ、わたしをあなたの平和の道具にしてください。
 憎しみのあるところに、愛を
 いさかいのあるところに、ゆるしを
 分裂のあるところに、一致を
 迷いのあるところに、信仰を
 誤りのあるところに、真理を
 絶望のあるところに、希望を
 悲しみのあるところに、喜びを
 闇のあるところに、光をもたらすことができますように。
 神よ、わたしに、慰められるよりも慰めることを
 理解されるよりも、理解することを
 愛されるよりも、愛することを望ませてください。
 自分を捨てて初めて自分を見いだし、
 ゆるしてこそゆるされ、
 死ぬことによってのみ、永遠のいのちによみがえることを深く悟らせてください。

続いて、「わたしたちの物語~黒く塗られた校舎の歴史」と題したスライドショーが上映されました。
戦時下の本学は、大学の前身である岡山清心女子専門学校、清心高等女学校の時代でした。本学を経営していた外国人シスターたちは、開戦によって学内軟禁、三次キャンプ(敵国人収容所)へ収容、1943年にアメリカに強制送還されてしまいます。そのような過酷ななかでも、残された日本人のシスターと教職員が奮闘し、学校を存続したという歴史を、在学生や教職員で共有しました。
また、祈りが行われた聖堂は、アントニン・レーモンド設計の建物(1929年完成)であることが紹介され、戦中には空襲を避けるため白壁の校舎を黒く塗られたことが、本学人間生活学科上田恭嗣教授より説明されました。

校舎は、現在すでに白く塗り替えられていますが、2016年の壁の補修時に現れた黒い壁の一部分を、当時の面影として残しています。(清心アーカイブ「黒く塗りつけられた壁」をご覧ください)

これからも、学生たちとともに平和の尊さを考える機会を作っていきたいと思います。


キリスト教文化研究所・資料編纂室

6月29日 聖ペトロと聖パウロの祝日(学長エッセイ)
キリスト教文化研究所
清心アーカイブズ

日本の建築史に名を残すアントニン・レーモンドは、1919年旧帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの助手として来日します。2年後には設計事務所を開設し、戦前戦後を通じて多くの建物を設計しました。戦前の代表的なものに1929年竣工のノートルダム清心女子大学本館(岡山市・有形登録文化財)があります。

1945年6月29日未明、岡山市街地はアメリカ空軍による大規模な空襲を受け、死傷者は8000名に及ぶと伝えられています。大学本館は焼失を免れましたが、正面をレンガ造り、木造の作りの上を漆喰で固めたロマネスク様式の建坪120坪を誇る1899年献堂の岡山教会聖堂は、焼失しました。

第2次世界大戦中アメリカにいたレーモンドは、アメリカ軍カーチス・ルメイ司令官の意向で焼夷弾の効果の実験のため、ユタ州の砂漠に日本の木造家屋の街並みを再現します。いわゆる、JAPANESE VILLEGEと呼ばれるものです。この実験は東京大空襲をはじめとする日本の戦略爆撃に生かされてゆきます。

また、ルメイは広島長崎の原爆投下の責任者として名を残します。一方、日本を愛し、自分の設計した建物がある都市を破壊することに協力することになったレーモンドは、戦後来日し南山大学、新発田教会、上智大学などの設計を行ってゆきます。

教会が偉大な使徒たちに思いをはせる日、大学は時代にほんろうされた一人の建築家に思いをはせる日でもあります。

学長・キリスト教文化研究所教授 原田豊己

※この記事は原田学長(広島司教区司祭)が『聖書と典礼』(オリエンス宗教研究所、 2014年6月)に寄稿した記事を転載しています。

キリスト教文化研究所
原田豊己
『聖書と典礼』(オリエンス宗教研究所)(外部サイト)

6月24日は洗礼者聖ヨハネの誕生を祝う祭日です。

カトリック教会で誕生日が祝祭日となっているのは、イエスと聖母マリア、そして洗礼者ヨハネの3人のみです。祝祭日のうちでも最も重要性の高いものを「祭日」といいますが、イエスと洗礼者ヨハネの誕生は、どちらも祭日です。イエスの誕生を祝うクリスマスは冬至祭と関わりがありますが、そのちょうど6か月前にあたるこの祭日は、聖ヨハネ祭と呼ばれ、夏至祭とも結びついて、キリスト教文化圏では盛大に祝われます。


『ルカによる福音書』1章には、イエスと洗礼者ヨハネの誕生の記事が並列的に描かれ、洗礼者ヨハネはイエスの先駆者として位置づけられています。天使ガブリエルは、祭司ザカリアに

「あなたの妻エリサベトは男の子を産む。その子をヨハネと名付けなさい。その子はあなたにとって喜びとなり、楽しみとなる。多くの人もその誕生を喜ぶ」(13・14節)

と告げます。この天使ガブリエルがちょうど6か月後にマリアに神の御子の受胎を告げます。そして身ごもったマリアは、親類のエリサベトを訪ねます。マリアの挨拶を聞いたエリサベトは聖霊に満たされて声高らかに言います。

「あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。あなたの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、胎内の子は喜んでおどりました。」(42-44節)

この神からの恵みによって身ごもった二人の妊婦とその胎児が対面する美しい場面から、イエス・キリストとの出会いの喜びを最初に体験したのが胎内の子であることに注目し、胎児のいのちの尊さを訴えたのは、マザー・テレサです。マザーは、三度来日しましたが、その訴えこそ、来日の最大の目的でした。



ところで、マザー・テレサ来日の折に、通訳も務め、マザーと親交のあったシスター渡辺和子名誉学長の修道名は、洗礼者聖ヨハネを意味するセント・ジョンでした。それゆえに、シスターの学長時代のプレジデンツデー(学長の修道名の聖人の祝祭日を学長祝日として祝う日)は、洗礼者聖ヨハネの祭日でした。


シスターは生前、「6月のカレンダーには祝日の休みがないでしょう。だから、私の学長時代にプレジデンツデーの祝日が6月24日で休みになるのが、大変喜ばれていたのよ」と懐かしそうに話されていたことが想い起されます。


シスターは昨年12月30日に89歳で帰天されましたが、自らの葬儀のために生前にシスター本人が用意しておく聖書の言葉があり、それは洗礼者ヨハネの次の言葉でした。


「彼は栄ゆべく、我は衰うべし」(『ヨハネによる福音書』3章30節)


この言葉は、イエスに洗礼を授けた洗礼者ヨハネの使命が何よりも救い主であるイエス・キリストを無私の心で指し示すものであったことを告げています。シスターがセント・ジョンの修道名をいただいて生きたほぼ60年におよぶ修道生活は、まさにこの洗礼者ヨハネの姿勢にならい、私たち一人ひとりをかけがえのない存在として「ご大切」にしてくださる神を、学生に接する自らの身をもって指し示すことを志した教育者としての人生であったことを想わずにはいられません。


今年から6月24日洗礼者聖ヨハネの誕生の祭日は、そうしたシスター・セント・ジョン渡辺和子名誉学長の姿を偲び、その志を改めて想う大切な日となりました。

アンドレア・デル・サルト 「聖家族と聖エリサベツと洗礼者ヨハネ」


キリスト教文化研究所教授 山根道公



2017年10月28日(土)~29日(日)に行われる第54回大学祭では、シスター・セント・ジョン渡辺和子追悼展を企画しています。直筆原稿や映像を公開予定です。

イエス様が私たちの罪を購うために十字架に架けられ,死にて葬られて3日目に復活されたイースター(復活祭)から50日目に、キリストの弟子たちの上に天から聖霊がくだり、教会が誕生した日をペンテコステ(聖霊降臨日)と言います。

この出来事に関する聖書の記事は新約聖書の『使徒言行録』2章1節 - 42節にみられます。

それによれば、復活したイエスは弟子たちに「近いうちに聖霊が降る」ことを告げて(使徒言行録1章8節)、天に昇っていきます(キリストの昇天)。それから10日後、ユダヤ教の五旬祭の日に使徒とイエスの母や兄弟たち、イエスに従った女たちが集まって祈っていると、激しい風のような音が聞こえ、天から炎のような舌が一人ひとりの上に分かれて降ってきました。
集まって祈っていた信徒たちは聖霊に満たされ、さまざまな国の言葉(普通の人に理解できない「異言」ではなく、「外国語」のことである)で語り始めたのです。地中海世界全域に離散させられていたユダヤ人たちが、五旬祭のためにエルサレムに集まっていましたが、(パレスチナ出身の)信徒たちが地中海世界各地の言葉で語っているのを聞いて驚きました。
使途ペテロが中心になってイエスの死と復活の意味について語ると、多くの人が信じて洗礼を受け、使徒たちのグループに加わりました。

これが聖書の記述に著された聖霊降臨の出来事です。神様の恵みが聖霊を通して私たちの間に今も生き生きと働いており、その力によって教会が建てられているということです。
ペンテコステの色は赤、教会の色です。赤は聖霊の炎と、聖霊を受け世界に福音を述べ伝えた弟子達を象徴する色です。

エルグレコ 「聖霊降臨」


クリスチャンにとって、ペンテコステは希望の日です。それは、神様が聖霊を通して私達に今もなお働き続けていることを認識することによって与えられる希望です。その希望は私たち自身が、神そのものである聖霊による神との執り成しによって日々新たにされ、イエス・キリストの証人となることへと誘う力の源です。



キリスト教文化研究所所員・人間生活学科教授 平松正臣 

キリスト教文化研究所
平松正臣

昭和4(1929)年に白亜の殿堂と称され建築されたノートルダム本館と東館は、第二次世界大戦の空襲から逃れるため、油性塗料によって全館が黒く塗りつけられました。1945年6月29日の岡山空襲でも、奇跡的に戦火から逃れました。この壁は当時の面影として残しています。
終戦後、壁の黒い塗料は完全には除去することはできず、上から白く塗り替えられました。写真は、2016年に行われた壁の補修時、壁の表面部分をはがした際に現れた黒い塗装の一部です。

ND BULLETIN No.195より転載



詳細を「清心アーカイブズ」でぜひご覧ください。本学の歴史、伝統、行事、関係の深い人物について深く知ることができます。