2018年
12月28日

第18回カトリック女子大学総合スポーツ競技大会

2018年12月15日(土)、16日(日)に第18回カトリック女子大学総合スポーツ競技大会が開催されました。
今回は本学が開催校となり、聖心女子大学、清泉女子大学、白百合女子大学、京都ノートルダム女子大学を迎え、寒い中、熱い戦いが繰り広げられました。

硬式テニスは岡山県総合グラウンド内テニスコートで行われました。

   


 

 

 

 

 

  

 

バスケットボールは本学記念館で行われました。 

 

 


 

 

 

 

 

 

バドミントンは岡山大学第2体育館で行われました。

バレーボールはジップアリーナ(サブアリーナ)で行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本学は硬式テニスで準優勝、バスケットボールで優勝と健闘しましたが、総合では惜しくも準優勝となりました。15日(土)夕方には、ヨゼフホールラウンジで懇親会が行われ、スポーツを通して競い合うだけではなく、互いに歓談し、交流を深めることができました。

本学ヨゼフホールラウンジで懇親会が開催されました。

今大会の結果は次のとおりです。

 総合優勝   聖心女子大学

 種目別優勝  硬式テニス:聖心女子大学

        バスケットボール:ノートルダム清心女子大学

        バドミントン:白百合女子大学

        バレーボール:京都ノートルダム女子大学 

 

本学で開催するにあたり、ご協力くださった学生、教職員の皆様、お世話になりました。
応援してくださった保護者、教職員の皆様、ありがとうございました。

閉会式終了後に全員集合!