2018年
11月27日

学生広報スタッフSPARKLE ツボジョーワールド探検隊最新情報!

こんにちは、学生広報スタッフ「SPARKLE」です。
今回は、「ツボジョーワールド探検隊」(日本語日本文学科より岡山市「大学生まちづくりチャレンジ事業」に参加している有志学生)の活動の最新情報をお伝えします。


去る11月18日(日)に、吉備路文学館で朗読会「第4回坪田譲治作品朗読会 譲治・若き時代~「石も叫ばん」~」(主催=坪田譲治を顕彰する会・善太と三平の会 後援=岡山市教育委員会)が開かれました。
この朗読会において「ツボジョーワールド探検隊」は初めての参加で、主催関係者および本校日本語日本文学科の卒業生朗読の会「もものみ文庫」の方と一緒に、坪田譲治の作品「バケツの中の鯨」と「スズメとカニ」を朗読しました。
「ツボジョーワールド探検隊」のメンバーに、朗読会に出演した感想を伺いました。



朗読はとても緊張したけど、子どもから大人まで幅広い世代の方に聞いてもらえてとてもよかったです。本学科卒業生とのコラボが実現し、また「譲治を顕彰する会」や「善太と三平の会」などの方々とも共演することができて、新しい連携が生まれました。この出会いを大切にして、今後のイベントでまた共演できたらいいなと思います。



また、12月1日(土)には平成30年度岡山市「大学生まちづくりチャレンジ事業」参加事業の一環として、「坪田譲治と御津天満~坪田譲治と作品から見る御津の風景~」が開催されます。

日時:12月1日(土)10:00~12:00
会場:御津「天満公会堂」(岡山市北区御津紙工)

坪田譲治と御津天満

(クリックするとPDFファイルが表示されます)


譲治が描いた『風の中の子供』の朗読、「善太と三平に会いに行こう!タイムスリップリポートSHOW」など、ツボジョーワールド探検隊によるさまざまな企画が用意されています。
さらに、岡山市地域おこし協力隊の宮嶋泰明氏による『風の中の子供』鵜飼家のモデルになった「天満 伊丹家」復元図面展示・紹介や、本学の山根知子教授による解説「坪田譲治と御津天満」の聴講等、貴重な体験もできます。
山根知子教授の解説の後には、簡単な意見交換会・情報交換会もありますので、ぜひご参加ください。

地域連携センター
岡山市「大学生まちづくりチャレンジ事業」
日本語日本文学科ブログ
山根知子教授(教員紹介)