2018年
09月26日

ツボジョーワールド探検隊による冊子『坪田譲治「風の中の子供」に会いに行こう―島田と天満を大冒険!―』が完成

本学日本語日本文学科の学生で結成され、岡山出身の小説家・児童文学作家 坪田譲治のPR活動を通じて地域活性化を行う「ツボジョーワールド探検隊」が、岡山市「平成30年度大学生まちづくりチャレンジ事業」の活動の一環として坪田譲治紹介冊子を作成しました。

完成した冊子

完成した冊子

2018年8月に発行した冊子『坪田譲治「風の中の子供」に会いに行こう―島田と天満を大冒険!―』は、坪田譲治の代表作「風の中の子供」の岡山と関連する話題が特集され、2018年2月に発掘された貴重なスライドと朗読台本が紹介されています。
さらに「風の中の子供」の舞台となる島田の古地図や天満の家の見取り図が掲載され、写真や図が充実した内容となっています。

今回の冊子を作成した「ツボジョーワールド探検隊」の岡本有稀さん(日本語日本文学科3年)に冊子作りで大変だったこと、冊子を通じてPRしたいことについて聞いてみました。



調べた情報が正しいか、文章表現は間違っていないかを細かくチェックしていく作業が大変でした。眠る時間を削って作業した日もありましたが、徐々に出来上がっていく冊子を見るとメンバーの努力がにじみ出ていてやる気をもらいました。完成した冊子をいただいたときは、嬉しさから大きな歓声を上げたのを覚えています。
この冊子は、坪田譲治の小説「風の中の子供」に焦点を当てています。「風の中の子供」の舞台、書かれた時代、物語の魅力など、「風の中の子供」を知っている方も知らない方も楽しめる内容となっています。また、この冊子の中で初公開となる情報も入っていますので、ぜひお手に取って「風の中の子供」の世界を満喫してください。



冊子は、岡山県立、市立の図書館および近隣地域の図書館に寄贈しています。
冊子をご希望の方は、下記までご連絡ください。
「ツボジョーワールド探検隊」の活動はこれからも本学ホームページで紹介していきます。

■冊子についてのお問い合せ
日本語日本文学科 山根知子研究室
E-mail:t-yama@post.ndsu.ac.jp(@を半角にしてご利用ください)


地域連携センター
岡山市「大学生まちづくりチャレンジ事業」
日本語日本文学科ブログ
山根知子教授(教員紹介)