2018年
03月16日

大学院第22回学位記授与式及び学部第66回卒業証書・学位記授与式挙行

2018年3月14日(水)10時から、本学記念館にて、「大学院第22回学位記授与式及び学部第66回卒業証書・学位記授与式」が挙行されました。
卒業生たちは、完成したアカデミック・ドレスをまといクラスフラワーを胸に携え、ピアノ伴奏に合わせてグース・ステップで厳かな響きを式場に響かせながら入場しました。


大学院生4名が修士の学位記を、学部生548名が学士の学位記と卒業証書を授与されました。
原田豊己学長から卒業生一人ひとりに卒業証書と学位記が「おめでとうござます」と手渡され、卒業生たちは「ありがとうございます」と応え、学士になった証として、キャップの房を向かって右から左へと移動させました。

式典を終え、学内のいたるところで喜びあい、また恩師や友人たちとの別れを惜しむ光景が多く見られました。

クラスフラワー藤に込められた思いのように、ラベンダーのごとく高尚に、藤のごとく謙虚に思慮深く誠をもって、本学の教育を身につけた一人格として誇りをもってこれからの人生を歩んでいってください。
卒業生の皆さん、おめでとうございます。皆さんの未来が希望に満ちたものであることを願っています。

卒業証書・学位記授与式(Youtube映像)