2017年
12月14日

クリスマス

リスマス(待降節)

キリスト教では人が罪に傾く傾向を、人祖アダムの犯した罪が原罪(Original Sin)としてその後の人類に引き継がれていると説明しています。もちろん実際はその逆で、善なる神の創造物である人間なのに罪に傾く傾向があるのはなぜなのか、創世記の中でそれを説明したのです。そしてそれを打ち破ったのがキリストで、彼の受難と復活と昇天、一連の行為で、人類が罪の束縛から解放されたと考えています。キリスト(救い主)であるイエスが生まれなかったら、私たちに救いはなかったというわけです。

「一人の人によって罪が世に入り...一人の人の不従順によって多くの人が罪びととされたように、一人の従順によって多くの人が正しいものとされるのです」(ローマの信徒への手紙5.12-19)

クリスマスという言葉は英語です。キリストのミサ(Christ-mass)が語源で、「キリスト」のギリシャ語表記「Χριστος」の頭文字を取ってXmasとも書かれます。独語ではヴァイナハテン、仏語ではノエル、日本語では、「降誕祭」と訳されています。今や日本でも国民行事のようになりましたが、バレンタインデーのチョコレートやハロウィンのお化けのように、ただお祭り騒ぎではなく、クリスマスに特別な人と共に過ごすとしても、本来の意味を知ってお祝いをしたいと思います。サンタクロースも本当は、セントニコラウス(270年生 トルコの司教)が貧しい人のところへプレゼントを届けたという逸話を模しているのですから、子どもの求めるものを「サンタさんからのプレゼント」と称して何でも与えてしまうのは、考えものかもしれません。

「あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい」(ルカ1.31)

 

ドヴェント(待降節)

キリスト教国ではクリスマスが近づくとそれを待ち望む気持ちとして街にイルミネーションが灯されます(本学では12月6日18:10から点灯式が行われました)。クリスマスの4回前の日曜日から始まる待降節は、今年のクリスマスが月曜日であるために、最も遅い始まりとなり、12月3日がその第1回目の日曜日(主日)に当たります。そして日曜日毎にアドヴェントリースのろうそくに灯を1本ずつともしていきます。クリスマスがだんだん近づく感じがわかります。そして3人の博士が馬小屋を訪ねてくるという公現(1月の第1日曜日、今回は7日)までがクリスマスの期間(降誕節)で、その後イルミネーションをはずします。

馬小屋(プレセピオ)はカリタスホールの玄関とヨゼフホール玄関にあります。キリストがベツレヘムの馬小屋で生まれ、飼い葉桶に寝かされたことを表していて、中世期にアシジの聖フランシスコが始めました。初めは実物大だったようです。

(アシジの聖フランシスコは髙木孝子前学長の修道名です。)

人間の王様が立派な御殿で生まれるのに対して、神である霊的な王様は、かえって貧しさの中に生まれました。このことは神が富める人のみならず、貧しい人と共にあることを立証しています。

「マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉おけに寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである」(ルカ2.7)

この馬小屋には羊飼いが付きものですが、これも当時、極貧といわれた羊飼いたちに天使の知らせが一番にあったという聖書の言葉を表現しています。

 「その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。『恐れるな。...今日ダビデの町であなた方のために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである』」(ルカ2.8-11)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つまり、クリスマスは宗教行事であり、イスラム圏やユダヤ圏など、特に一神教の世界では、基本祝わないのです。その大半が非キリスト信者の日本でクリスマスが定着しているのは、かえって珍しいことなのかもしれません。私たちは、クリスマス商戦に踊らされることなく、いただいている恵みが私たちに十分にあることを思い起こして、不満ではなく感謝をしながら少しでも他の人のために働くことが出来る、そんな期間を過ごしたいと思います。

キリスト教文化研究所所員 大谷 文彦 (附属幼稚園長)

★クリスマスをともにお祝いしましょう

ノートルダム清心女子大学のクリスマス行事 ⇒詳細はこちらへ

12月23日(土・祝日)

13:00~ クリスマスミサ
14:15~ 茶話会
15:15~ クリスマス・ファミリーコンサート(児童学科音楽研究室)

 

カトリック岡山教会(岡山市天神町)のクリスマスミサ 詳細はこちらへ

12月24日(火)

メサイア公演;17:00~18:30(大谷園長指揮)

*本学関係者や、ヨセフ会のメンバーも合唱団として出演します。

◇ミサ;19:00~、21:00~、0:00~