2017年
12月12日

クリスマスツリー点灯式 -アドヴェントをともに迎えましょう

12月6日(水)18時10分から、アドヴェントの最初の行事として、クリスマスツリーの点灯式を行いました。
学生、教職員、附属幼稚園の園児、附属小学校の児童など、約120名が図書館前に集まり、キャンドルを手に、共に祈り、共に歌い、ツリーの点灯を見守りました。

アドヴェントとは、キリスト教において、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことで、日本語では「待降節(たいこうせつ)」といいます。
降誕祭(12月25日)の4つ前の日曜日から始まります。2017年は12月3日から始まりました。

点灯式では、聖歌「あめのみつかいの」をグリークラブの皆さんとともに歌い、聖書朗読の後、学長の原田豊己神父によりもみの木が祝福されました。点灯されたもみの木は、青と白の光に包まれました。

みんなで、聖歌「きたれ友よ」を歌いながら、カリタスホールの玄関へ移動し、原田神父のお祈りあとに、幼子イエスの眠る馬小屋とツリーに温かい光が点されました。

この日の岡山はとても寒い夜となりましたが、心が温まるひとときを共に過ごすことができました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

-----------------------------------------------
ツリーの点灯期間 ~2018年1月7日(日)まで。

     点灯時間 毎日15:00~21:00

地域の皆様にもご覧いただけます。東門にある警備室にお声掛けください。
なお駐車場はございませんので、ご来学の際は公共交通機関をご利用くださいますようにお願いいたします。

これからのクリスマス行事のご案内