岡山県内には、明治の中頃から昭和の初期頃まで、とても変わった建築が数多く姿を現しました。現在も県内にこれらの建物が、たくさん残っています。「擬洋風建築」って、聞いたことがありますか。このように呼ばれる建物は、県内の身近なところでもその気になれば探し当てることが出来ます。

 「擬」という言葉には、「なぞらえること、型取り、似せること」といった意味があり、西洋建築を似せて造った建物を「擬洋風建築」と称しました。現代の建築が発展する中で、擬洋風建築はこれまであまり評価されてきませんでした。しかし、この建築スタイルは、日本の大工さん達が明治以降の文明開化の中で、西洋の建築に憧れ、日本の大工技術で工夫を懲らせて西洋に負けじと考え出したものです。これまでの木造建築の技術で工夫を重ね、世界に類のない素晴らしい建築様式を編み出したと考えています。現在では、どこか懐かしい風景を創り出す建物でもあります。

 県内の代表的な擬洋風建物を紹介しましょう。例えば倉敷市の美観地区の中にある旧倉敷町役場(写真-1)がそうですし、倉敷市庁舎の隣りに移築された旧倉敷幼稚園園舎(写真-2)もこの建物様式です。擬洋風建築では、屋根に日本瓦が多く用いられ、壁には板を縦と横に張り、一部は漆喰壁でも表現されています。また、窓は上げ下げ窓が付けられ、曲線の造形も随所に見られることがあります。

旧倉敷町役場 旧倉敷幼稚園園舎
写真-1 旧倉敷町役場 写真-2 旧倉敷幼稚園園舎



 岡山市では、岡山市中央図書館の隣りに移築保存されている旧旭東小学校附属幼稚園園舎(写真-3)や岡山県総合グランドの片隅に移築保存されている旧陸軍第十七師団岡山偕行社もそうです。高梁市では、岡山で残存している教会建築として最も古い日本基督教団高梁教会堂(写真-4)や旧吹屋尋常高等小学校校舎(写真-5)があります。

写真-3 旧旭東小学校附属幼稚園園舎



日本基督教団高梁教会堂 旧吹屋尋常高等小学校校舎
写真-4 日本基督教団高梁教会堂 写真-5 旧吹屋尋常高等小学校校舎



 笠岡市の日本基督教団笠岡教会教会堂(写真-6)も今も使われています。また、真庭市の旧遷喬尋常小学校校舎(写真-7)は、端正な美しさが見られ、最も素晴らしい小学校校舎の一つとして評価しています。総社市や牛窓には、旧総社警察署(写真-8)や旧牛窓警察署本館(写真-9)も残っていて郷土の歴史博物館等として使われています。

日本基督教団笠岡教会教会堂 旧遷喬尋常小学校
写真-6 日本基督教団笠岡教会教会堂 写真-7 旧遷喬尋常小学校校舎



旧総社警察署 旧牛窓警察署本館
写真-8 旧総社警察署 写真-9 旧牛窓警察署本館




 県内にまだまだこのような建物が数多く残っています。是非とも、町歩きを楽しみ擬洋風建築を探し出して下さい。

 私の生活環境学研究室では、これまで卒業研究として「岡山県における擬洋風建築-庁舎建築に関する考察」、「岡山における擬洋風建築について-建築の意匠表現を探る-」、「岡山県における擬洋風建築-教育施設を通して-」といった題目で卒業論文を書き上げています。岡山の建築に関心のある学生さんが集まる研究室です。

  蒸し暑い夏が来ますが、パン作りがとっても楽チンになる季節です。できたてを食べる楽しみに加えて、作る工程も簡単なので楽しめます。形や生地に混ぜ込む具材を自分流で作るのもいいですね。

  ここでは時間も力もわずかで済む方法を紹介します。手でこねる時間は5分間くらいで、ホームベーカリーは使いません。一次発酵は省略しますので、簡単な成形なら開始から60分で完成です。

  夕食後にササッと作っておいて翌日の朝食やお弁当にしたり、冷凍保存して食べたいときに軽く温め直して焼きたてを再現したりすることも簡単にできます。

  忙しい毎日ですが、時には作ることも食べることも楽しむ豊かな時間を過ごしてみませんか?

【材料と分量】(作りやすい分量として6個分で紹介)

   ○ ぬるま湯          90g【30℃くらい】

   ○ ドライイースト       3g(小さじ1)

   ○ 砂糖              1g(小さじ1/3)

   ● 薄力粉                 30g【よくふるっておく】

   ● 熱湯                    30g

   □ 強力粉            150g【よくふるっておく】

   □ スキムミルク       15g

   ■ 砂糖                    15g

   ■ 塩                        2g

   ■ バター(室温)       10g

【作り方】

①  ○を全部混ぜてイースト水を作っておく。

②  ●の粉に熱湯を加え、粉っぽさが消えるまでかき混ぜて冷ましておく。

③  ボールに□を入れてかき混ぜ、さらに■と②をそれぞれ少し離して入れる。

④  砂糖めがけて①を注いで箸で混ぜ、徐々に広げて全体を大きくかき混ぜる。

⑤  全体がフレーク状になったら手でひとまとめにし、5分間くらい両手で掴んだり揉んだりする。

⑥  最後に丸い形に整えて乾いたまな板の上に置き、包丁などで6等分に分割して手早く丸める。

  (このとき、打ち粉はほとんど不要です。)

⑦  丸めた生地は間隔を開けて並べ、乾かないようにラップやオーブンシートを被せて10分くらい休ませて

  おき、この間に使った調理器具の片付けをする。

⑧  生地を軽く押さえてガス抜きし、好みの形に成形してオーブンシートを敷いた天板に間隔を開けて

  並べ、しっかり生地に霧を吹く。

⑨  オーブンの温度を発酵(30~40℃)にあわせて30分間くらい、生地が約2倍になるのを待つ。

  (室温が高いときはオーブンに入れないで、そのままでも発酵できる。)

⑩  200℃のオーブンで8分焼き、焼き色が薄いときは温度を少し上げてさらに数分焼く。焼き時間が長い

  とパサつくので、10分程で焼き上がるように調整する。

【手順の要点】

②  ●の粉に熱湯を加え、粉っぽさが消えるまでかき混ぜる。

熱湯を注ぐ粉と熱湯かき混ぜる







⑤  フレーク状になったらひとまとめにし、5分間くらい両手で掴んだり揉んだり。

フレーク状ひとまとめ掴んだり揉んだり







⑥  丸い形に整えて乾いたまな板の上に置き、包丁などで6等分に分割。

丸い形6等分







⑧  成形してオーブンシートを敷いた天板に並べて発酵。

成形







焼き上がり!(発酵後に小麦粉を振って切り込みを入れたもの)

焼き上がり

 私たちは社会福祉士過程の受講科目である、「社会福祉演習Ⅳ」の一環として、岡山市北区奉還町商店街の調査を行ないました。調査内容は受講者12人を2チームに分け、一方が商店街入り口から見て左方(駅側)、もう一方が右方(学校及び済生会病院側)を観察しながら奉還町商店街の良いところ、また課題になるところを見つけ出し、その改善点について考えるといったものです。

奉還町商店街にて

 調査を通して、良い点としては、様々な種類の店が見られる、穴場スポットが多いなどが挙げられました。また、生活において必要な商品は、大方商店街でまかなえるような印象を受けました。

 その一方で、シャッターが閉まっている店舗や空き店舗が多い、その影響か全体的に暗い雰囲気を感じる、様々な種類の店舗が見られる一方で似たような系列の店が密集しているといった印象も受けました。また、営業時間が短く、学校帰りに店によることができないという意見もありました。調査参加者以外に話を聞いたところ、女子大生一人では歩きづらいという意見もありました。

奉還町商店街にて調査中

 総じて見てみると、やはりシャッターが閉まっている店舗や空き店舗が多くあり、それが目に付きやすいように感じられました。また、どちらかというと主婦層寄りの店が多く、若者にとってはやや近寄りがたいという面もあるように感じました。魅力的な店舗が多いにもかかわらず、なかなか人が近寄れないということは課題解決に向けてのヒントとなり得るのではないでしょうか。

 これらの課題を踏まえた上で、課題の解決をおこなうために、まずは空き店舗を減らすということが挙げられるでしょう。その際に、その空き店舗にどのような系列の店を入れるかによっても呼び込まれる客層も変わってくるため、今まで通り主婦層をターゲットにするか、若者もその層に入れるかを慎重に判断することも必要だと思われます。また、大々的なイベントの開催や、宣伝なども集客には効果的であると思われます。

奉還町商店街にて一息

 簡単な調査であったため、おそらく今回発見した以上に良い点も課題も存在していると思われます。課題を改善し、魅力を伸ばしていき、奉還町商店街の活性化が行われることを期待しながら、地域から学ばせて頂いた一コマでした。

                                                                3年生 山本裕理

 

 西洋人は自然と人間をハッキリ区別し、自然を管理・支配しようとする。かたや日本人は人間を自然の一部として捉え、自然と共生しようとする。とまあ、こんな話をよく耳にする。自然と人間の関係についてしばしば語られる、ステレオタイプな(型にはまった)言い方だ。

   確かにこういう面もあるのだろうが、法の歴史を見ていると、本当にそう言えるのか、かなり首をかしげたくなる。なぜなら、近代に至るまで(正確には、17世紀頃まで)、西洋法の世界では、自然と人間はゴッチャだったし、生者と死者の区別さえゴッチャだったからである。たとえば、その典型として、「動物裁判」と呼ばれる奇習があった。近代以前のヨーロッパでは、虫や動物がよく裁判にかけられていたのだ。作物を食い荒らしたバッタが処罰されたり、人に危害を加えたブタが死刑宣告を受けて処刑されたりしていた。これが単なるオアソビや儀礼ではなかったことは、穀物を食べた罪で起訴されたネズミに立派な弁護士が付き、鮮やかな弁護で無罪を勝ち取った事例があったりすることからも分かる(エドワード・ペイソン・エヴァンズ『殺人罪で死刑になった豚』参照)。動物だけならまだしも、老朽化のために倒壊し、通行人を傷付けた青銅像が裁判にかけられて刑の宣告を受けたという事例まである。これに至っては、まったくイミフ。もはや、彼らにとって裁判とはいったい何だったのか、わけが分からない。

   死者も然り。死者は真犯人を語ると考えられていたのだ。そのため、殺人死体は樽に塩漬けにされ、裁判の場で「証言」することを求められた。それでも腐敗してしまいそうならば、腕を切り取り、それを証言台に立てて裁判を行なったという。死者の指が真犯人を指し示すというのである。結構コワイ。最近、日本では天皇の退位が話題になっているが、西洋の戴冠式は、多くの場合、教会で行う(たとえば、イギリスのウェストミンスター大聖堂)。ところが、実は、西洋の教会の内部はおびただしい墓で溢れているのである。ということは、王様は死体(歴代の王の死体)に囲まれ、見守られて即位するということになる。おそらくこれも、歴代の死せる王たちが新王の正統性を証言するからなのだろう。逆に、日本の天皇の死体には価値が認められていない。あれほど神とあがめられた昭和天皇の墓がどこにあるのか、知っている日本人は、むしろ少ないことだろう(武蔵野陵にある)。それは、死することで「天皇霊」が遺体から離脱し、新天皇に憑依すると考えられているからである。天皇が生前退位してしまうことの不都合の一端だが、ここにも死者に対する考え方の違いを垣間見ることができよう。

   自然と人間との分化をもたらしたのは、西洋の文化でもなければ、キリスト教という宗教でもない。あえて言うならば、地球の資源を貪欲に吸い上げて膨張した近代資本主義経済だと言うべきだろう。さまざまな価値観の違いを、私たちはついつい「分かりやすい説明」で片づけてしまいがちだが、現実ははるかに複雑で一筋縄では行かない。この複雑怪奇な世界を知ろうとするのが学問という営みだ。勉強をすれば「分からなかったこと」が分かるようになるが、学問は「分かっていたこと」が何だか分からなくなってくる。ちょっと意地悪な営みだが、その分、私たちの住む現実をスリリングでミステリアスな世界に変えてくれるものなのである。

 今年も新学期が始まりました。人間生活学科は今年度88名の新入生を迎えることとなりました。4月1日(土)の入学宣誓式に始まり、一週間程度のオリエンテーション期間中に履修方法などの学習面、学内施設案内、通学などの生活面など、様々な説明を受けることになります。

 毎年上級生(3年生、4年生)の協力学生さんたちが、入学前から様々な準備をしてくれます。特に4年生は就職活動と並行して活動することになりますのでたいへんです。オリエンテーション内容の多くが協力学生主導で行われますのでその努力を考えると本当に頭が下がります。

 さて、そんなオリエンテーションの中でも一番の大イベントは蒜山高原での一泊二日の合宿です。その主な目的は「大学の理念、学科の性格や内容を理解する」ことと「ともに語り合える仲間をつくる」ことです。とはいえ新入生の専らの関心事は後者のようで、オリエンテーション後の感想文を読んでも、その多くが友達ができるか心配で緊張していたという内容でした。

 本人たちの努力と先輩(協力学生)のサポートにより、友達をつくることができてほっとしたという感想を持った人が多かったようですが、いまひとつうまくいかなかった人も、まだまだ学期は始まったばかりですので前向きに取り組んでくれることを期待しています。

集合写真

 天気予報では、合宿二日目には雨が降りそうだとのことでしたので急遽予定を変更して、初日に恒例の塩釜冷泉散策を行いました。案の定、次の日は雨でしたのでよい判断でした。

塩釜冷泉への道

 幸い、体調を崩す学生もおらず、無事合宿から帰ってくることができました。オリエンテーション全体が滞りなく進められたのも、協力学生の先輩たちの貢献、担当教員のサポートがあったからこそです。新入生の皆さんにはそんな陰の努力にちゃんと目を向けて感謝する気持ちを持ってもらえればと思います。