ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

学部・大学院

  1. HOME>
  2. 学部・大学院>
  3. 社会文化学専攻

社会文化学専攻

社会文化学専攻【修士課程】 概要と特色

本専攻は、現代社会論と社会史の2研究分野から成る。それぞれの研究の深化、発展に努めるとともに、専門関連科目をも含め、それらを有機的に関連させ、新たな研究の地平を切り拓こうとする。

アドミッション・ポリシー

本専攻では次のような人材を求めている。
社会や文化に対する強い探究心を持ち、社会現象を共時的、通時的にとらえる幅広い視野を備え、研究者として自立した問題解決能力を獲得しようとするもの。

カリキュラム・ポリシー

人間社会の諸現象を考察するために、現代社会論と社会史の2研究分野を設ける。
現代社会論分野では、とくに地域社会・社会行動・人間形成・家族の諸領域について社会学的方法によって分析し、現代社会の構造や機能を明らかにしていく。
社会史分野では日本・アジア・ヨーロッパの3地域をそれぞれ対象とする社会史と、隣接する学問領域である考古学および民俗学によって、先史時代から現代に至る社会とその文化を考察する。
さらに専門関連科目として社会言語学・社会文学・文化人類学・社会倫理学の各特論を開講して、2分野の教育・研究内容がより豊かになるように配慮している。
このようなカリキュラムにより社会と文化に対してトータルなアプローチを可能にする。

ディプロマ・ポリシー

上記の2研究分野それぞれの基礎的研究能力を証明する十分な単位を修得し、作成した修士論文が審査に合格して、いずれかの特に深く研究する分野で高度専門職業人としての能力を身につけていることを証明し、さらに最終試験に合格すれば、修士(文学)の学位が授与される。

授業概要

社会学

授業科目 担当者 授業概要
地域社会学特論 二階堂 裕子 この授業は、講義のほか、受講生による報告や討論を交えながら進められる。前半では、地域社会学の成立と展開の過程、地域社会の実態に対する先行研究の視点などを学ぶ。後半では、主に住民活動の具体的事例を取り上げる。教育の充実、中心市街地再生、震災復興、多文化共生などに向けた住民の取り組みについて検討を加えつつ、今後の地域社会のあり方と課題を考察する。
家族社会学特論 山下 美紀 本講義では、まず家族研究の基礎となる理論、分析方法、学説史などの基本を学ぶ。さらに古典的な家族論から家族社会学分野の最新の研究成果を取り上げ、輪読形式で報告、討議、講義を行う。
社会集団・組織論特論 濱西 栄司 社会集団・組織論(社会学)における代表的な理論として、前半ではOlson の集合行為論、後半ではZald、McCarthy、McAdam らによる資源動員論をとりあげ、各々の方法論的特徴や背景、可能性、限界等について説明していく。適宜、関連する歴史社会学/社会史的研究(Durkheim、Weber、Friedman、Touraine、Tilly 他)も紹介する。
社会学演習 山下 美紀 家族社会学の領域に関わる諸問題のなかから、各自の問題関心に沿った課題を設定するところから始まり、関心領域の研究意義と妥当性について吟味する。さらに、研究方法と手続きについて適切なデータを収集する力、収集した資料を有効に分析する力の修得に努めてもらう。
社会学演習 二階堂 裕子 ①地域社会学や都市社会学の領域を中心とした理論的基礎に関する学習、②フィールドワークをはじめとする社会調査・社会分析の方法に関する学習、③各自が関心をもつテーマ・分野に関する学習の3つを適宜組み合わせながら、研究能力の向上を図る。

社会史

授業科目 担当者 授業概要
日本社会史特論Ⅰ 西尾 和美 第1期では、地震、飢饉、飢え、疫病、暴力、戦争など、日本中世社会の人々の営みの前提となった生活環境の諸問題を取り上げ、講義する。第2期では、その環境下で人々がいかに生存を支え合い、どのような心性や思惟のもとで生きたのかについて、講義する。
日本社会史特論Ⅱ 藤實 久美子 副題は「近世の政治文化論・書籍文化論」。第1期の前半では「本朝通鑑」を素材にして本屋・出雲寺の活動について、第1期の後半では徳川将軍・幕府による文化事業の政治的企図と将軍権威について考える。第2期では関連史料を読み込んでいく。
アジア社会史特論 鈴木 真 近世中国における科挙・宗族・思想の問題を中心に、当時の漢人社会のあり方について、歴史学の観点より考察する。
ヨ-ロッパ社会史特論 轟木 広太郎 テーマ「ヨーロッパ中世の霊的社会と世俗社会」
前半は、中世社会の霊的な側面について、聖遺物崇敬、修道生活、司牧、民衆異端といった問題を扱う。後半は、騎士の生活と文化、紛争と裁判、国王の権力、ならびに商人・職人・大学人らの構成する都市社会について概観する。
日本民俗学特論 小嶋 博巳 日本の民俗宗教の基本構造と歴史について研究する。とくに、民俗宗教を形成する一つの契機である定住と遍歴の交渉に注目し、遍歴宗教者と、定住民の一時的遍歴としての巡礼をとりあげる。また、民俗社会における信仰・知識のあり方について考察する。
考古学特論 紺谷 亮一 考古学的視点から当時の社会を復元することを目指す。さらに文献資料とのコラボレーションの可能性と限界を学ぶ。ケーススタディとして主に西アジアを取り上げる。
社会史演習 小嶋 博巳 日本民俗学の諸課題のうちから学生が選んだテーマに沿って、民俗資料の収集(民俗調査を含む)と記述・分析、先行研究の収集と評価、さらには多角的視点からの考察を経験させ、研究能力の向上をはかる。
社会史演習 紺谷 亮一 日本及び西アジアの考古学研究を中心とする。学生が選んだテーマに沿って、研究に関するフィールドワーク、資料、文献収集、分析等の方法論を習得し、考古学的考察ができるようにする。
社会史演習 西尾 和美 日本中世史の諸問題の中から各自のテーマを設定し、先行研究の講読と課題整理、関係史料の収集・分析、研究の構想・構成の作成、研究内容の形成、レポートの作成等、段階を踏んで研究の進展・完成に至るよう、各自の発表と指導・助言、全体討議によって授業を進める。
社会史演習 藤實 久美子 日本近世・近代の社会における諸問題について検討するために、まず歴史学・史料学の方法について理解するとともに、基本的な文献を講読して研究史上の課題を整理する。つぎに受講者の問題意識や研究課題に即して、先行研究を輪読して論点を整理し、関係史料の収集と読解を進める。さらに研究報告を行う。最後に、論述に関わる「約束事」に基づいてレポートを作成する。
社会史演習 鈴木 真 中国を中心とするアジア史の歴史学的研究をおこなう。国内外の先行研究の整理・関係史料の講読を進め、それらに並行して学生個々の研究テーマを設定し、研究を深化させる。
社会史演習 轟木 広太郎 ヨーロッパ社会史の領域に関わる諸問題のなかから、各自の問題関心に沿った課題を設定するところからはじまり、先行研究の吟味、史料の発見・読解を実践的に行う。

専門関連科目

授業科目 担当者 授業概要
社会科教育特論 河合 保生 アクティブ・ラーニングをはじめとする学校教育で求められている指導法の特徴を講義するとともに、社会科教育に必要なフィールドワークやICTを活用した指導法を、実践を通じて学ぶ。また、人文地理学の研究手法と成果をもとにした社会科教育のあり方について、演習を交え地理学的視座から考察する。
社会言語学特論 尾崎 喜光 フォーマルな文体を旨とすることから現代においても古典文法や古風な言いまわしが現われやすい校歌の歌詞に注目し、共同作業により校歌を多数収集・蓄積してデータベース化し、履修者が関心を持つ観点からそれぞれ分析することで、校歌の歌詞の現状を多角的に把握する。また、校歌が作られた時代別に分析することで、使用表現の変化の有無や変化の方向性を明らかにする。
社会文学特論Ⅰ 綾目 広治 大正期から現代に至るまでの文芸批評史を展望する。代表的な評論、および文学論争の読解を通して、現代文学史において何が問題にされてきたのか、さらにそれらの問題と社会との関わりについて考察する。さらに大衆小説に焦点を絞って、作家や出版者さらに読者などからなる出版文化と、その歴史的意義についても考察する。従って、この講義は社会的な視野から見た現代文学史の講義であり、また、広い意味での現代社会思想史でもある。
社会文学特論Ⅱ 広瀬 佳司 アメリカのユダヤ系作家と、その作品を取り上げて、作家活動や作品の分析を通して、ユダヤ系移民と、それを取り巻くアメリカ社会の関係を考察する。
文化人類学特論 加藤 正春 前期は、人間生活の基本単位としての家族について、家族関係学、社会学、民俗学、文化人類学等の視角から検討する。講義では、家族関係学および家族研究の学説史を説くとともに、家族の多様性とその歴史的変容について具体的に論ずる。後期は、家族をとりまく宗教的諸事象について、幅広い観点から考察する。
社会倫理学特論 葛生 栄二郎 現代の人間生活をとりまく社会倫理問題(生命倫理・環境倫理等)を自然法論の立場から解き明かす。また、具体的事例を通じて、日常生活に根ざす価値規範としての自然法の構造を解明する。

論文題目の例

  • 現代日本のパートナー関係-パートナーシップの質を問う-
  • 憑きもの落としの研究
  • 異常死者をめぐる儀礼および心意と地蔵信仰
  • 産をめぐる呪術