ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

学部・大学院

  1. HOME>
  2. 学部・大学院>
  3. 食品栄養学専攻

食品栄養学専攻

食品栄養学専攻【修士課程】 概要と特色

超高齢化社会を迎えつつあるわが国において、保健・医療・福祉・介護の領域では、高度に専門化された知識と洗練された技能を持った人材が求められている。本専攻では、リベラルアーツ・カレッジである本学の性格を大切にしながら、「食と健康」に関する基礎・応用研究、さらには臨床的な研究を進めることにより、栄養学の分野から保健・医療等の領域で、社会のニーズに応えることのできる人材の養成を目指している。同時に、食に関する教育、指導ができる人材が育つことを期待している。

アドミッション・ポリシー

本専攻では、本学の教育理念に共感し、栄養学を中心とした保健・医療等の領域で、自ら高いレベルの研究をこころざし、挑戦しようとする女性を求めている。また、幅広い知性・教養を持つための地道な努力を行い、俯瞰的な視野に立って、栄養学に関する諸問題を解決しようとする意欲のある学生を求めている。
本専攻での研究を志望する学生は、入学前に研究指導を希望する教員と面談して指導を受け、入学後の研究をスムースに進めるための研究計画書を提出する必要がある。

カリキュラム・ポリシー

本専攻では、上記の社会ニーズに応えることのできる人材を育成するために、栄養管理学、栄養学、食品学の3研究分野を配し、基礎から応用・臨床的な教育研究が行える環境を整えている。栄養管理学分野では、人体生理機能および健康管理に関する教育研究を行い、栄養学分野では、臨床栄養や栄養教育に関する教育を行うとともに、栄養素の代謝や吸収障害についての基礎および応用的研究を行う。また、食品学分野では食品成分の機能特性や食文化などの分野に関して科学的な究明を行うカリキュラムを編成している。さらに必要に応じて、他専攻の関連科目も履修し、幅広い視野をもつ「食」のスペシャリストの養成を目指している。このスペシャリストとは、将来の栄養学を担う研究者・教育者であり、臨床現場でイニシアチブをとることのできる高度専門職業人としての管理栄養士および栄養教諭である。

ディプロマ・ポリシー

入学前に提出した研究計画書をもとに研究を進め、2年次第1期に行われる中間発表会で、進捗状況に関する評価および指導を受ける。その後、学位論文を提出し、審査会において最終評価を受けて合格する必要がある。さらに、カリキュラムを履修することにより所定の単位を修得し、修士課程の学生としての幅広い知性と教養を身につけなければならない。
なお、本専攻では別途必要な科目を履修することにより、栄養教諭の専修免許状を取得することが可能である。

授業概要

栄養管理学

授業科目 担当者 授業概要
栄養生理学特論 林 泰資 様々な食品成分や経口的に摂取される可能性のある化学物質のうち、特に脳の機能に影響を及ぼす成分を紹介し、その作用メカニズムを学ぶことによって、食事と脳機能および脳の発達との関連性を学ぶ。また、日々の食生活が学習活動や社会活動に及ぼす影響について、脳科学の立場から解説する。
栄養管理学特論 戸田 雅裕 食品の機能には栄養機能や嗜好感覚機能の他に生体調整機能があり、特に生活習慣病の予防・改善に効果があるとされる各種機能性成分が注目を集めている。本講義では生活習慣病についての理解を深めるとともに、食の観点からその予防法を探求する。
公衆栄養学特論 逸見眞理子
林宏一
人々の健康状態や食生活に影響を与える環境要因としての自然環境・社会環境の種類とそれらの重要性を理解することから始める。その後、環境と栄養問題との関連性を文献講読等で検討し、課題解決の進め方を学習していく。さらに、健康対策のモデルに基づいて、課題解決対策を考案する。
栄養管理学演習 戸田 雅裕 体内で発生する活性酸素は生活習慣病の発生に大きな役割を果たしており、そのため予防医学の観点から抗酸化物質の摂取が有効であると考えられている。本講義では活性酸素発生機序ならびに起因疾患についての理解を深めるとともに、各種抗酸化物質の有効性を検討する。
栄養管理学演習 林 泰資 脳科学に関する基礎的および臨床的な著書、原著論文を読み、食育を指導する立場に立って討論を行う。さらに、組織学的、神経化学的および行動薬理学的手法を用いて実験を行い、脳の発達や機能に及ぼす成育環境や食品成分の影響について追求する。

栄養学

授業科目 担当者 授業概要
栄養学特論 小林謙一 栄養素や食品成分が、生体内の様々な生理機能とどのように関わっているのかについて、最新の知見に基づいて講述する。特に、アミノ酸栄養と他の様々な栄養素との連関に焦点を当てつつ、疾病との関連性にも触れるとともに、疾病を予防・改善する食品(成分)についても考察したい。
臨床栄養学特論 今本美幸
白神 俊幸
本講義では前半部において,各種栄養素の吸収・輸送障害を伴う腸疾患よる栄養障害について分子病態栄養学の観点から解説する。さらに後半部において,病院治療食の献立作成から,患者に対する食事療法の具体的な教育法を臨床栄養学の観点から考える。
臨床医学特論 山下美保 臨床現場でみられる様々な疾患についての症例を提示する。グループでその症例における問題点は何であるかを話し合い、考え、指摘していく。指摘された問題を基に原因疾患を探り、診断・治療について学生自身で調べて発表してもらうことを課題とする、PBL(Problem Based Learning:問題解決型授業) の形態をとって進めていく。
栄養教育学特論 若本 ゆかり 生涯を通じた心身の健康管理には、望ましい食生活習慣確立の基盤となる自己管理能力の養成が不可欠であり、食を通じた学習指導はその要といえる。この教育活動の円滑な推進のために必要な知識と技術の習得を目指す。
栄養学演習 小林謙一 アミノ酸の代謝異常と生活習慣病との関連についての研究課題を設定し、それに基づいた学術文献の抄読、実験計画の立案、実験の実施、そして結果の解析および考察を行う。さらに、生活習慣病を予防・改善する食品成分について考究する。
栄養学演習 若本 ゆかり 生活習慣および食習慣と健康障害との関連について、学術論文の抄読により、栄養疫学的知見から評価・考察できるようにする。あわせて質の高い研究デザインを行うための基礎的能力を養う。

食品学

授業科目 担当者 授業概要
食品学特論Ⅰ 吉金優 食品中の炭水化物、タンパク質、脂質を中心とした食品成分の構造、性質、化学的な変化について講義し、食品の調理、製造加工プロセスの理化学的理解を深める。
調理学特論 今田 節子 各地に伝承される伝統食および日本料理の技術や心得について発達・形成過程を辿り、調理科学的視点より特徴を明確にすると共に、それらの有用性について論述する。また、これらの知識を反映させた食の教育のあり方についても講述する。
食文化特論 北畠 直文 狩猟採集時代から農耕栽培の時代に入り,「食」の内容や形態が大きく変化した。同時に,様々な加工・調理が発達し,地域・民族に固有の「食文化」が形成された。古今東西の食べ物を対象として,個々の「食文化」の背景や形成の経緯,さらに固有の「食文化」が生活様式や思考・社会行動に与えた影響について考究したい。
衛生微生物特論 長濱 統彦 環境中に存在する微生物のうち、感染症に関わるものはごくわずかである。地球に存在する微生物の進化と多様性を学び、そのなかでの人との関わり、特に食水媒介感染症に関わる微生物の位置付けと特異性について理解する。
食品学演習 長濱 統彦 食中毒を中心とした食に関わる微生物の多様性を理解し、その遺伝的多様性を解析する手法を学ぶ。学術論文を理解し、自ら執筆するための能力を培う。
食品学演習 吉金優 食品の有する特性および機能性に関する研究課題を設定し、文献検索・抄読を行い、研究背景および研究手法を理解する。そして、研究計画立案、実験、データ解析、および考察を行い、研究論文の作成および発表を行う。

論文題目の例

  • 企業健診受診者を対象とした食習慣と生活習慣に係る要因の4カ年における追跡調査に関する研究
  • ヒト腸管上皮細胞株におけるペプチド輸送担体の発現におよぼす炎症関連物質サイトカインおよびリポ多糖の影響
  • レーダーグラフ(RG)法を用いた薬膳の効能・効果に関する検証
  • 女子中学生バレーボール選手への栄養サポートの効果に関する研究
  • 特殊3分搗き米によるGI値と便秘,血圧改善効果に関する研究
  • コーヒー香気およびカフェインの情動的ストレスに対する効果