ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

学部・大学院

  1. HOME>
  2. 学部・大学院>
  3. 人間発達学専攻

人間発達学専攻

人間発達学専攻【修士課程】人間発達学コース

人間発達学専攻【修士課程】臨床心理学コース

人間発達学専攻【修士課程】人間発達学コース 概要と特色

本専攻の人間発達学コースは、人間の生涯発達研究上で重要な人間性の形成に関する基礎的問題、心理的適応と心の健康及び障害児に関する問題、また生涯発達の基盤となる感性や身体の健全発達の問題等を専門的に考究するコースである。併せて新しい時代の人間発達研究の学術的知見がもたらした総合生命観に基づいて、「新しいパラダイムによる人間についての発達観」の創出を試みる場となることを目指している。

アドミッション・ポリシー

本コースでは、発達基礎論、発達支援論にかかわる専門的な知識と研究能力を持つとともに、多様な研究課題に取り組む研究態度を持った学生を求める。本コースを志願する者は、学部において心理学、初等教育の教職科目についての履修をしていること、もしくは初等教育の教職経験を積んでいることが望まれる。
本コースを志願する者は、出願時に発達基礎論か発達支援論のいずれかの研究分野を選択することが求められる。

カリキュラム・ポリシー

発達基礎論と発達支援論のふたつの観点からの統合的人間発達研究による、その全体像の把握を、本コースのカリキュラム構成に反映させている。
第一の観点は、脳発達の最新の知見を中心とした発達の普遍的側面の研究である。この普遍的側面からの研究を、カリキュラムの研究分野欄では、「発達基礎論」と命名し、新しい発達観の創出基盤を究明する。
第二の観点は、生命の主体者としての個人の側面からの発達研究である。個々の人間は、人それぞれに異なる。したがって心身の発達研究には、幾通りかのパターンまたはライフ・スタイルがある。そのなかでいかに健全な発達を追求・促進するかは、重要なことである。また、人間は生活している文化のなかで、発達を促進させる。なかでも発達初期での情操教育的要因の影響力は見逃せない。第二の観点は、これらを単に統合したものではなく、教育学、情報科学、児童文学、芸術等を通して、理論を踏まえた実践的教育の側面から「発達支援論」として論じることにより、人間発達理解の深化を目指し、情操教育を中心とした発達の文化的側面から人間の発達を解明する。このことにより、教職志向の学部生の受け入れだけでなく、現職の幼、小、特別支援学校の教員のレベルアップを図ることも意図している。
加えて、人間発達を学校等の教育現場で的確に深く把握するため、「専門関連科目」として心理学と教育学に関する実践的科目を配置している。

ディプロマ・ポリシー

本コースでは、学生がその研究を組織的・体系的に深化させ、十分な学問的水準を満たした学位論文を作成して修士(学術)の学位を得るために、次のような手順を決めている。

  • ・出願時に、発達基礎論か発達支援論のいずれかの研究分野を選択することを求める。
  • ・入学前に研究計画書の提出を求め、これに基づいて入学後の研究指導教員を決定する。
  • ・2年次の5月末までに研究題目を決定させ、この研究題目に基づいて、修士論文の中間発表会を行う。この場を、研究指導教員ではない教員からも広く指導を受ける機会とする。
  • ・中間発表会における学術討論、教育指導等の内容を反映させる形で学位論文を作成させる。

本コースにおける学位論文は、以上の手順を踏まえるとともに、学位規則ならびに学位論文審査等の判定基準に示した研究水準を満たす必要がある。
なお、本コースでは、所定の要件を満たし、必要な科目を履修することによって、幼稚園教諭及び小学校教諭の専修免許状を取得することが可能である。また、所定の要件を満たし、必要な科目を履修し、実務経験を一定期間体験すれば、一般社団法人「学校心理士」認定運営機構が心理教育援助サービスの専門家であることを認定する、「学校心理士」資格認定試験の受験資格を取得することが可能である。

授業概要

発達基礎論

授業科目 担当者 授業概要
発達心理学特論A 湯澤 美紀 認知・自己意識・社会性・言語・遊びの多領域にわたる発達の様相を、論文・専門書講読を通して理解する。また、生活・学習場面で躓きを示す幼児・生徒に対する実際的な支援例を学びながら、そうした子どもたちに向けた支援の可能性について、適宜、検討・議論する。
発達心理学特論B 湯澤 美紀 認知・思考の発達を支える認知機能として、ワーキングメモリを取り上げる。ワーキングメモリについて最新の知見を概観した後に、発達障害とワーキングメモリの関連について解説する。さらに、ワーキングメモリに着目した支援の在り方について議論を深める。
発達心理学演習 湯澤 美紀 授業は、生涯発達心理学に関する理解を軸としながら、現代社会における人間の発達を取り巻く諸課題を、文献収集・講読・分析を通して明らかにする。それらの学びを踏まえた上で、学生自らがリサーチクエッションを導出し、研究を計画・実行し、発達心理学における新たな知見を提出する。
生理心理学特論A 石原 金由 本授業では,生理心理学の基礎知識である「脳と神経系」について解説した後に、「睡眠」に焦点を当て,アメリカ睡眠学会の編集した「Basic of Sleep Guide」を適宜解説を加えながら講読する。ガイドブック講読によって、睡眠研究に関する基本的知識を習得する。課題として、受講者は研究論文を1 本選択し、それをまとめてもらう。
生理心理学特論B 石原 金由 「睡眠」と「健康」をキーワードとして,現代の睡眠問題、とくに発達期にある子どもを中心として扱う。Oskar & Carskadon(Eds.) の「Sleep in Children and Adolescents」の一部を講読し、思春期までの子どもを対象とした睡眠に関する文献の講読を通して理解を深めていく。
生理心理学演習 石原 金由 現代人の抱えている様々な問題のうち、睡眠と健康を取り上げ,これらを取り巻く心理・社会的環境との関連性を追究し、議論していく。授業は、受講生の研究テーマに基づいて、文献発表を中心に展開される。定期的に、研究計画や方法についても発表してもらい、議論してゆく。
大脳発達学特論 林 泰資 運動機能、感覚機能、連合機能など、人間存在の源泉としての脳のもつ機能とその特徴に関する理解を深める。また、脳の発達や可塑性、脳とストレスあるいは心との関係について学び、人間理解に向けての脳科学の果たす役割と可能性について考察する。
研究法特論 石原 金由 心理学の研究成果は実証的研究に基づいて蓄積されたものであり、それは工夫され、研究計画によって左右される。本授業では、「心理学研究法入門」を参考に、実験研究及び調査研究に関する研究法について講義する。

発達支援論

授業科目 担当者 授業概要
教育実践特論ⅡA

片山 裕之
赤木 雅宣
小田 久美子

全国学力・学習状況調査、OECD加盟国による生徒の学習状況調査(PISA)、国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)などの結果をもとに、我が国の子どもの抱えている学力を多面的に分析する。そのうえで、小学校の国語(読解力、表現力)、図画工作(表現力)に関して、より高度な総合的な指導技術を身に付けるため、カリキュラム開発、教材開発、形成的評価に基づく個別指導などの方策について、理論的な背景を検討するとともに、実際に構築し、現場での検証を行う。
教育実践特論ⅡB 片山 裕之
赤木 雅宣
小田 久美子
国語科・図画工作科で培うべき学力を明らかにし、表現力、読解力、言語力などの育成を目指した小学校低学年から高学年にかけての教育カリキュラムを構想する。
その際、scopeとsequenceの両側面から考察し、試案の作成を行う。
教育実践特論ⅢA 本保 恭子 障害児・者やその家族が希望を持って生活するための「治療」と「教育」に関する研究・実践を行う治療教育(学)の中で、「特別支援教育」と「母子保建」の領域のシステムや取り組みの実際について解説する。治療教育(学)では、単に「治療」を障害や疾病の除去や改善、欠陥や障害の除去・軽減というように狭く捉えるのではなく、「治療教育を受ける人々の生活、人生、生命を豊かなものにしていく営み」として実施されているが、主にその観点から特別支援教育を中心としたこの領域の諸問題とあり方について論考する。
教育実践特論ⅢB 本保 恭子 障害児・者やその家族が希望を持って生活するための「治療」と「教育」に関する研究・実践を行う治療教育(学)の中で、障害児を取り巻く望ましい社会環境の一端を担う「健常児への障害理解教育」と「特別支援教育」の実際について解説し、この領域の諸問題とあり方について論考する。また、効果的な療育環境、文化としての福祉についても考えていきたい。
発達支援論演習Ⅱ 本保 恭子 治療教育に関する今日的問題を著した内外の文献を精読するとともに、特別支援教育あるいは療育現場における直接的な実践を通して、効果的な発達支援について討議する。
教育情報科学特論 保江 邦夫 生体系を情報科学理論の観点から捉えるサイバネティックスの手法により、人間の意識を現代科学の中で研究し、その成果を人間発達理解と教育の促進に応用するための理論にまで高める.特に、新しい発達概念の構築と教育における情報科学理論の応用のための視野を広げるものとして展開される。
児童文学特論 村中 李衣 日本の児童文学史上、重要な意味をもつ月刊物語絵本「こどものとも」を1956年創刊時から60年を経た2013年まで読み通し、時代背景や児童観の変遷と絡めて考察を進めていく。
敗戦後の自由と創造を希求する空気がどのように反映されたか、当時の編集者の証言や、同時代の外国の絵本事情との比較検討なども織り交ぜながら、論じていく。併せて、多様な研究の手法も学ぶ。
音楽特論 熊澤 住子 なぜ音楽を聴いて感動するのか、作品を分析することによって探っていく。そしてその分析をとおして学んだことをもとに、作曲家の意図を汲み取った表現について考えるとともに、乳幼児期・児童期の音楽教材についても理解を深める。
美術特論 片山 裕之 美術概論、絵画表現、鑑賞の三分野を必要に応じて演習を交えながら授業を進める。
特別支援教育特論 東 俊一 特別支援教育の概要を理解したうえで、その対象、実践方法、役割と連携のありかたについて学ぶ。
社会教育特論 西井 麻美 今日の社会教育の在り方に関して、国際社会及び我が国の政策や実践の動向をふまえた検討を行い、求められる人材育成の観点を明らかにしていく。
生徒指導特論 中内 みさ 学校教育における生徒指導・教育相談・キャリア教育の基礎的理論・意義と課題、歴史や現状等について理解を深める。また、それぞれの観点から、子どもの問題を理解し、支援計画を立て、支援のポイントを明確にしながら学校内外と連携して、具体的な支援をどう進めていくかを学ぶ。

専門関連科目

授業科目 担当者 授業概要
学校心理学特論 多田 志麻子 学校心理学の理論や学校教育において一人ひとりの児童生徒が出会う不登校、非行、障害などの問題状況を学ぶ。また、問題状況の解決を援助し、児童生徒が成長することを促進する心理教育的援助サービスについて理論と実践の両側面から考える。
心理検査特論 中内 みさ 福祉・教育分野でよく使用される心理教育アセスメントに関して、特に以下の検査を取り上げ、基礎的な知識や実施法、現場で実施する際の留意点等について理解を深める。(1)知能検査(田中ビネーⅤ等)(2)発達関係検査(新版K式発達検査等)、(3)親子関係検査(TK式診断的新親子関係検査)。また、検査結果を分析し、それに基づいていかに支援計画を立てるかを学ぶ。
なお、WISC-Ⅳ及び遠城寺式乳幼児分析的発達検査は心理検査実習で詳しく学ぶ。
心理検査実習 中内 みさ 代表的な知能検査、発達検査からWISC-Ⅳ及び遠城寺式乳幼児分析的発達検査をとりあげ、実施法や結果の分析の仕方を体験的に学ぶ。また、その結果をどう保護者に伝えるか、どう支援計画を立て、フォローアップしていくかに関しても考察していきたい。
教育心理学特論 湯澤 正通 教育心理学の様々な理論や研究方法を踏まえ、現代社会の教育を批判的に見るための視点を深め、効果的な教育が成立するための認知的、社会的、文化的環境について議論する。
臨床心理学特論 平松 清志 科学の知(客観性、論理性、普遍性)と臨床の知(コスモロジー、シンボリズム、パフォーマンス)というふたつのとらえ方を対比させながら、現代を生きる子どもの心理的諸問題について考える。また、来談者中心療法、精神分析的心理療法、行動療法など、主な対人援助法の概要を学ぶ。

論文題目の例

  • 保護者の態度が子どもの色彩の好みに及ぼす影響
  • 心拍と呼吸の同調についての機序

人間発達学専攻【修士課程】臨床心理学コース 概要と特色

本専攻の臨床心理学コースは、臨床心理士の養成に特化されたコースである。教育目標は、教育、保健、医療、福祉などさまざまな専門職と共同体制を組んで実践活動、研究活動、専門活動のできるスクールカウンセラー、産業カウンセラー、医療カウンセラー、司法・矯正カウンセラー、心理臨床開業等の人材を養成することにある。

アドミッション・ポリシー

本コースでは、臨床心理論にかかわる専門的な知識と研究能力を持つとともに、多様な研究課題に取り組む研究態度を持った学生を求める。本コースを志願する者は、学部において心理学に関する科目についての履修をしていることが望まれる。

カリキュラム・ポリシー

本コースは臨床心理論、研究法分野、基礎分野、社会分野、精神・身体分野の5研究分野に計25科目の授業科目を配している。臨床心理論の13科目28単位は必修で、本コースに所属する院生のみを対象とするものである。他の研究分野の12科目は選択必修で、4研究分野にわたって、それぞれ2単位を選択し、8単位以上を修得することになっている。
このことによって、専門活動に関する科目、実践活動に関する科目、研究活動に関する科目をバランスよく履修できるようになっている。

ディプロマ・ポリシー

本コースでは、学生がその研究を組織的・体系的に深化させ、十分な学問的水準を満たした学位論文を作成して修士(学術)の学位を得るために、次のような手順を決めている。

  • ・入学前に研究計画書の提出を求め、これに基づいて入学後の研究指導教員を決定する。
  • ・2年次の5月末までに研究題目を決定させ、この研究題目に基づいて、修士論文の中間発表会を行う。この場を、研究指導教員ではない教員からも広く指導を受ける機会とする。
  • ・中間発表会における学術討論、教育指導等の内容を反映させる形で学位論文を作成させる。

本コースにおける学位論文は、以上の手順を踏まえるとともに、学位規則ならびに学位論文審査等の判定基準に示した研究水準を満たす必要がある。
なお、本コースでは、修了後に公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」の受験資格を取得することができる。本コースは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から2005年5月に第1種大学院の指定を受け、2006年4月に入学した院生から適用されている。

※本学児童臨床研究所「清心こころの相談室」が、学内臨床心理実習機関となっている。

授業概要

臨床心理論

授業科目 担当者 授業概要
臨床心理学特論Ⅰ 平松 清志 臨床心理学とは何か、原理と方法論、歴史について、具体的な臨床活動と関連づけながら理解を深める。また、高度専門職業人としての臨床心理士について、専門家としての成長発達、職業倫理、社会的責任、記録の取り方、資格制度及び他職種との連携等について学ぶ。
臨床心理学特論Ⅱ 中内 みさ 精神分析、分析心理学、クライエント中心療法の理論に関する本を読み、それをもとに討論する。
臨床心理学演習 平松 清志 臨床心理学の原理と方法論を、具体的な心理臨床活動と関連づけ、また文献資料に基づいた論考をもとにしながら、臨床心理学研究の基礎を学ぶ。
臨床心理学演習 清板 芳子 個別ケースへの心理療法、集団や組織への精神保健的援助などの心理臨床的実践の経験をもとにした質的研究もしくは事例研究、もしくはこれから得た知見を基にした問題意識を検討するための疲学的調査などを行う。後者の場合は統計的手法も用いて分析する。
臨床心理学演習 中内 みさ 臨床心理学の研究法について文献講読を中心に理解する。自分の心理臨床実践の体験に基づいて、事例報告の書き方や人間理解の方法など臨床心理学研究の基本を学ぶ。
臨床心理面接特論Ⅰ 清板 芳子 心理臨床的面接は、医療、教育、福祉、保健、司法など領域に生ずる心理的困難に照準を合わせ、これへの精神療法、支援を展開していく活動である。この軸となる方法論としての面接法を的確に学ばせたい。なお、それに先立ち、上記領域ごとにおける心理療法の布置や意義の違い、さらには集団面接法、家族面接法、コンサルテーション面接法などの枠組みも学びたい。
臨床心理面接特論Ⅱ 東 俊一 学習理論を理解したうえで、行動論的アプローチの方法を中心にアセスメントのポイントや基本的指導技法について学び、教育・福祉・医療分野における適用について検討する。
臨床心理査定演習Ⅰ 清板 芳子 まず、医療、福祉、保健、司法、教育の、各領域における心理査定の意義と位置づけについて学ぶ。これを受け、現場で高頻度に施行される知能検査、自己評価式人格検査、投影法人格検査の施行法、評定評価法を学ぶ。
臨床心理査定演習Ⅱ 清板 芳子 臨床現場で活用される頻度も高く、信頼性も高度であると共通認識されているところのロールシャッハ法について理論実践の両面から詳細に学び臨床活用可能なレベルの習得をめざす。
臨床心理基礎実習 平松 清志
西 隆太朗
ロールプレイを用いて、コミュニケーション技術の基本、相手を理解する方法、課題を読みとる視点、援助法などを学習するほか、精神科病院、児童福祉施設などの見学実習を通して、心理臨床の現場について知る。
臨床心理実習 清板 芳子
中内 みさ
東 俊一
1年次より継続して学内の臨床実習施設(清心こころの相談室)で学内教員のスーパービジョンの下に学生は来談事例を担当し、アセスメント法および面接法・遊戯療法等の実習を行う。実習後は定期カンファレンスで報告し、担当教員、学生全員で事例検討を行う。また学外の実習施設(児童養護施設・情緒障害児短期治療施設、および精神科病院)に於いて計120時間の実習を行い、各施設担当者と学内教員が連携して実習指導を行う。
心理療法特論Ⅰ 平松 清志 主として遊戯療法、芸術療法等の非言語的アプローチについて、各種の技法の要点、理論的背景、制限の問題、象徴的表現の意義、臨床実践における留意点と課題等を、具体的な臨床素材を用いて学ぶ。
心理療法特論Ⅱ 西 隆太朗 心理療法の治療論について考察する。講読形式を取り入れ、主として精神分析的心理療法における関連文献の検討をおこない、治療論における基礎的概念について学ぶ。また、臨床実践に基づいた具体例について、参加者同士のディスカッションを通じての検討をおこなう。
投影法特論 西 隆太朗 投影法について、とくに被検査者との関係性を重視する立場からの検討をおこなう。イメージや語りを通じて多様な情報が得られる TAT や描画を用いた投影法を実際に体験し、解釈の実際について学ぶ。また、心理療法の実際における投影法的理解について考察する。
学校臨床心理学特論 平松 清志 平成7年度から実践されている、文部科学省によるスクールカウンセリング事業をモデルに、教師カウンセラーや生徒指導担当者あるいは養護教諭との連携の問題、校内組織づくりや、教師及び児童生徒の支援の実際問題について、コミュニティアプローチの視点から学ぶ。

研究法分野

授業科目 担当者 授業概要
心理学研究法特論 石原 金由 心理学の研究成果は実証的研究に基づいて蓄積されたものであり、それは工夫され、研究計画によって左右される。本授業では、「心理学研究法入門」を参考に、実験研究及び調査研究に関する研究法について講義する。
心理統計法特論 水野 博 収集した心理統計データの解析とその解釈について、統計解析の基礎的事項から実際までを学修する。また、蓄積された大量の各種データをどのように整理し、活用するかというデータベースの利用方法についても述べる。

基礎分野

授業科目 担当者 授業概要
発達心理学特論 湯澤 美紀 自己意識の発達やアイデンティティの確立のプロセスを幼児期から中年期にかけて概観しながら、自尊感情の獲得や青年期の発達課題、そして保護者理解について議論する。
学習心理学特論 堤 幸一 まず記憶理論、次に学習理論を体系的に概説する。途中に、学んだ理論的知見を現実生活場面に応用するという視点でデモ実験・体験を取り入れる。
生理心理学特論 石原 金由 本授業では、生理心理学の基礎知識である「脳と神経系」について解説した後に,「Hilgard’s Introduction to Psychology」や「Biological Psychology」から生理心理学に関わる内容を取り上げて、講読する。課題として、受講者は研究論文を1 本選択し、それをまとめてもらう。
教育心理学特論 西 隆太朗 教育の場は、教育者と学習者の関係性、およびその間に生じるコミュニケーションによって成立している。関係性のなかでの教育・学習の過程を心理学的に探究する方法を学び、とくに教育実践に関する事例研究の方法論について検討する。

社会分野

授業科目 担当者 授業概要
社会心理学特論 堀内孝 心理学における「自己」研究の理論的な流れを古典からレビューし、最先端の理論を解説する。
心理臨床関連法規特論 稲田 正文 心理臨床家は、いずれの領域においても社会的関係としてクライエントを対象とした業務を行うことからして、法律制度と無関係ではありえない。「法」という考え方を理解した上で、主として福祉領域と医療保健領域における法制度を概観し、心理臨床との関わりについてとりあげる。

精神・身体分野

授業科目 担当者 授業概要
精神医学特論 松本 洋輔 精神医学総論と精神症候学について概説する。
各精神疾患についての歴史・原因・症状・診断・経過・治療について概説する。
精神科治療法について概説する。
心身医学特論 松本 洋輔 心身医学、心身相関について概説する。
各種心身疾患、神経疾患の各論について概説する。
心身疾患の治療について概説する。
臨床大脳発達学特論 林 泰資 運動機能や感覚機能をはじめとするさまざまな脳機能とその特徴について学び、学習・記憶や脳疾患のメカニズム、ストレスと脳機能、脳と心の関係などに関する理解を深める。加えて、脳を守り育むために脳科学が果たす役割について考察する。
障害児心理学特論 東 俊一 知的障害、発達障害を中心にその心理学的特性、行動特性を理解したうえで、社会生活で必要とされるさまざまなレパートリーを形成する技法について学ぶ。

論文題目の例

  • 「子育て支援」の場における絵本の読み聞かせが参加者としての母親に与える心理的効果
  • がんの進行に伴い生じてくる家族‐患者間のコミュニケーションの乖離プロセスに関する研究:家族の視点から
  • 年齢によるハーディネスの傾向とそのストレス軽減効果の違いに関する研究