ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

学部・大学院

  1. HOME>
  2. 学部・大学院>
  3. 食品栄養学科>
  4. 研究分野

食品栄養学科 研究分野

栄養生化学研究室

栄養生化学研究室では、栄養素の生体内代謝における未知なるメカニズムの解明に挑み、そのメカニズムと様々な疾患(生活習慣病など)との関連性を明らかにしようとしています。特に、アミノ酸代謝異常と腎臓との関連性に着目した基礎的研究を行っています。これらの生化学的・基礎栄養学的知見を基盤に、新たな機能性食品の創出も目指しています。また、幼児期の栄養においては、食事に関する困りごとの多い時期の食事内容や摂り方の工夫についての検討を行っています。

主なテーマ
  • トリプトファン代謝異常による慢性腎臓病の新たな発症メカニズムの解明
  • 新たな生体調節機能を有した機能性食品の探索と科学的エビデンスの蓄積
  • 機能性食品成分の細胞・組織内での「見える化」
  • GPIアンカー型タンパク質GP-2/THPファミリーの細胞生物学的意義に関する研究
  • 幼児期の食事および食習慣の特徴
  • 小児1型糖尿病の食事療法(カーボカウント他)
  • 病弱児の食事療法
主な卒業論文題目
  • トリプトファン代謝産物であるキノリン酸の体内蓄積が腎機能に及ぼす影響
  • オリーブ葉ポリフェノールの腎線維化抑制効果についての検討
  • 幼児期の食事および食習慣の特徴と体格の調査
担当教員
小林謙一、山下美保

食品学研究室

食品学研究室では、食品の1)匂い(香気成分と食品高分子物質との相互作用)、2)味(渋味と唾液の関係)3)歯応え・舌触り(穀類や芋類のデンプンのゲル物性)について、食品化学的手法や生化学的手法を用いて研究を行っています。また、食品衛生の観点から、生活環境中の微生物を対象とした分子生物学的解析を行っています。種々の機器分析を行い、分子論的解析を加え、ミクロ・マクロの両面から、食品および衛生に関わる様々な不思議な現象の科学的解明を進めています。

主なテーマ
  • 食品の機能性や特性に関する研究
  • 環境中の真菌や微生物毒の多様性に関する研究
主な卒業論文題目
  • キャッサバ芋の発酵処理による澱粉の特性変化
  • バニラの香気成分に関する研究
  • 湖沼堆積物における真菌遺伝子の鉛直分布
  • 自然環境中における細菌毒素遺伝子の多様性
  • 児島湖におけるプランクトン寄生菌類の季節間変動調査
  • 汽水環境における有鞭毛菌類の分離培養の試み
  • 口腔内に嫌気性真菌類は存在するか?-デンタルプラーク内の菌類多様性評価-
  • 海洋性Penicillium sp.のパツリン産生能の評価
  • 魚介加工食品からの真菌類の分離とパツリン生産能評価
  • 汽水堆積物中における菌類の嫌気的集積培養
  • プランクトン密度に応じた寄生菌類の多様性の変化
  • 水環境DNAに基づく微胞子虫の探索
  • 鯨骨生物群集から分離されたPenicillium sp.のパツリン生合成に関する新規遺伝子クラスターの解析
  • 日本の伝統的な乾燥食品からの真菌類の分離とパツリン生産能の評価
担当教員
北畠直文、長濱統彦

栄養管理研究室

栄養管理研究室では、近年注目されているストレスを中心に、幅広いアプローチをしています。唾液を用いたストレスマーカーの測定やライフスタイルに関する研究のほか、食品の揮発性成分(香り)によるストレス制御、およびストレスとアレルギー疾患の関連性に関して、行動薬理学的および生理学的手法を用いて研究しています。

主なテーマ
  • ストレスマーカーの測定
  • ライフスタイルに関する研究
  • コーヒー香気のストレス制御作用に関する研究
  • ストレスとポリアミンに関する研究
  • 鼻炎アレルギーとストレスに関する研究
主な卒業論文題目
  • マウスによるコーヒー揮発性成分の嗜好性試験
  • マウス行動分析によるオルニチンの抗疲労作用の検討
  • アレルギー性鼻炎モデルマウスに対するストレス負荷の影響
  • ラベンダーの香りがもたらすストレス軽減効果について
  • 女子学生のライフスタイルと食行動に関する研究
担当教員
戸田雅裕、林 泰資

食生態学研究室

食生態学研究室では、食生活と人間栄養について様々な視点から探求しています。研究内容は、食事構成力の形成に関する食生態学的研究、希少糖の食品への利用に関する研究、生活習慣病予防のための食事と栄養教育に関する研究、小腸ペプチド輸送とペプチド栄養に関する研究、生体やヒト腸管培養細胞株に与える食品(成分)の影響に関する研究、対象特性に応じた食教育のあり方と評価に関する研究、ライフステージ別栄養教育における社会・環境的アプローチ、などがあります。

主なテーマ
  • 食事構成力の形成に関する食生態学的研究
  • 希少糖の食品への利用に関する研究
  • 生活習慣病予防のための食事と栄養教育に関する研究
  • 小腸ペプチド輸送とペプチド栄養に関する研究
  • 生体やヒト腸管培養細胞株に与える食品(成分)の影響に関する研究
  • 対象特性に応じた食教育のあり方と評価に関する研究
  • ライフステージ別栄養教育における社会・環境的アプローチ
  • 管理栄養士の仕事とやりがいと学生の進路選択に関する研究
主な卒業論文題目
  • 在宅高齢者を対象とした食事管理に関する研究
  • 食後高血糖を抑制する食品と摂取方法について―食酢の摂取タイミングの検討―
  • 女子大学生の食行動、ストレス、身体満足度の関連について
  • 腸管Caco-2細胞における味噌抽出液の抗酸化ストレス作用の検討
  • 唾液アミラーゼおよび末梢血管幅からみた味噌摂取のストレス緩和作用の検討
  • 食環境整備のあり方についての検討-中食利用の現状と課題-
  • 食品別食後血糖値の変化に関する研究
  • 女子大学生の食生活と幼少期の収穫・調理経験との関連
  • 希少糖D-プシコースの団子への利用について
  • 管理栄養士の意識調査―病院管理栄養士のやりがいとは―
担当教員
小見山百絵、小山洋子、白神俊幸、逸見眞理子、若本ゆかり、小川眞紀子